06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

海辺にて part.2

2007年05月14日
九州は相変わらず早くも夏モード。街行く人々も昼間は半袖&ノースリーブも多く見かけるようになりました。

そんな中、仕事でまたまた海へ・・・(本当に仕事なんですって・・・汗)。

用事を済ませた後に立ち寄ったのが海辺に建つカフェ『Cafe de BoCCo(カフェ・ド・ボッコ)』
福間海岸
福岡のウインド・サーフィンの大会なども行われるとして知られる福津市・福間海岸そばに2001年にオープンしたお店。
福間海岸 福間海岸
写真でお分かりの様に、お店の目の前はもう砂浜!!
この日は平日だったのでまだまだ人影もまばらだったせいもあって、青い海と青い空、白い雲を独り占めできました。

時間も丁度お昼ごろだったので早速オーダー。
福間海岸寄せ返す波をボーっと見ながら待って出てきたのは「ビーフ・ピラフ」
温泉卵が乗っていて、ピリっとスパイスの効いた美味しいピラフでした。

週末になると福岡や北九州方面からのドライブ帰りのカップルが多く、しかも目の前の海に夕陽が沈むので、その時間を狙って来るみたいです。
青い海と空を独り占めできるキュートなカフェですよ!
福間海岸■Cafe de BoCCo(カフェ・ド・ボッコ)
■住所:福岡県福津市西福間4-15-36
■電話:0940-43-2628
■時間:AM11:30~PM8:00(11月~4月はPM7:00まで)
■休日:月・火曜日(祝日の場合は営業)
■駐車スペース有り


そんな素敵なお店を後にした私は、一人海を眺めながらこんな音楽に浸っていました。
Go To amazon!!




Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album』
01. House Of Gold試聴
02. Here's That Rainy Day試聴
03. Make Believe試聴
04. On And On試聴
05. You Are So Beautiful試聴
06. Groovin'試聴
07. While My Guitar Gently Weeps試聴
08. When Sunny Gets Blue試聴
09. I Love You試聴
10. Through The Eye Of The Eagle試聴

優しい気持ちになれる場所には、こんな優しいサウンドがピッタリです。
「ケニー・ランキン」が76年に発表した名盤中の名盤です。

実はこのアルバム、アナログでは持っていたんですがCDで再発された時に買い損ねて、それ以来ずっと探していたんです。
ま、本人のオフィシャルHP「CD BABY」でも買えるんですけど、つい最近黄色い袋のお店(何故か行くと財布が軽くなる場所です・・・笑)にこのアルバムと名作『Silver Morning』が仲良く並んでいて即行ゲット!!
3千円強・・・とちょっと高かったんですけど、amazonではいまだに7千円以上の値がついていますからお買い得といえばお買い得かな(笑)。

それにしてもこのアルバムは涙が出そうなくらい美しい作品です。
彼の2ndアルバム『Family』にも収録されていた「ハンク・ウィリアム」作の、ジャジーなアレンジで歌うスタンダードの、ストリングスが効果的な「スティーヴン・ビショップ」のカバー、オリジナルを超える美しさに感動さえ覚える、日曜日の良く晴れた穏やかな日に聴きたい「ヤング・ラスカルズ」「ビートルズ」の名曲をジャジー&ロマンティックに甦らせた「ジューン・クリスティ」をはじめ数多くのジャズ・ミュージシャンも取り上げた「“愛してる”という言葉をこんなに素直に言えたら・・・」と思ってしまうラブ・ソング、アコースティック・ギターとストリングスが紡ぎだす朝露の様な柔らかいサウンドの・・・と、全ての曲が心に染み渡り何度も何度もリピートしてしまう程の逸品です。

アルバムのプロデュースを手掛けたのは「WE FIVE」のメンバーでもあり「ビリー・ジョエル」の名作『Piano Man』を手掛けた「マイケル・スチュワート」が担当。
またこのアルバムを極上の美しさに変えた最大の功労者でもある「ドン・コスタ」がアレンジを担当しています。

また参加ミュージシャンも「アズテカ」のメンバーだった「ウェンディ・ハース(key)」「キャノンボール・アダレイ」「ソニー・ロリンズ」などと演っていた「ロイ・マッカーディ(dr)」、そして今でも「ケニー」と一緒に来日公演を果たした「ピーター・マーシャル(b)」のカルテット編成。
このシンプルな編成がこのアルバムを優しい雰囲気に仕上げているんでしょうね。

少し朝靄がかかった早朝に、太陽の光が心地よいまどろみの午後に、そして残業で疲れた身体をお気に入りのソファーに委ねている時に・・・そんな空間にピッタリな優しい音楽です。
もしかしたらある意味これも“ヒーリング・ミュージック”と呼べるかもしれませんね。

もちろん、同時に購入した『Silver Morning』と併せて聴くと、リラックス効果は3倍です(笑)。
AOR | コメント(9) | トラックバック(1)
コメント
はぁ~っ。。。この空気感を持っての音の趣味は、Musicmanさんならではですね~。ふぁ~~。いい曲だな~。
ほんと、たくさん、素敵な曲、知ってらっしゃる。。居心地がよいとです。
ヘタウマ系?
AORファンの間でも、この辺のアルバムは好き嫌いが分かれそうですね。
ワタシはもちろん「アリ」です。
今の店頭価格を見るにつけ、初CD化当時に買っておいてよかったと
つくづく思っております。
ADLIB別冊付録のAORハンドブックのおかげです~♪

話は戻りますがクリ・クロの2ndって紙ジャケ&リマスターで出てたんですか?!
ちぃーとも知らんかった・・・まだ買えるのかな・・・
情報ありがとうございます!
こんにちは。
情報感謝です。
早速ですが、黄色い袋のお店のネット・ショップに『Silver Morning』と
併せて注文しちゃいました。
探してたCDなんで嬉しいですよ。ありがとうございました!
♪JJさん。
コメントどうもです。
GW明けた途端に忙しくなっちゃってコメントできなくてごめんなさい。
このアルバムは本当に癒される作品です。
ジャズの要素もちらほら見られるしネ。
手に入るうちに買っておくのがベストだと思います。


♪怪鳥さん。
怪鳥さんは当然お持ちでしょうね。

>AORファンの間でも、この辺のアルバムは好き嫌いが分かれそうですね。

AORふぁんからするとソフト過ぎて「軟弱!」と思われる節もありますが、
雑食の私からすると当然アリです(笑)。

クリストファー・クロスの2ndは紙ジャケ&リマスターで出てたんです。
実は私も知らなかったのでちょっと後悔・・・。
音も以前よりはかなり良くなっているみたいです。
店頭で見かけたら即買いですな!


♪kaz-shinさん。
こんにちは!

>早速ですが、黄色い袋のお店のネット・ショップに『Silver Morning』と
併せて注文しちゃいました。

おー!それはそれは。
私もずっと探していた作品。でもネットだとかなり金額が高騰していたので嬉しい限りです。
こういうものは手に入るうちに買っておかねばですね☆
kaz-shinさんのブログでも是非紹介してくださいね!
癒しのアルバムの一枚ですよね!初夏の海辺の昼下がり車を停めて
聞いていたい曲です。
CAFE気になります!実家方面なのでいつか行ってみたいです!
♪minminさん。
こんばんは!
このアルバムは本当に癒されます。
最近再発されたので、minminさんも是非!
また、ここのカフェも癒されます。
夏になるとかなりお客さんが来るので、今ぐらいの季節が丁度いいかも。
席数も少ないですしね!
も~
仕事っていいながら素敵なとこばっかり行ってぇ~ (笑)

海みたいなぁ~~~
も~
仕事っていいながら素敵なとこばっかり行ってぇ~  Part2 !!! (笑)

優しいサウンド・・・ホントですね~。ぽかぽかとした陽気に似合うサウンドですよね。
でも好き嫌いの分かれるアルバムなんですね?
私には絶対的になくてはならないアイテムのひとつ♪ 彼のカヴァーセンスは最高だなと思います。
Silver MorningはKennyの手売り(笑)だともっとずっと安かったですよ~。
♪ekoさん。
>も~
>仕事っていいながら素敵なとこばっかり行ってぇ~ (笑)

ははは!スミマセン。でも本当に仕事なんですぅ(汗)。
といっても毎日こんなとこに行ってるわけじゃないですよ!
たまーにです、たまーに(笑)。
ここのビーチはウィンド・サーフィンのメッカとして知られている場所なので、
夏場でもアダルト層が多くてのんびりできますよ。


♪KYOKOさん。
>も~
>仕事っていいながら素敵なとこばっかり行ってぇ~  Part2 !!! (笑)

うぅ・・・また言われてしまった(汗)。
本当に仕事なんですって!
「ケニー・ランキン」はリアル・タイムでは聞いていなかったんですけど、
改めて全部そろえようかと思ってます。
おっしゃるとおりカバーのセンスは卓越してますね!

>Silver MorningはKennyの手売り(笑)だともっとずっと安かったですよ~。

おー!そうなんですかぁ。
でも英語分からないし、早く手に入れたかったので少々高くても買っちゃいました(笑)。

管理者のみに表示
トラックバック
今回紹介するのは、名盤中の名盤と断言できる1枚です。ケニー・ランキンが1976年にリリースした通算5作目の『The Kenny Rankin Album』です。実はこのアルバム、いつもお世話になっているMusicmanさんのブログ「Soft & Mellow」で最近(5月14日の記事)で取り上げてくれていま
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。