07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夏の足音。

2007年05月17日
プールサイド
嵐のような雨から一転して、今日の福岡は朝から快晴。
気温もグングン上昇しています。

そんな中、沖縄は早くも梅雨入りしちゃったみたいですねー。
でも、去年よりも2日遅く、平年でも8日遅い梅雨入りだそうです。
気象台の予想によりますと、福岡は6月2日、関東でも6月9日ごろ入梅するのではないかということです。

でも梅雨が明けたら本格的な夏到来!!
夏生まれの私としては一年中夏でもいいんですけど(笑)、でも短い夏だからこそ毎年楽しみに出来るのかもしれませんね。

さて、そんな夏気分を一足早く味わいたい方にオススメなのが・・・コチラ!!

Go To amazon!!



Bebel Gilberto / Momento』
01. Momento試聴
02. Bring Back The Love試聴
03. Close To You試聴
04. Os Novos Yorkinos試聴
05. Azul試聴
06. Cacada試聴
07. Night And Day試聴
08. Tranquilo試聴
09. Um Segundo試聴
10. Cade Voce?試聴
11. Words試聴
12. Bring Back The Love (Ondular Remix)試聴
13. Bring Back The Love (Shrift Remix)試聴


ボサ・ノヴァの創始者「ジョアン・ジルベルト」を父に、ブラジル音楽シーンのゴッド・マザー「ミウシャ」を母に持つサラブレッド「ベベウ・ジルベルト」の新作です。

元々NYで育ち、ブラジルには16歳の時に帰国。
ブラジルをルーツにしながらもコスモポリタンな感覚を身に付けている事もあって、バリバリのブラジル音楽を表現するのではなく、ジャズやソウル、クラブ・ミュージックのエッセンスも抵抗なく取り入れるスタイルが彼女流と言えましょう。
事実、2001年の1stアルバム『Tanto Tempo』では「マリオ・カルダート・Jr.」を始め3人の若手プロデューサーを迎えていますし、前作2004年の『Bebel Gilberto』では、「ビョーク」との仕事で知られる「マリウス・デ・ヴリエス」がプロデュースし、独特な世界観を表現していました。

そして今年3月にリリースされたこの3rdアルバムは、NY・ロンドン・リオの3箇所でレコーディングを行い、彼女のコスモポリタンな部分を更に昇華させた極上のアルバムに仕上がっています。

前作にも参加し、「ビョーク」「マドンナ」とのコラボレーションでも知られる「ガイ・シグスワース」プロデュースによるアンビエントなボッサ・チューンに始まり、イースト・ビレッジを拠点に活動する多国籍ミクスチャー・バンド「ブラジリアン・ガールズ(といってもブラジル人は一人も居ませんが・・・笑)」との共同プロデュースによるソウルフルな「シャーデー」を思わせるミステリアスな、ブラジリアンなトラック、デイ・ドリーム(白昼夢)を見ているかの様な、彼女の叔父「シコ・ブアルキ」の名曲をカバーした「コール・ポーター」の名曲中の名曲をシンプルにカバーした、ブラジルの新世代ダンス・ホール・バンド「オルケストラ・インペリアル」と競演したラテンな、ギターのシンプルな響きが人影少ない初夏の浜辺を思わせる、音響系なボッサ・チューン、5年以上も彼女のバンドで活躍している日本人ギタリスト「マサ・シミズ」のギターだけをバックに歌うサウダージな・・・と、全ての曲がブラジリアンと今の音楽を上手くミックスした心地良いサウンドに仕上がっています。

またのリミックス・ヴァージョン。発表したばかりのアルバムに既にこうしたリミックス・トラックが収録されている事自体、彼女が他のブラジリアン・アーティストと違う決定的な部分ですね。

「普通のボサ・ノヴァじゃ物足りなくて・・・」「都会に似合うブラジル音楽が無いかな~」なんて思っている方には前2作共々オススメですぞ!

アルバム・タイトル通り、その場を生きる彼女のモメント(瞬間)がパックされた1枚です。

MPB | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
ジョアンジルベルトのコンサートが大好きです。開演定刻から1時間遅れのスタートだろうが、アンコールまで15分も出てこなくても怒る気になれません(笑)国際フォーラムでのステージを何度か見てるのですが、毎回違うものね。公演全部を見てみたいと思ってしまいます。そして、あのステージを見てしまうと、「ステージのイメージをそのままに・・・・」と思いCDを聴かなくなるほど、素晴らしいステージのジョアン・ジルベルト。

その血を引く娘さん。生まれながらのサラブレッド。。。2世ブームミュージックシーンで「親の七光りなんて無用よ♪」そんな素晴らしい出来ですよね。
私も1年中夏がいいなぁ~。ロス、ハワイ、ゴールドコーストあたりに住む。
仕事が終わったらサーフィン、なんて夢ですね~。


♪かおるさん。
「ジョアン・ジルベルト」のコンサート・・・いいなぁ・・・見てみたいなぁ。
福岡じゃまずありませんから。
きっと素敵なライブなんでしょうね!
そんな彼の娘である「ベベウ」のライブもきっと癒されるステージなんでしょうね~。

>私も1年中夏がいいなぁ~。ロス、ハワイ、ゴールドコーストあたりに住む。
>仕事が終わったらサーフィン、なんて夢ですね~。

確かに!!夢のまた夢ですけど(泣)。
ジョアン・ジルベルトのお嬢さん?Muさんらしい、夏先取りの素敵な選曲ですね。さすがです。もうすっかり気分は夏!
Muさんはサーフィンされるのですか?知人男性が43歳でサーフィンに初挑戦して頑張ってますよ。Muさんもいかが?
♪risaさん。
ちょっと夏を先取りしすぎたかな(笑)?
でも春から夏にかけてこのアルバムはかなり重宝しますよ!
ボサノヴァに少しだけコンテンポラリーな要素を取り入れていますので、
ビーチじゃなくてもかなり癒されます!

>知人男性が43歳でサーフィンに初挑戦して頑張ってますよ。Muさんもいかが?

以前やっていたんですが、ここ3年ぐらいは忙しすぎて・・・。
でも忙しくても真冬でもやるのが本当のサーファーなんでしょうけどね(恥)。
昨日はいい波があがっていたようです。
Muxicmanさん。先日から色々とありがとうございます。
久々にカキ込みで、ちょっとお恥ずかしい。ヘヘヘ。
まだすっかりではないですが、自分ペースを戻しつつあります。

そう!す~っかり夏っぽい感じですよね。今年は季節が何でも早いです。お山ではタケノコが豊作で、食べても食べても、毎日タケノコです。笑。タケノコに似合いかどうかは分かりませんが、このアルバム、見た目だけでも涼やかで、バスタイムにも似合いそうでいいですねぇ。気分転換に注文してみようかしらん♪
♪ガンノスケさん。
はじめまして!コメントありがとうございます☆

>昨日はいい波があがっていたようです。

みたいですねー!昨日は風もそこそこあって波があがっていたとか。
久々にサーフィン行きたくなりました!!
これからも遊びに来てくださいね☆


♪Lavieさん。
お久しぶりです!コメントありがとうございます。
福岡はすっかり夏!!今日も海に行ったら(仕事です・・・汗)真夏並みの陽気で、車のクーラー付けちゃいました。
タケノコは私も大好きです!お刺身がたまりませんねー。
このアルバムはタケノコ・・・よりはスイカの方が似合うかな(笑)。
でも心地よい時間を味わえる1枚ですので是非!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。