02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

余震が・・・。

2005年03月26日
20050326115904.jpg

福岡地方ではまだまだ余震が続いています。
最初の地震から、今日で丁度一週間を向かえました。
自然に対して人間は無力だという事を、改めて思い知らされました。
やっぱり人間は宇宙という存在に“生かされている”のでしょう。

ま、暗くなってもしょうがないから、ここらでHAPPYになれる音楽を紹介しましょう。

春を春らしく過ごすとっておきの1枚・・・それが
Leo Gandelman / Brazilian Soul』

日本ではイマイチ注目度が低い「レオ・ギャンデルマン」の通産5作目となるアルバム。
この「レオ」は、ブラジルの人気SAXプレイヤー。
クラシックのピアニストとして活躍した母親と、オーケストラの指揮者だった父親を持つ音楽一家で生まれた生粋のカリオカです。
そんな英才教育の家庭の中で育った彼は、わずか15歳でリオの有名なオーケストラに参加。しかし、自分がやりたいことはクラシックではなくジャズだという事に気づき、ボストンのバークリー音楽院に入学し、SAXを本格的に勉強したそうです。

これまでサポートしたアーティストは「ジルベルト・ジル」「ガル・コスタ」「ミルトン・ナシメント」「ジョアン・ボスコ」「ジャバン」「シモーネ」・・・と数知れず。
それだけ信頼度の高いSAXプレイヤーなのです。

ここでご紹介する作品『Brazilian Soul』は、いわゆるブラジリアン・ジャズとは違い、オリジナルに加えて「スティング」「ハーブ・アルパート」そして「ベック」のカバーも収録された、非常にPOPな内容に仕上がっています。

まずは「Herb Alpert」の代表曲「Rise」のカバーで幕開け。
打ち込みサウンドをバックに、いわゆるアシッド・ジャズ風に仕上げたものですが、オリジナルに忠実に再現されていてR&Bファンも必聴のナンバーです。オリジナルではトランペットでプレイしていますが、SAXで奏でる「Rise」もSEXYでイイカンジです。
②③④とブラジリアン・フュージョン・タッチの作品が続き、先ほど述べたは「Beck / Dead Weight」のカバー。
モンドなラウンジ・サウンドの中を怪しげな雰囲気なSAXの調べが漂うカフェ・ミュージック。
は「Sting / Fragile」のカバー。スパニッシュなギターとSAXが良くマッチしています。

基本的には打ち込みとアコースティックなサウンドがバランス良くまとめられていて、「キャンディ・ダルファー」が好きな方も「スタン・ゲッツ」が好きな方にも、両方受け入れられるアルバムです。

春の行楽のお供に如何ですか?。
人気ブログランキング
Smooth Jazz | コメント(2) | トラックバック(4)
コメント
おじゃましまーす
こんばんは。
おじゃまさせてもらいました。
このアルバムは、雑誌『ADLIB』の輸入盤紹介のコーナーで見て、良さそーだなーと思いつつ買わなかったのですが、やっぱり聞きたくなっちゃいました。
私のブログにはバルサさんのところから来てくれたとのことですが、ななっちさんともやり取りしているみたいで、不思議な繋がりを感じます。
福岡の方にお住まいでしたっけ?
遅ればせながら、この度の地震に際し、お見舞い申し上げます。大きな余震が来ないといいですね。新潟県中越地方の余震は落ち着いてきたようですが。
お気に入りブログになりそうなので、よろしくお願いします。
♪まーちんさん。
コメントどうもありがとうございます。
バルサさんからコメントを頂き、そこからまーちんさんのところに遊びに行ったらななっちさんも遊んでた・・・という訳です(笑)。
ほんとこうした繋がりがあるからブログって面白いですね!
余震はほぼ収まりましたが、まだ若干揺れているようです。
でもスマトラで2度目の大地震があったせいか、予断は許さないって所でしょうか。
まーちんさんはじめ、新潟にお住まいの方も一緒に気持ちだと思います。
防災対策万全にしておきたいですね!
>お気に入りブログになりそうなので・・・
なんて光栄です!!!
今後ともよろしくお願いしますね。

管理者のみに表示
トラックバック
ぼくの風邪は治りましたが・・・。なんか最近は「地球」も風邪を引いているように思えてなりません。(^^;最近、なんか熱っぽいし(温暖化)、汗ばっかりかいてます(極地方の氷雪の減少)。ときどき悪寒なのか震え(地震)さえもきてます。まだ、下痢や嘔吐(火山噴火)
久しぶりに車で移動。全然歩かなかったのでちょっと気持ち悪い感じ。脂肪燃えてないだろうなあ。車のCDチェンジャーの1枚目に載せているのがこのアルバム。Brazilian SoulAzymuth / Far Out "Azymuth"というアーチストですが、読めません(笑)。Musicmanさんが
World-Brasil-MPB : ★★★★★ Caca A Raposa 名曲目白押し、再販のチャンスを見逃すな! ジョアン・ボスコ、1975年発表のセカンド・アルバム。ファーストアルバムである「ジョアン・ボスコ」の流れを組んで全曲に渡って詩人で作詞家でもあるアルヂール・ブランキとの
ジョアン・ボスコ (Joao Bosco)サンバ/MPB シンガーソングライタージョアン・ボスコ(1946~)はブラジルのミナスジェライス州で生ま れた。彼の先祖はレバノンからブラジルに来た移民で、曲の中で 時折見せるアラビアンテイストのアレンジもその辺に由来があるの かもしらない
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。