08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

癒しのオータムン・ドライブ。

2007年10月07日
みのう山荘
9月に引き続いてまたまた3連休。皆さん如何お過ごしでしょうか?
Musicmanはといえば、運良くこの連休はお休みを貰えました。最近はかなりハードな毎日が続いてて、なかなか皆さんの所にもコメントが残せない状態でヘトヘト(泣)。
という事で、温泉へ行ってきました。

向かった先は久留米市田主丸の耳納(みのう)連山方面。
県道151号線から、以前にも紹介(参照)した「山苞(やまづと)の道」に入って更に山奥へと登っていきます。
そうすると現れて来るのが、山奥にひっそりと佇む『みのう山荘』という立ち寄り湯です。
みのう山荘 みのう山荘
名前の通り、まるで山荘の様な佇まいのこの温泉施設は2003年5月にオープン。
開業以来、県外からもお客さんが訪れるほど人気の温泉施設です。
みのう山荘

お風呂に入る前にまずは朝から(珍しく!)何も食べていなかったのでお食事処へ。
窓からは写真のように筑後平野がパノラマで出迎えてくれます!!

こんな素敵な景色を目で味わいながら注文したのは・・・
みのう山荘 みのう山荘
「しらすと青菜のピラフ」「鴨すき重」
こういう所の料理って冷凍ものが多いと思うんですけど、ちゃんと料理してて、中でも「鴨すき重」は地元の鴨料理のお店『吉井十八』との協力によって完成した逸品。一日限定20食だそうです。
ちなみにメニューには幻の豚肉「東京X」を使った「東京Xみそうどん」なんてのもありました(笑)。
目はパノラマの風景を味わい、舌は美味しい料理を味わい、何だかこれだけで満足しちゃいましたよ(笑)。

でも今回の目的は「温泉」!!
みのう山荘 みのう山荘
この『みのう山荘』には男女別の「展望大浴場」と、露天風呂付きの家族風呂が2つ、内湯のみの家族風呂が4つ。
内湯のみといっても片側の広い窓からは・・・
みのう山荘 みのう山荘
こんな素晴らしい景色が広がり、まるで“天空のお風呂”にでも入っているかのような錯覚を感じる程!!

みのう山荘お湯は全てコイン式の入れ替えになっているので、いつ訪れてもキレイなお湯を贅沢に使うことができます。
写真にプラスティック・コップが写っていますけど、お風呂に入る前に氷を入れたこのコップを渡されます。実はこれで温泉を飲むことが出来るんですね~。
意外と硫黄の匂いもなく、あっさりと美味しく頂けます。
みのう山荘
それにしても、お風呂から見える景色・・・湯船にまで青空が広がっていました。

みのう山荘お風呂から上がると何やらモクモクと煙が立ち上っています。そう、源泉の蒸気を使った温泉卵を作っていたのでした。地元の養鶏農家で作られた新鮮な赤玉子を地熱を利用した蒸し器に入れて5分ほどで出来上がり。
1個60円だそうです。


みのう山荘でも3個からの注文なので食べきれない私たちはお風呂上りのソフト・クリーム!!
「巨峰ソフト」です。
これがまた口に入れると思わず
「きょほーーーーーーーーー!!」
と叫んでしまいたくなるぐらい巨峰の味と香りが口いっぱいに広がります(笑)。そう、ここ田主丸は巨峰の誕生の地なんですねー。

福岡市内から1時間弱でこんな素敵な場所に来れるなんて・・・病み付きになりそうです(笑)。

みのう山荘『みのう山荘』
■住所:福岡県久留米市田主丸町森部1206
■電話:0943-74-1268
■料金:展望風呂(大人700円・子供300円)
     家族風呂(60分)・・・露天付き2,500円・内湯1,500円(1室)
■時間:AM11:00~PM9:00 毎週木曜日定休日


見も心もゆったりした後、車を少し走らせると・・・何やら民家が・・・
ストロベリー・フィールズストロベリー・フィールズストロベリー・フィールズ
どう見ても普通の民家にしか見えませんが、実はココ民家を改造した『ストロベリー・フィールズ』という和カフェ。
築80年という普通の民家を使用しているこのお店は、元々は久留米市の六ツ門で17年間も営業されていたそうですが、去年9月にここ田主丸町に移転したそうです。
店内で売られているケーキは手作りで、同じく手作りの天然酵母のパンが大人気。
メニューもフレーバー・ティーやハーブティーなど、全部で20種類以上もあって、カップ3杯分くらい入ってるポットで出てきます。
店内はパンやケーキも売っていて、右端のケーキのネーミングに思わず笑いが(笑)。
風呂上りの火照った身体をアイス・コーヒーで癒しながらまったりとした時間を過ごしました。

シェ・サガラ次に向かったのは田主丸駅近くで、福岡市内からもお客さんがワザワザ足を運ぶというここ最近注目を集めるパン屋さん『CHEZ SAGARA(シェ・サガラ)』
田主丸出身のオーナー・シェフ「相良」さんが作るここのパンは、
全国的なパンのコンクールの中でも“パンのワールド・カップ”とも呼ばれる「クープ・デュ・モンド」で日本の最終選考6人にまで残った程の美味しさ。
シェ・サガラどちらかというとドイツ風のハード系のパンで、外側がサクサク中はフンワリという美味しさがいっぱい詰まったものばかり。
また、以前紹介した『リバー・ワイルド・カフェ』で食べたホットドッグのパンは、ここのオーナーとのコラボレーションで生まれたパンだそうです。
店内にはちょっとしたイート・インのスペースがあり、買ったパンを温めなおしてくれて食べることが出来ます。
目の前には耳納連山の雄大な姿が広がり、余計パンをおいしく感じさせてくれます。

そんな『CHEZ SAGARA』を後にして久留米方面へ向かい、白壁と武家屋敷が残る草野町へ。
この辺りは平安時代から、豪族だった草野氏の城下町として栄え、戦国時代以降は旧日田街道の宿場町としても賑わった場所。
実は家内のルーツの場所でもあるのです。
また、この辺りは「津田寛治」「羽田美智子」主演「瀬木直貴」監督の映画『Watch With Me~卒業写真~』のロケ地でもあります。
そのロケにも使用された『山辺道(やまべのみち)文化館』と、草野町の歴史が解る『草野歴史資料館』へ。
山辺道文化館 草野歴史資料館
「山辺道文化館」は、大正3年頃に建てられた病院を歴史的建造物として保存したもので、国の登録文化財に指定されているそう。
一方「草野歴史資料館」は、明治44年に作られた「草野銀行本店」を歴史資料館として公開しています。
草野氏やその周辺の歴史に関する貴重な収蔵品が展示公開されていました。
草野へ来た際は是非足を運んでみてください。

そんな温泉と雄大な自然と歴史を堪能した帰り道、すっかり日も暮れてきたのでこんな音楽でリラックスしていました。





『Everything But The Girl / The Language Of Life』
01. Driving試聴
02. Get Back Together試聴
03. Meet Me In The Morning試聴
04. Me And Bobby D試聴
05. Language Of Life試聴
06. Take Me試聴
07. Imagining America試聴
08. Letting Love Go試聴
09. My Baby Don't Love Me試聴
10. Road試聴

最近は新譜を出してくれないので非常に寂しいですねー。
「エヴリシング・バット・ザ・ガール」の通算5作目(90年)の作品です。
デビュー・アルバム『EDEN』以来、ネオアコ・シーンをリードするアコースティックなサウンドが特徴だった彼らが、あの「トミー・リピューマ」と一緒に仕事をすると聞いた時は正直驚きましたけど、出来上がった作品は極上のポップ・アルバムでした。
当初は熱烈なファンから「アメリカに魂を売った!」「売れ線狙いに走った・・・」なんて悪口も言われましたけど、AORやジャズの観点からすると非常にクオリティの高い作品と言えましょう。
事実、全英アルバム・チャートで見事10位を獲得し、アメリカでも高い支持を得ました。

最初は「何でトミー・リピューマと?」と思ったんですが、実は『EDEN』の頃からアプローチしていたのは「トミー・リピューマ」の方だったそうです。
その証拠に、集められたミュージシャンも超一流の敏腕ばかり。
「オマー・ハキム(dr)」「ヴィニー・カリウタ(dr)」「ジョン・パティトゥッチ(b)」「ラリー・ウィリアムス(key)」「ジョー・サンプル(key)」「ラッセル・フェランテ(key)」「レニー・カストロ(perc)」「マイケル・ランドゥ(g)」「カーク・ウェイラム(sax)」「マイケル・ブレッカー(sax)」「ジェリー・ヘイ(fh)」そして御大「スタン・ゲッツ(sax)」!!
レコーディングもLAで行われたそうです。

アルバムはシングル・ヒットとなったでスタート。ジャジー且つコンテンポラリーでスムース・ジャズにも通じる仕上がり。途中で聴けるエモーショナルなSAXソロは、あの故「マイケル・ブレッカー」
ポップながら何処かジャジーな「トレイシー・ソーン」のヴォーカルがシットリと響くミディアム・バラード、往年の彼らのサウンドに近いキラキラ系ポップ・ソング④⑨「ジョー・サンプル」のピアノ・ソロが光るジャジーな「ボビー・ウーマック」のカバー、エレクトリックな「リピューマ」色が強く出た「スタン・ゲッツ」の哀愁SAXが暮れ行く夕陽を想像させるラストの・・・と、非常にコンテンポラリーでジャジーな仕上がりとなっています。
フュージョンやAORが好きな方もコレは是非チェックして頂きたいですね☆

彼らはこのアルバムを機にハウスやドラムン・ベースなどクラブ・ミュージックの方向へ向かいますけど、変わったのはバックのサウンドだけで「ベン・ワット」「トレイシー・ソーン」の2人が生み出す音楽は何一つ変わっていないんですねー。

これからの季節のドライブのお供にピッタリな作品です。

ちなみに「トレイシー・ソーン」は今年、1stソロ・アルバム『遠い渚~ア・ディスタント・ショア』以来25年振りとなるソロ・アルバム『アウト・オブ・ザ・ウッズ』を発表。
エレクトリックなサウンドを用いたニュー・ウェイヴっぽい作品に仕上がっています。
個人的には・・・「??」でしたけどね(笑)。


POPS | コメント(16) | トラックバック(1)
コメント
「きょほーーーーーーーーー!!」にくぎづけですワ(笑)
おひさしぶりのコメントがこんなんですみませんm(__)m

大阪にも「みのう」という地名があるんですよ。
箕面と書きます。読み方は「みのお」ですが「みのー」と聞こえます。
山々に囲まれ、温泉と滝が有名なのでご存知かも・・

あぁぁー みゅーさん、また美味しそうなものを....
のんびりされたようでよかったですね♪ 
どうぞお体に気をつけてお仕事してくださいね!.

豪華なお食事に、豪華なメンバーの音楽....
良いですね~
♪ゆめさん。
こんにちは!コメントありがとうございます。

>「きょほーーーーーーーーー!!」にくぎづけですワ(笑)

いやいや、マジで巨峰の香りと味がスゴかったんです!!
本当に美味しかったなぁ・・・。
大阪の「箕面」は存じ上げております。
箕面大滝で知られていますね。温泉もあるとか。
関西へはなかなか行く機会が無いんですけど、一度訪れてみたいです。


♪かおるさん。
コメントどうもです!
本当にのんびり出来たプチ・ドライブでした。
今日もまだ温泉が身体に効いてます(笑)。
今回の旅行はそんなに豪華な食事じゃなかったですけど、環境が良すぎて何を食べても美味しかったですよ!
うわぁ~!!鴨!!
わたし、鴨が大好物なんです。
鴨なべ、鴨南そば、小鴨のロースト....
ううう、よだれが....(じゅるッ)。
私も ゆめさんと同じ箕面を思い出しました

確かみのお山荘って言う温泉旅館?もあるはずです
箕面の温泉も泉質はとってもいいですよ~

相変わらず美味しいものに温泉に癒されまくってますなぁ~ (笑)
私もこの前キャンプの帰りに田主丸通ってかえってきました。
あの街は友人の実家もあり、昔からなじみもありましたが、
温泉はしりませんでしたよ~!!
風情アル町並みで私も好きです。

ストロベリーフィールズ、久留米の六つ門にあったんですか?
昔はあのあたりウロウロしてましたが。

オータムンドライブ、私も行きたい気分です。
Musicmanさん、こんばんは♪(・∀・)/
温泉レポ楽しませていただきました!

「きょほーーーーーーーー!!」に「これでモカ」ですか。
やられましたね。先日、座布団3枚頂戴いたしましたので、
倍返しの6枚進呈させていただきます。m(_ _)m

こちら(神奈川)では、温泉といえば箱根です。
近々、日帰りで行って来ようと思ってます♪…と言うか、
Musicmanさんのレポで、旅心を触発されてしまいま
したもんで~。と、いうワケで長文失礼仕りましたん。
こんにちは。
EBTGは良いですね~。と言いつつ、このアルバムしか知りません(笑)
洋楽に疎い私が、トミー・リピューマのプロデュースというだけで購入した
アルバムなんですが、見事に大当たりでした。
今ではお気に入りの1枚になっています。

拙い記事ですがTBさせて下さい。
♪7さん。
鴨好きですか?
この鴨すき重は本当に美味しかったですよ~。
私も鴨大好きです!
どちらかというと洋食系ですが。


♪ekoさん。
コメントどうもです!

>確かみのお山荘って言う温泉旅館?もあるはずです
>箕面の温泉も泉質はとってもいいですよ~

へーそれは偶然ですね~!!
ここの温泉も湯の花が浮いていて良かったですよー。
なんと言っても景色が☆

>相変わらず美味しいものに温泉に癒されまくってますなぁ~ (笑)

いえいえ、普段が癒されていないので(笑)。


♪minminさん。
minminさんも田主丸お好きですか?
最近は何軒か温泉施設が出来ているようです。
草野の風情ある街並みは本当に癒されます。

>ストロベリーフィールズ、久留米の六つ門にあったんですか?
>昔はあのあたりウロウロしてましたが。

みたいですねー。私も知らなかったんですけど。
でもここに移って正解だと思います。
周りの風景と一体化してますし。


♪ヤセガエルさん。
コメントありがとうございます。

>「きょほーーーーーーーー!!」に「これでモカ」ですか。
>やられましたね。先日、座布団3枚頂戴いたしましたので、
>倍返しの6枚進呈させていただきます。m(_ _)m

ハハハ!!ありがとうございます。
関東はやはり箱根ですよね。
私は九州以外の温泉に行ったことがないので、一度訪れてみたいです。

長文・・・大歓迎ですよ~☆


♪kaz-shinさん。
こんにちは!
「EBTG」・・・通称「海老天バター・ガール」は、『EDEN』から聴いているので、このアルバムが発表されたときは正直戸惑いました。
でも聴けば聴くほどイイんですよねー。
さすが「トミー・リピューマ」です。
TBもありがとうございました!!
秋のドライブ、気持ちよさそうです。
musicmanさん、こんばんは。
田主丸ってまだ行ったことないのですが
景色もきれいだし意外と観光スポットも多そうですね。
私も次の連休にはぜひドライブしてみたいです。
あと、個人的に吉井十八、きになってますよー。
こないだ某TV番組のち○りぐるで
某レポーターさんが絶賛されてたもので!(笑)
musicmanさんが食された鴨すき重も
さぞおいしかったのでしょうね^^
東京X
Musicmanさん、美味しい話題大歓迎です。
先日のリバーワイルドさんに続いて「吉井十八」さん。
まだ食べてません。いや、行くには行ったことがあるんですよ。

ずいぶん昔なんですが、店に入るとお客さんが全然いなくて、なんとなく入りずらく、
「すんません、また来ます」とおいとましてしまいました、笑。

その後、東京Xとかでテレビでも話題になり、今度はお客さんが多くて入れない。
そのうちお店のことを忘れていました。アハハハ。
おかげで思い出したのでねまた行ってみようっと!
「鴨すき重」もくもくたる湯気に、温泉の湯気・・
ほくほくとした真新しい秋三昧でしたね~。
木の木目から、檜の香りがしてきそうですゎ。
温泉。。。はぁ。。。あったまりたいどすえ。
福岡は、いろんな見どころがありますね。^^
♪lulurさん。
田主丸は福岡でも果物の里として知られています。
特にこの山苞(やまづと)の道は両方を果樹園に囲まれた道でとっても気持ちがいいですよ!
是非連休に訪れてみては如何でしょうか?

「吉井十八」は東京Xで話題になっていますね。
私もまだ行った事無いんですけど、次回は訪れてみようと思っています。


♪baliさん。
2つもコメントありがとうございます。
私も「吉井十八」さんは行ってません。
次回は東京Xのしゃぶしゃぶに挑戦しようと思ってます(笑)。
行かれたら感想をブログで紹介してくださいね!!


♪JJさん。
今回のドライブはまさに秋を満喫したドライブでした。
でも肝心の紅葉が・・・(泣)。
今年はかなり紅葉の時期が遅いみたいですね。
福岡にいらした際は是非色んな場所をご案内いたしますよ!!
すっかりご無沙汰をしてしまいました。
金木犀の香りがあちらこちから漂ってきて、秋ですね。

今日、デパートの福岡物産展へ行き、Musicmanさんを思い出しました(笑)
福岡は美味しいものがたくさんありますね。
いつも買うのは、明太子、梅が枝餅、ちっさい餃子などなど…
今日試食をして驚きの美味しさだったのが「めんべい」!コレ、うまいっ(^~^)
お店の人が、地元ではもの凄い人気なんですよーとおっしゃってました。

最近のお気に入りの音楽は
Brian Simpson / Above the clouds






♪Mayさん。
こちらこそお返事遅くなって申し訳ありません。
お元気ですか?
季節のキンモクセイの香りはまだ嗅いでいません(笑)。
大好きな花なのに。

>今日、デパートの福岡物産展へ行き、Musicmanさんを思い出しました(笑)

福岡で私を思い出してくれるなんて・・・うれしい限りです!!
自慢じゃないけど、福岡は本当に美味しいものがたくさんあります。
「めんべい」は最近出来たお土産ですねー。
私も食べましたけどコレはウマイですねー!!
福岡のお土産って、実は明太子以外はあまり無かったんですけど、
この「めんべい」は今後定番となるかも・・・。
「Brian Simpson」の新譜はまだ買ってないんです・・・(泣)。
でもいろんな方のブログで「イイ!!」と紹介されているので、近々購入予定です。
No title
このBLOGみて巨峰ソフト食べに行きました。
コンビニにでも売っているスジャータのフレーバーソフトでしたよ。 何か変わったんですかね??

管理者のみに表示
トラックバック
私のブログには"洋楽系"というカテゴリがあって、たまに洋楽のアルバムを紹介しているのですが、よくよく考えてみると私のブログ仲間の皆さんは洋楽に精通している方ばかり・・・。私の紹介しているアルバムなんて、1970年代後半~1980年代初め頃に流行したAORが
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。