06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キャンドルに揺れて・・・。

2007年06月21日
Candle
明日6月22日は『夏至』です。
そう、一年のうちで昼間の時間が最も長く夜の時間が最も短い日。

そんな『夏至』に、今年も恒例のエコ運動『100万人のキャンドルナイト』が全国各地で行われます。
「夜8時から10時までの2時間、電気を消してキャンドルの灯りだけでスローな夜を過ごそう」というこの運動・・・、全国各地で様々な催しが行われるそうです。

最近は人間が出すCO2のせいで地球温暖化となり気象状況が変わり、それに伴って大災害が世界中で起きています。

1年に1度や2度ぐらい、しかもたった2時間ぐらいロウソクの灯りだけで過ごす夜があってもいいですよね。

例えば・・・

子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。

静かに大好きな人と食事をするのもいいでしょう。

お気に入りのワインを空けて会話を楽しむのもいいでしょう。



TVなんか無くたって、パソコンなんか出来なくたっていいじゃないですか。
暗闇の中だからこそ忘れかけていた“大事なもの”が見えてくるかもしれません。


明日、キャンドルの灯りで貴方は誰とどんな風に過ごしますか?



さて、TVやパソコンが無くても平気ですけど、やっぱり音楽だけはほしいですね♪

Go To amazon!!




Chris Botti / When I Fall In Love』
01. When I Fall In Love試聴
02. What'll I Do? (feat. Paula Cole)試聴
03. No Ordinary Love試聴
04. My Romance試聴
05. Let's Fall In Love試聴
06. Cinema Paradiso試聴
07. Someone To Watch Over Me試聴
08. La Belle Dame Sans Regrets (feat. Sting)試聴
09. Nearness Of You試聴
10. How Love Should Be (feat. Paula Cole)試聴
11. Make Someone Happy試聴
12. One For My Baby試聴
13. Time To Say Goodbye (Con te Partrio)試聴
14. You Don't Know What Love Is
15. But Beautiful


静かな夜にはハートフルなサウンドがお似合いです。
その甘いルックスと甘美なサウンドで世界中の女性を虜にするイケメン・ジャズ・トランペッター「クリス・ボッティ」の2004年の作品。
それまではスムース・ジャズ系の打ち込みを用いたサウンドだった彼が、ストレートなジャズに挑戦した最高にスウィートなアルバムです。
これ以降、最新作『To Love Again』もジャズ路線でしたね。

アルバムは数多くのジャズ・アーティストが取り上げている名曲でスタート。映画『華麗なるギャツビー』の主題歌として世に出たでは「ポーラ・コール」をフィーチュア。「SADE」のカバーはトランペットの音色が一段とクール&セクシーですし、「ビル・エヴァンス」でお馴染みのは流麗なストリングスが印象的。また映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマの何とも言えない孤高感が逆に美しく響いてきます。そしてこのアルバムのハイライトとも言うべき「スティング」のカバーでは、その本人である「スティング」がヴォーカルで参加!これはファンならずとも必聴です。

参加ミュージシャンも「ポリニョー・ダ・コスタ(perc)」「グレッグ・フィリンゲインズ(key)」「ブライアン・ブロンバーグ(b)」「ヴィニー・カリウタ(dr)」「ディーン・パークス(g)」「ジェフ・ローバー(key)」「ドミニク・ミラー(g)」など豪華な顔ぶれですし、アレンジャーの「ビリー・チャイルド」「ギル・ゴールドスタイン」は、彼のトランペットを包み込むようなオーケストレーションを配し、アルバムをよりロマンティックに仕上げています。

柔らかなトランペットの音色と繊細かつ流麗なサウンドで表現した
究極のロマンティック・アルバムです。

暗闇の中・・・貴方は誰とこの素敵なアルバムを聴きますか?

Jazz | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
おはようございます。
初書き込みです♪(笑)
キャンドルナイト・・・素敵なイベントですね。

これから会社へ行かないといけないので、音楽聴けませんが、後でゆっくり聴かせていただきますね。
『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマ曲、好きなんですよね~。この曲が流れただけで、泣けてきます。
Musicmanサン、おはようございます*^^

いつも、この前書きのコラムに、ホッとさせられます。
100万人のキャンドルナイト~。そっか、昨年も、近くでありました。
今夜は、雨らしいのですが。。家で、ほんと、今日、過ごしてみようと、
思います。
>子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。

静かに大好きな人と食事をするのもいいでしょう。

お気に入りのワインを空けて会話を楽しむのもいいでしょう。

㊤、ふぁ~とさせられる試みですね。素敵!
まさに、地球全体、真面目に考えなくちゃいけない環境問題。
私も以前から、このことは、さりげに触れてきたことですが、この梅雨なし?の
猛暑に耐えられないだけに、日々、エコ生活に切り替えるこの頃です。
ゴミを増やさない、消費電力も、ほんと、抑えなくちゃですね。
このキャンドルの灯りだけっていうのは、映画((大停電の夜に))を
思い出します。あれも、キャンドルの光が頼りでしたもんね。
Chris Botti 。。。
なんか、朝だけど、泣けるWhen I Fall In Love。
いや、悲しみではなくて、思い出の曲でもないのですが、
なんか、ふと、幼少の思い出が懐かしく。。。ほろっと、、させられました。
ウゎーン、なんでだろ??
今日も長々書いてしまって、すみません。
書かずにいられない
優しい気持ちを、、、
・・有難うです。^^
早速、次回の買い物リストに入れちゃいます!
ひさびさのクリス・ボッティ!3年前によく聴いていました。ロマンチックな夜にはほんとぴったりですよね。
キャンドル・ナイト、素敵なイベントですね。キャンドルを灯してゆったりと過ごしたいところですが、今夜は友人達と大勢で琉球料理食べてきます。今週はほとんど外出して飲んでる・・・。来週からまたSimple&Slow生活にもどさなきゃ~っ
♪ikuyoさん。
初コメありがとうございます!!
これからも気軽に遊びに来てくださいね。
「キャンドルナイト」は地球に優しい素敵なイベントだと思います。
イベントっていうか“運動”なんでしょうけどね。
『ニュー・シネマ・パラダイス』は映画そのものも大好きで、おっしゃるとおりこの曲が流れただけで、ジワっと来ちゃいますね!
お仕事で疲れた体に心地よいアルバムですよ!!


♪JJさん。
>いつも、この前書きのコラムに、ホッとさせられます。

嬉しいコメントありがとうございます。
結構思ったことをただ書いてるに過ぎないんですけどね(照)。
福岡もここのところ雨続き。
そんな時にお家でゆっくりと浸るにピッタリなアルバムですよ~。
少し前は環境問題と言えば、人間に直接影響を与える汚染問題が主流でしたけど、
それが高じて地球そのものが病んでいる状態です。
「私一人がしなくても・・・」という気持ちが地球に失礼なんでしょうね。
われわれ人類は地球に“生かされている”という事を忘れないようにしなければいけませんね!
Chris Botti 。。。

>なんか、ふと、幼少の思い出が懐かしく。。。ほろっと、、させられました。

彼のトランペットの音が心を包み込むような優しい音色だからじゃないですかね。
私も大好きな曲です☆


♪risaさん。
少し前のアルバムですけど、いつ聴いてもやっぱイイですねー。
キャンドルの灯りって、何故か幼少のころを思い出します。
昔って結構良く停電してましたよね。台風のとき以外でも。
不安な気持ちと何故かワクワク・ドキドキな気持ちもありました。
今年はラニーニョの影響で大型台風がやってくると予測されています。
気をつけなきゃですね!
去年 大阪のキャンドルナイト見に行きました
普段 電気の明かりで見慣れた町もキャンドルの灯りの中では別世界です

キャンドルの灯りの下 ワインをかたむけながら素敵な音楽だけで・・

そういうのなら 毎日でもいいかも~♪
静かな時間って大切ですよね。。。ろうそくの灯りってどこか自分を見つめさせてくれるような気がします。
 初めましてSmooth Jazz好きの五郎兵衛 風来坊と申します。僕もChrisは大好きです。確かにロマンチックな楽曲を演奏しているクリスですが、僕はその中に孤高さとニヒルさも有ると感じるんですね。ぼくはその部分がたまらなく好きです。
 くりすのライブは昨年2度ほど堪能しましたが、ちょっとレコードとは印象が違うんですよ。結構エモーショナルで熱いんです。アドリブも抜群です。もちろんバラードの巧さはさすがですけどね。今年は分からないけど来年は日本でのライブが有ることを期待します。
よろしくお願い申し上げます。
♪ekoさん。
キャンドルナイトという考え方、思想がすばらしいですね。
考えてみたら昔の日本はどこもキャンドルナイトだった訳で・・・。
今夜も福岡のデパートでは明かりを消して営業してました。

>キャンドルの灯りの下 ワインをかたむけながら素敵な音楽だけで・・
>そういうのなら 毎日でもいいかも~♪

そうですね(笑)。ま、相手次第ですけど(汗)。


♪かおるさん。
>ろうそくの灯りってどこか自分を見つめさせてくれるような気がします。

普段電気を点けていると、余計なものまで目に入ってきますけど、
ろうそくの灯りだけだと必要なものだけ目に入ってくるからいいですよね。
省エネにもなるし、1年に何回かはこういう運動をしたほうがいいかもしれませんね。


♪五郎兵衛 風来坊さん。
初めまして!ご来訪ありがとうございます!!
五郎兵衛さんもSmooth Jazzがお好きなんですねー。
さっきブログを覗きに行きました。

>孤高さとニヒルさも有ると感じるんですね。ぼくはその部分がたまらなく好きです。

おっしゃるとおり!!媚びずに、でもファンが喜ぶことを敢えてやってくれている事が伝わってきます。
ライブに行かれた事があるんですか?いいですねー!!
アルバムよりもエモーショナルで熱いステージ・・・ふむふむ、やっぱジャズ・ミュージシャンなんですね。
一度でいいから観てみたいです。
福岡は・・・たぶん来ないだろうな(笑)。

Smooth Jazz好き者同士として、こちらこそ宜しくお願いいたします!!
こんにちは,Musicmanさん。
思わず  ♪キャンドルを暗くして~~スローな曲がぁ~
と、大滝詠一さんの曲が頭のなかをぐるぐるしました。
クリスくんのCDは5枚持っているけど、これは持っていないの。
"ニュー・シネマ・パラダイス"良いですよね!私も大好きな映画です。

今日は中古屋でJ.K.Special Featuring Dave Wecklを購入しました。



♪Mayさん。
スムース・ジャズ好きのMayさんが「大瀧詠一」さんの方を思い出すとは(笑)。
でも私も「キャ~ンドルを~♪」か「チェッカーズ」の「キャンドル!ライトが~!」のいずれかを思い出します。

・・・歳がバレますね・・・(泣)。

おーっと、このアルバムはお持ちじゃないんですか?
これは彼の代表作になってますので、是非是非!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。