08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いま自分に出来ること。

2007年09月11日
9.11 NY
今から6年前の今日9月11日・・・。
人類はこれまで経験した事の無い脅威と哀しみに包まれました。

それから6年・・・。
世界では戦争や紛争など、あらゆる争いが続いています。
もちろん、争いだけでなく貧困による栄養失調や設備不足によって多くの人々が命を落としています。

私たち夫婦も6年前の今日体験したこの出来事は今でも忘れられません。(参照)

でも一体今の自分に何ができるというのでしょうか?

平和を願う・・・。

誰しもがそう思うでしょう。

でも願っているだけでは何の解決にもならないのです。
乱暴な言い方かも知れませんが、それは所詮“他人任せ”
かといって戦地に赴くわけにもいかず・・・。

私たちが今すべきことは、平和を願うばかりでなく、
いま目の前で苦しんでいる人々に手を差し伸べる事では無いでしょうか?

もちろん簡単なことではありません。

でもまずは“行動する勇気”こそが大切なのかもしれません。



・・・そんな事をふと考えた6年目の9.11でした。

Go To amazon!!




『Raul Midon / World Within a World』
01. Pick Somebody Up試聴
02. Love is gonna Save My Life試聴
03. All The Answer試聴
04. Ain’t Happened Yet試聴
05. All Because Of You試聴
06. The More That I Know試聴
07. Tembererana試聴
08. Song For Sandra試聴
09. Caminando試聴
10. Peace On Earth試聴
11. Money Buys Happiness試聴

デビュー・アルバム『State Of Mind』で衝撃のデビューを飾り、世界中から絶賛を浴びた盲目のシンガー・ソングライター「ラウル・ミドン」の待望の2ndアルバムです。

このアルバムはまさに「地球というより広い世界における僕の世界」とラウル・ミドンは語っています。
視覚を通す事のできない彼が作り上げた想像(創造)の世界。
世の中で起きていること、自分の人生に起きていること、そのことに対する思いをソウル、R&B、そして彼のルーツであるラテンのメロディとリズムに乗せています。


さて、今回の日記にどうして彼のこのアルバムを取り上げたのか・・・。
それはこのアルバムのラスト曲(日本盤はボーナス・トラック付き)に収められた
「Peace On Earth」の歌詞に深い感銘を受けました。

少しだけ歌詞を紹介しますと・・・

希望なんてない
未来なんてない
神に救いなど求めはしない





和解なんてない
集団における歩み寄りなどありはしない

地球に平和を
それが僕らの望み
地球に平和を
誰もが口にする
地球に平和を
なのにまだ玄関先には 戦争の亡霊が潜む





その答えが相互確証破壊
力の均衡 全ての人に武器を
互いに核を持ち合うことが
全ての人に平和をもたらす



一見すると武器を持つことを推奨している過激な歌詞の様に思えますが、武器を持つことでしか世界の平和を保たれない人類の愚かさを謳った彼の哀しみが込められています。

彼自身もこの歌に対して
「人間が本当に欲しいのは平和。問題はどうやって平和に辿り着くかだ」
と語っています。

「ジョン・レノン」「君が望めば戦争は終わる」と名曲「イマジン」の中で言いましたけど、世界中の人々が心から望めばきっと戦争などない世の中になると思います。

その為にも、この“9.11”だけでなく、人類が過去に経験した全ての戦争を忘れてはならないと思います。

目が不自由な「ラウル・ミドン」が、心の目で見た世界を歌ったこのアルバム・・・。
貴方も彼の心の目に映った世界を音楽を通して直視してみては如何でしょうか?

きっと「今、自分に出来ること」が見えてくるかもしれません。


R&B | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
本当に信じられない出来事でしたね

そしてmusicmanさんも凄い経験されてたんですね ①しか読んでませんが(^^;
私も ちょうど一機目が激突した映像を見ながらもう一機目が飛んできて消えたかと思ったら・・・・
最初 何が起こったのか理解できませんでした・・・

テロは絶対に許せない!
でも 次への行動・・・難しいですね
今できることを考えていかなければね
Musicmanさん、こんばんは♪(・∀・)/

大作“バンクーバー眉毛事件”、読破いたしましたっ!(笑)
いや、笑い事ではなかった。本当に大変な思いをされましたね。

私は当時ゲームショップの店長をしてまして、仕事の後、帰宅する途中、
友人からの電話でこの事件を知りました。

「N.Y.が大変な事になっている。Johnny(N.Y.在住の共通の友人)と
連絡が取れない。e-mail も戻ってきてしまって…」

帰宅後に見たテレビの映像は、まさしくドラマの世界。とても現実とは思え
ませんでした。
しかし、日本時間の日付が変わる頃、Johnny から届いたe-mail は、
今報道されている事が現実なんだと痛感させられるものでした。

“ I'm OK,but my brother…”

Johnny が常に尊敬し、「目標だ」と語っていたお兄さんは、その日以来、
“ 尋ね人” となってしまったのです。

Musicmanさんが仰るように、平和を“ 願っている ” だけでは何も解決し
ないのかもしれません。何ができるんだろう?ここが第一歩ですね。
私はとりあえず、前回の参院選では「堂々と戦争が出来る国作り」を目指
しているように感じられる(あくまで感じられる)某政党には票を投じませんで
した。いつもならその政党だったんですが(苦笑)。

音楽好きの私達ならではの方法とかないですかね?
…て、人任せじゃダメでしたね。うむ、Imagine することが大事。
きっとMusicmanさんは、9.11ならではの記事を書いていらっしゃる…と思って訪問しました。
「Peace On Earth」は、真摯な歌ですね。メロディも切なくて…。
(クリスマス・ソングおたくの私としては、例の同名曲との違いも確認したくて、試聴したのですが…。)

大学1年の1学期に、核抑止について教えて下さった国際政治学の女性教授は、今頃どうなさっているんだろう…とふと思いました。
彼女は、皆の提出したレポートを読んで、「この団体・この人だから、そのしていることは信用できる(またはその逆)という主張は、最も幼稚な発想だ」と総括されていて、私はグサッときたのをよく覚えています。今でも、時折そのことを思い出します。
争って傷付け合って、何の意味がある。。。。

現代の争いの発端は、相手に対する脅威から始まると思っています。
小さな地球 1つの星の中でばかばかしい。 
「あんまりバカなことを繰り返していると今に火星人に侵略されるぞっ!」
と思う今日この頃(^^;)
2回もごめんなさい。ケニー・ロギンスのTHE ISLAND EARTH これを聞きながら平和を祈ります。 
♪ekoさん。
本当に信じられませんが実際に起きた出来事なんですよね。
私たち夫婦もかなり凄い体験をしましたけど、
犠牲になった方々は私たち以上の悲しみを体験したはず。
事実、シアトルやバンクーバーの路上に献花台が掲げられていたのを見て自分たちのことのように悲しくなりました。

>でも 次への行動・・・難しいですね

そうなんです。私も書いた後に実際に何ができるか考えたんですが、それはそれはちっぽけな事。
でもその気持ちを持つことが大切だと思いますし、その思いを持つ人々が増えればきっと明るい未来がやってきそうな気がします。


♪ヤセガエルさん。
>大作“バンクーバー眉毛事件”、読破いたしましたっ!(笑)

ハハハ!みなさんやっぱりあの事件に食いつきますね~(笑)。
読破していただいてありがとうございます。
でもヤセガエルさんの関係する方も実際は命を落とされたんですね・・・。
平和を願うだけでは平和にはならないのかもしれません。
でもおっしゃる様に「何ができるか?」と考えることが大切な、大きな一歩なのかもしれません。

>音楽好きの私達ならではの方法とかないですかね?

いえいえ、音楽はきっと世界を平和にする一つの手段だと思いますよ!!
そうであって欲しいですね☆


♪とどさん。
コメントどうもありがとうございます。

>きっとMusicmanさんは、9.11ならではの記事を書いていらっしゃる…と思って訪問しました。

いえいえ、そんな大したことはかけません(恥)。
でもこの歌は今の世界に一石を投じる歌だと思います。

>「この団体・この人だから、そのしていることは信用できる(またはその逆)という主張は、最も幼稚な発想だ」

確かにそうですね。
実際、今日のニュースで取りざたされている首相の辞意表明を見ても、
実際誰を信じていいかわからなくなりました。
(この件はそれぞれの捕らえ方があるでしょうから詳しくは語りませんが・・・)


♪かおるさん。
>「あんまりバカなことを繰り返していると今に火星人に侵略されるぞっ!」

そうそう!!その通り!!
地球人にとっての敵はまだ人間しかいないから争っているけど、もしも他の星から侵略者がやってきたらきっと人類は一つになれると思いますよ!
同じ地球に住む生き物同士が争うなんて全くバカげていると思います。
でも争うことで自分に自信をつけたり確認したりしてるんでしょうね・・・。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。