05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

緑の日々①

2007年05月05日
GW真っ盛りですが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?
私は8月の転職以来かなりハードな毎日を送っていたので、久々に家内と一泊二日の小旅行へと旅立ちました。

まずは九州自動車道から大分自動車道へ入り「九重(ここのえ)I.C.」で下車。
「色彩ロード」を通り、以前から行ってみたかった『九重“夢”大吊橋』へ。
九重夢大吊橋
2006年10月に開通したこの吊橋は、総工費19億2千万円をかけて完成した“日本一”の長さと高さを誇る吊橋です。
九重夢大吊橋 九重夢大吊橋
長さ390m、高さ173m、幅1.5mのという歩行者専用の吊橋としては日本一を誇るそうです。

橋の上からは「日本の滝百選」に選ばれた「震動の滝」をはじめ、九酔渓と遠くには九重連山の雄大な景色が満喫できます。
九重夢大吊橋 九重夢大吊橋
九重夢大吊橋 九重夢大吊橋
いや・・・“満喫できます”なんて書いたけど、この橋は吊橋だけにかなり揺れます!!
しかもGW期間中という事もあって、写真でもお分かりのようにかなりの人出だったので、橋の端から端まで(失礼!)人で溢れ、波打つように揺れています。
また足元は金網で下が透けてるので恐怖心もあるし、手すりを持たないとマジで怖かった・・・(汗)。
加えて、ようやく渡り切ったと思ったら今度はまた同じ橋を戻らなければならない・・・つまり歩いて往復しなきゃならないので、帰りはちょっと辛かったです。

う~ん・・・この橋を渡るのは1度でいいかな(笑)。

さて、船酔い気分になりながらも食欲だけは旺盛な食いしん坊夫婦の私達。
美味しいものを求めて飯田高原を抜けて・・・辿り着いたのは『フーズ&ギャラリー weed』というお店。
WEED九重の無農薬有機栽培グループ「ひこばえ」の農家の方々が作ったお米や野菜を使ったオーガニック・レストランです。
総ガラス張りの明るい店内は、まるでヨーロッパの片田舎のレストランに来た気分!!
お店の方も普通の主婦っぽい親しみやすい感じで、好感が持てました。
もちろん景色もバツグン!!
WEED WEED
鳥のさえずりを聞きながら、本当にリラックスした気分になれますよ!!
雄大な自然の風景を見ながら、まずは前菜に舌鼓!!
WEED
たけのこやニンジン、阿蘇高菜など、有機野菜の盛り合わせです。
“野菜を食べる!”がテーマだけに味付けは非常にシンプルですけど、野菜本来が持つ味を堪能できました。

そしてメインは・・・
WEED WEED
「玄米のパエリヤ風」「地鶏と野菜のドンブリ」
これまたお野菜たっぷりで、見た目もオシャレだし味付けもGOOD!!
特に「地鶏と野菜のドンブリ」は黒米を使っていて色鮮やか。地鶏もちゃんと炭火で焼いており2品とも本当に美味しかったです。
パッと見はボリューム感がありますけど、女性でもペロリといけちゃいますよ。

そしてデザートは「フルーツ蜜豆」
WEEDといっても自家製の寒天にフルーツを乗せてメイプル・シロップをかけています。
これまた味わい深くて絶品!
しかもコーヒーは「穀物コーヒー」といって、イチジクやドングリなど穀物で淹れたコーヒーなんです。
味はちょっと薄めのコーヒーって感じでしたけど、美味しく頂きました!!
WEED WEED
お店の隣にはパンや野菜、合鴨米、卵、オーガニック石鹸なども販売しています。
メインの通りから一本入った道路沿いにあるのでまだまだ知られていないみたいですけど、ココは抑えておいたほうがいいですよ☆
WEED
■フーズ&ギャラリー weed
■住  所:大分県玖珠郡九重町田野下野1666
■営業時間:10:00~19:00
■電  話:0973-79-2007
■地  図:ココをクリック


さて、そんな大自然の息吹を感じながら、車の中ではこんな素敵な音楽が流れていました。
Go To amazon!!




Laurence Elder / Surrounded』
01. Surrounded By You試聴
02. Manhattan試聴
03. The Ocean試聴
04. Going Home試聴
05. Wrong試聴
06. The Fall試聴
07. So Easy試聴
08. Sing My Name試聴
09. Mind has a Mind試聴
10. Wonder試聴
11. Rocket Man試聴
12. Hello My Friend


前日まで雨だったんですけど、雨に濡れた新緑を見ながら聴いていたのはピアノの音が美しいこんなアルバム。
現在、輸入盤店で注目を集めているシンガー・ソングライター「ローレンス・エルダー」のデビュー・アルバムです。

殆どの方がまだまだご存じないと思いますが、実は彼、新人ではなくピアニストとしてはもはやベテランの域。
10代前半で地元NYのブルース・クラブで演奏し、21歳でワシントンの音楽学校に入校。
その後はスーパー・ギタリスト「アル・ディメオラ」のオープニング・アクトを務め一躍注目されます。
その後、マイアミ大学でジャズ・ピアノ修士課程を修め、スグにこのアルバムの製作に取り掛かり、そうして出来たのがこの『Surrounded』というワケ。

ピアニストでありながらシンガー・ソングライターでもある彼を、様々なアーティストがこう称えています。

“上品なプロダクションと素晴らしい人材を擁した驚異的なアルバムだ。このクォリティの作品が広く世に出るべきだ。ローレンスの演奏とペンもまた上品なものだ:音楽に対する理解と情熱はやはり輝きを放っている。彼は上品なミュージシャンであるがゆえに、アルバムはほぼパーフェクトだ。全ての旋律が完璧に配されていて、かつ極めて自然に聴こえるようなクォリティの作品がこのような加工品音楽の時代に聴けるのは稀だ。この作品はヒットし、ラジオでかかり、みんなのレコード・コレクションに加わるのを待つのみ。”
by アル・ディメオラ

“実に驚くべき仕事だ。このような素晴らしいアルバムこそ本当にバカ売れし、トレンドセッターとなるべきだ。音楽業界はキミのようなアーティストがますます必要さ!”
by ランディ・ブレッカー

“素晴らしいポップ・アーティストは遠回しな表現であってもリアルなジャズとのつながりによって成功した。ドナルド・フェイゲン、ブルース・ホーンズビー、スティング、ジョニ・ミッチェル、ノラ・ジョーンズ…それぞれが特別な何かを有している。それは単なるミュージシャンでなく「アーティスト」たらしめる教養、鑑賞眼、ニュアンスを伝える絶え間ない努力、言葉で表せないような方法でのリスナーとのつながりなどだ。ローレンスも上記面々に加わるのだ。”
by マイケル・フェイジェン(『JAZZIZ Magazine』)

“近年コマーシャルなアルバムでは稀になってしまった、歌声、リリック、そしてヒップなハーモニーの絶妙な調和(私がポップ・ミュージックを愛する理由)によって、ただのピアノ奏者としてではなく、旋風として、ミュージック・シーンに舞い降りてきた”
by ケニー・ワーナー


スゴイでしょ!!
かく言う私も一目惚れならぬ一耳惚れしちゃったくらいですから☆

ピアノの音色がとっても美しいに始まり、タイトル通り夕暮れのマンハッタンブリッジを思わせるジャジーな、流れるようなピアノに心打たれる「パット・メセニー」の世界観にも通じる、フュージョンぽい、ブルージーな「エルトン・ジョン」のカバーと、どの曲もピアノが前面に主張しながらも魅力的でソウルフルなヴォーカルと一体となり、聴く者を未だ見ぬ美しい世界へと誘ってくれます。

ジャジーな「スティング」っぽさもあるし、サウンド的には「ブルース・ホーンズビー」を彷彿とさせますが、「スティーリー・ダン」「ドナルド・フェイゲン」が好きな方も、「ノラ・ジョーンズ」「マリデン・ペルー」のファンの方にもオススメの1枚です。
ジャジーでありながらもかなりAORしてるアルバムですよ!!

そんなこのアルバム、現在は輸入盤のみですが6月20日に『P-Vine Records』から国内盤もリリースが決定!!
『ADLIB』誌でも次号で取り上げられるそうですから、このアルバムは今年の目玉となりそうです☆



さて、こんな音楽を聴きながら今夜のお宿へと車を走らせるMusicmanなのでした・・・。
(緑の日々②へと続く・・・)
AOR | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
国内盤が出るという話は耳にしてましたが、何とP-Vineですか。
最近、かつてのイメージから変わりつつありますね。

しかし相変わらず美味しそうなものを・・・
お仕事、お疲れサマンサの休暇でしたね*^^
おぉーまた、素敵なお料理に、小旅行ですねぇ。
つり橋は、確かに、怖そうですね。。結構長いのでしょうか?アハ。

うぅー、また、爽やかな一枚をご紹介ですねー。
ひゃー、いつも、ここにくると新鮮な音が聴けますねー。
えらいこっちゃーっ。また、財布の紐が緩みそうです。。
♪怪鳥さん。
こんにちは!
GWなのにお仕事ご苦労様です。
そうなんです。国内盤が出るんですよー!!
しかも「P-Vine」から。
何だかこれまでのイメージが違いますけど、でも「売れる音楽」よりも「いい音楽」を紹介したいという姿勢が音楽ファンには嬉しいですよね☆
日本盤にはボーナス・トラック付きです。
ちなみにライナー・ノーツは私が・・・と言いたい所ですが、
残念ながら私ではありません(笑)。
書きたかったなぁ・・・。


♪JJさん。
仕事の忙しさにかまけてそちらにお邪魔できなくてスミマセン!
今回の小旅行は本当にノンビリできました。
吊橋はおぉーまた、素敵なお料理に、小旅行ですねぇ。
つり橋は全長390メートルもあります。
かなり揺れるのでまともに歩けず、しかも人も多いのでなかなか前に進めないので倍以上時間がかかっちゃいました(笑)。
でも橋の上から見る景色は絶景でしたよ!
ちなみにこのアルバム・・・マジでオススメです。
ソウルっぽさはありませんが、ジャズが好きになりつつあるJJさんには申し分ない内容です。
これは財布の紐を緩めた方がいいのでは(笑)??
こんばんは!GWまったくイベントなしのKYOKOです。
唯一今夜、東京ドームで野球観戦して只今帰宅。これがロックなライブだったら嬉しいのに・・・
奥様とおふたり小旅行素敵ですね!手をつなぐ派ですか?(笑)
この吊り橋は見ているだけで怖いです~。ご無事でなによりでした。
オーガニックレストランは東京でも増えてきましたが、周辺の環境が違いすぎます。ビルの中の洒落たレストランよりもこんな自然の中の一軒家がいいですよね。風景や空気が特別メニューといった感じ。
この年になるとやっぱり素材重視のシンプルなものが美味しいです。
玄米や雑穀米にハマると抜け出せません。オーガニックコーヒーも最初はなんだか物足りなく感じるけれど慣れると本当に美味しいですよね。いちぢくは大好きな果物なのでぜひ飲んでみたいです。
♪KYOKOさん。
こんばんは!
GWはイベントなしですか?
でも野球観戦なんてサイコーじゃないですか!

>これがロックなライブだったら嬉しいのに・・・

それは言えてますね(笑)。

>手をつなぐ派ですか?(笑)

そんな・・・新婚じゃあるまいし(照)。
ま、たまにはね(笑)。
ここの吊橋は、思った以上に揺れるのである意味遊園地のアトラクション並にスリル満点です!
でも眺めは最高ですけどね☆

お店も初めて行ったんですけど、とっても素敵な場所にあって、本当の意味でオーガニックなお店でした。
確かに都会の中で食べても自然派って感じじゃないですよね・・・。

>風景や空気が特別メニューといった感じ。

そうそう、まさにその通りです。
料理だけじゃなくて、周りの環境も料理の一つって感じで。
私も肉中心からだんだん煮物とかあっさりしたものの方が好きになって。
ってことは・・・やっぱ年のせい??
ある意味ちょっとショックですけどね。
GWも後1日。
ゆっくり身体を休めてくださいね!!
本当にお久しぶりです。PC無精になっていました~(汗)・・・

またまた、同じ場所に・・・・私は4月29日にいってきました。
同じく、本当に九酔景?っていうくらい人だかりでびっくりしました。
ワタシは揺れていても一眼レフ両手に、カメラ小僧となって
パシパシ家族と景色を撮っていましたよ~!!主人は無言になっていましたが(笑)

さて、このお店にはいきませんでした。次回は是非行ってみたいです。
パンも販売されているなら、覗いてみたかったです、かなり。
そして、御紹介のアルバムいいですね~!スティングっぽいのもありますね。
スティーリー・ダンでおもいだしましたが、8月31日にはいよいよビルボードライブ福岡OPENでしたよね?
とっても気になります。っていうか、詳しくないから本当のとこ
オープニングでのイベントがどんなものか知りたいし行きたいデス!
♪minminさん。
こんばんは!こちらこそお久しぶりです。
本当に行動パターンが似てますね(笑)。
私が行った時はそれなりに人は多かったですけど、想像していたよりは少なくてビックリでした。

>ワタシは揺れていても一眼レフ両手に、カメラ小僧となってパシパシ家族と景色を撮っていましたよ~!!

ハハハ!一緒一緒!!
私もカメラを買ったばかりだから家内をホッタラカシにしてバシバシ撮ってました。
でも揺れるから難しかったですけどね。
ここはパン好きのminminさんは絶対に行った方がいいですよー!
天然酵母のパンとか自然食品とかも扱ってるし。
雑貨もあって真鋳のキレイなスプーンを2つばかり買いました。
是非お立ち寄りくださいね!

さて『Billboard Live』ですけど、杮落としに「Jill Scott」。
そして「Steely Dan」がやってきます!
その後も「Joe」とか「Babyface」も来ちゃいます。
ただ、殆どが1万円以上(Steely Danに至っては2万円!!)するので、私もなかなか行けそうにないですねー・・・(泣)。
musicmanさんの旅日記、いつも楽しみにしています。今回も、もうそちらへ行った気分です(笑)実は1月下旬には既にレゾネイトを予約しておりまして(^-^)夏休みが楽しみで仕方ない毎日です。紹介されてる所はどれも素敵なお店ですが、weedというお店、とっても気になります。是非行ってみたいです。ちなみにG7もゲットしました。勉強の毎日です。まだまだですけども、お盆までにはマスターしてmusicmanさんのように、素敵な写真を撮りたいです!
♪はる。さん
コメントありがとうございます!
おーっと!夏に『レゾネイトクラブくじゅう』に行かれるんですか?
いいー、うらやましいーなー!!!
あそこはロケーションもいいし、食事もかなりいいらしいです。
私も一度は泊まってみたいって思ってる宿です。
weedはレゾネイトからは若干距離がありますけど、バツグンの景色を見てたらあっという間に着いちゃいますよ!
是非行ってみてください。
G7ゲットですか!?
私も少しずつ使いこなせるようになりました。
オート・モードよりも露出が自由に選択できるM(マニュアル)で撮ると、面白い写真が撮れますよ。
最近はダイヤルをMで撮ってます。慣れてきたら使いこなせます。
はる。さんも是非ブログを始めて撮った写真をアップしてください!!
こんにちは!
これ、私も持っていますよ!
去年の秋頃よく聴いていました。
やはり私も一耳惚れしたひとり~(笑)
タワーレコード新宿店で、試聴して30秒くらいでもう即決でした。
自分の愛聴盤をここで紹介されていると、とっても嬉しいわぁ。


♪Mayさん。
こんばんは!お元気でしたか?
サスガMayさん、既に持ってるんですねー!!
ピアノの音にやられますよねー。
最初聞いたとき本当にビックリするぐらいハートにズバッ!!
一発で気に入っちゃいました。
即決する気持ち分かりますよ~☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。