04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■虹の楽園

2005年02月25日
Go To amazon!!
『Joe Sample / Raimbow Seeker』
1. Rainbow Seeker
2. In All My Wildest Dreams
3. There Are Many Stops Along the Way
4. Melodies Of Love
5. Fly With Wings Of Love
6. As Long As It Lasts
7. Islands In The Rain
8. Together We'll Find A Way


昔、ハワイ(カウアイ島)に行きました。
別に自慢では有りません。
生まれて初めてのハワイがホノルルのあるオアフ島ではなくカウアイ島というのもレアな話ですが・・・。

日本からホノルル空港に着いて、そのままカウアイ島へ向かったのですが、リフエ空港に到着する前に、カウアイ島に虹が架かっていました。

しかも2つ同時に!

いわゆる「幸せを呼ぶダブル・レインボウ」というヤツで、感動のあまり言葉を失っていました。

これ以降、私の中で「カウアイ島」は「虹の楽園」というイメージが付いたのです。

そんな「虹の楽園」という邦題が付いたロマンティックなアルバムがこの「Joe Sample / Rainbow Seeker(1978)」。
ご存知「The Crusaders」のリーダー的存在のキーボード奏者ですが、「クルセイダーズ」で活動する一方、1970年代以降はソロ・アルバムも精力的に発表しています。このアルバムの成功によって「解散か?」との噂も出ました。
「クルセイダーズ」での彼は、テキサスファンクをベースにしたファンキーなピアニストという印象が強かったんですけど、おの1stソロ・アルバムでは、何とも清清しくリリカルでウェットなピアノが特徴の1枚。
「クルセイダーズ」とはまた違うこのさわやかなテイストで、幅広いファン層を獲得しました。

80年代に「Shakatak」が大ヒットしましたが、当時は「ポップなジョー・サンプル」なんて形容詞が付いていたほどです。

特に「Melodies Of Love」のメロディーの美しさ、ピアノの音色のしなやかさは特筆すべき曲で、みなさんもどこかで一度は耳にした経験があるハズです。

その後「Carmel(渚にて)」「Voices In The Rain」・・・と、コンスタントにアルバムを発表していますが、どれもオススメです。

ところでその「カウアイ島」には誰と行ったって??

・・・それはヒミツです(笑)。

FUSION | コメント(2) | トラックバック(1)
コメント
こんにちは。
私も取り上げました、ジョー。
TBさせてくださいね。
『Carmel』のほうですが。
♪Skenさん。
過去記事なのにTBして頂いてありがとうございます!
私も「CARMEL」大好きですよ。
っていうか、「ジョー・サンプル」はどのアルバムも手放しでOKしてしまいます(笑)。

管理者のみに表示
トラックバック
1978年ぐらいから81年ぐらいまでが彼のソロでのキャリアの第一次全盛期ではないかな、と思ってます。前年に『Rainbow Seeker』が出ていて、それもよく聴いていました。当時は「ジョー・サンプル」なんて誰?って感じだったので、日本盤はビクターから出たけど...
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。