07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

朝日のようにさわやかに。

2008年02月02日
朝日のようにさわやかに
相変わらず寒い日が続いていますけど、皆さん如何お過ごしですか?
この季節はなかなかお布団から抜け出せない方も多いと思います。
私もその一人(笑)。だって寒いの苦手ですし・・・。

昔から“早起きは三文の得”と言います。
「早起きをすると何かと得をすることがある」という例え。
でも辞書で調べてみると、元々は“早起きをしても三文の得にしかならない”の意味で使われていたそうです。

ではこの「三文」っていくらぐらいなんでしょうか?
江戸時代の「かけそば」一杯16文。
現在の新聞にあたる「瓦版」が4文。
これを今の金額・・・「かけそば400円」「新聞100円」としたら1文は25円程度。
つまり75円ぐらいの得があるという事。

「早起きして75円しか得をしないなら寝てた方がいいかも・・・」
なんて思うでしょうけど、1日75円×365日=27,375円!!
こう考えたら早起きしちゃうかも(笑)。

但し、諺で言うところの「三文」というのは、実はお金そのものではなく「油代」・・・つまり今の「電気代」という説が有力です。
早起きをするためには早く寝なければなりません。
早く寝れば灯り(あんどん)使わずに済み、それだけ油代が浮くというのが『早起きは三文の得』の由来のようですねー。

英語でも「The early bird catches the worm~早起きの鳥は虫を捕らえる」といった諺があるように、早起きすると得をするというのは世界共通の考え方みたいですね。


とは言え、それでも私は早起き苦手です・・・(笑)。
Go To amazon!!




『Morgana King / New Beginnings』
01. You Are the Sunshine of My Life
02. Jennifer Had
03. As Long as He Will Stay
04. Sands of Time and Changes
05. We Could Be Flying
06. Like a Seed
07. Song for You
08. Medley: Desert Hush/I Am a Leaf
09. All in All


こんな心地良い音楽なら早起きも楽しくなりそうです。

50年代から主にジャズ畑で活躍し、これまで30枚以上のアルバムを発表している実力派シンガー「モーガナ・キング」の74年のアルバムです。

彼女は音楽以外にも女優としても活躍していて、ご存知『ゴッド・ファーザー』「マーロン・ブランド」演ずるマフィアの首領「ヴィト・コルレオーネ」の妻を演じていました。

そんな彼女が74年に発表したこの作品は、「ヘレン・メリル」の夫でもあり今や名アレンジャーである「トリー・ジト」に加え、当時『CTI』で破竹の勢いだった「ボブ・ジェームス」をアレンジャーに迎え、これまでのスタイルを打ち破るかのようなソウルフルでアコースティックなサウンド。
「スティーヴィー・ワンダー」「ダニー・ハザウェイ」「ポール・ウィリアムス」「ケニー・ランキン」「レオン・ラッセル」といったカバー曲が殆どですが、彼女の朝の光の様な美しいヴォーカルとシルキーでアコースティックなサウンドがマッチして、極上の柔らかい時間を提供してくれます。
中でも美しいストリングスで幕開けするや神々しささえ感じられる、オリジナルとは一味違うドリーミーな仕上がりのなどは、目覚めたばかりの身体を優しく包み込んでくれますよ。

そんな流麗な仕上がりに一役買っているのがやはり「ボブ・ジェームス」のアレンジ力。
このアルバムのレコーディング当時は『TWO(邦題「夢のマルディ・グラ」)』を発表した頃ですから、かなり「クリード・テイラー」の影響も受けていたと思われますが、彼女のビューティフルな声と「ボブ・ジェームス」の相性はピッタリだと思います。


参加ミュージシャンも「ボブ・ジェームス」の繋がりと思われる「アイドリス・ムハマッド(dr)」「デヴィッド・スピノザ(g)」「ラルフ・マクドナルド(perc)」「ヒューバート・ロウズ(flu)」といった凄腕ミュージシャンが勢揃い!

ミステリアスでセクシーなヴォーカルは味わい深く、朝の光の様にキラキラとしたサウンドは、
一足早く春の風を運んできてくれそうです。
朝から幸せな気分にしてくれるこのアルバム・・・貴方もお目覚めミュージックとして是非いかがですか?


AOR | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
横浜も今日は少し寒いかな。みゅ~さん風邪ひかないでくださいね。

さて、モーガナ・キングのアルバム試聴させていただきました。ハマれそうです。

だ・け・ど、朝からこんなアルバム聴いちゃったら、電車になんか乗りたくなくなっちゃいます。脳裏に浮かぶはズル休み(笑) このキラキラ感とエレガントな感じスキー場の朝だったらぴったり~
早起き 私も苦手です(汗)

でも遊びに出かけたときは早起きしたくなったりしますね
朝の空気も違うから

夜は得意なんですけどねぇ
つい寝るのがもったいなくなって・・・

電気代浪費の毎日ですなぁ~^^:
Musicmanさん、コンバンハ!(・∀・)

モーガナ・キングさん、癒されますね~♪
ゴッドファーザーならぬゴッドマザー(?)が、こんな癒し系だったとは
夢にも思いませんでした。( ̄∀ ̄)

ワタシも朝は大変苦手です。
朝の5分と、夜の30分だったら、朝の「…あ~と~5~分~…」
を取るでしょう。

“三十文の得”だったら起きれるかなぁ…??
コレ、私も昨年再発になった時に買いました。
カヴァーしている曲(アーティスト)やボブ・ジェームスに引かれ、視聴したのですが、フォーキーな感じが実に好きです!

朝と聞いて、ケニー・ランキンの『シルバー・モーニング(銀色の朝)』とかいくつか浮かびますが、昔のフュージョンもので、増尾好秋(g)の『グッド・モーニング』っていうアルバム知りませんか?
爽やかな朝をイメージさせるそのサウンドに、当時は結構ハマってました!
はじめまして!
はじめまして!
サックスを始めたばかりで、ジャズやフュージョンを勉強中です。
参考にさせていただいています☆
スティービー・ワンダーが、
あんな透明感のあるステキな曲になってしまうなんて!
ジャズの女性ボーカルはまだ未発掘だったので、
彼女の曲他にも聴いてみようと思います。
またお邪魔させていただきますね♪
♪かおるさん。
コメントどうもありがとうございます。
関東は朝から雪だったみたいですけど、横浜も降ったのかな?
このアルバム、最近知ったんですけど、イッパツで気に入っちゃいました。

>朝からこんなアルバム聴いちゃったら、電車になんか乗りたくなくなっちゃいます。

確かにそうですね(笑)。私も最近朝仕事に行きたくありません・・・。


♪ekoさん。
コメントどうもです。少し落ち着きました(笑)。
早起きできる人って尊敬しちゃいますよねー。

>でも遊びに出かけたときは早起きしたくなったりしますね

そうそう、遠足のときとか(笑)・・・って、いつまで子供なんだか!!
ま、早寝すれば早く起きられるんでしょうけど、私ももっぱら夜型人間なもので。


♪ヤセガエルさん。
コメントありがとうございます。
このアルバムは全編に渡って癒される1枚です。
他のアルバムはかなりジャズしているんですけど、フリー・ソウル系からの支持も高い作品です。

>“三十文の得”だったら起きれるかなぁ…??

ハハハ!三十文だと・・・27万円かぁ・・・だったら起きますよ!!


♪Takuさん。
サスガTakuさん、押さえてますね~!!
私も「ボブ・ジェームス」の名前に惹かれて買っちゃいました。
朝に似合う音楽は沢山ありますけど、「増尾好秋」のアルバムは高校時代に良く聴いてました。
もちろん『Good Morning』も!!
アナログしかもっていないのでCD欲しいです。
「プリズム」の「モーニング・ライト」も朝学校に出かける前に良く聴いてましたね。


♪akoさん。
いらっしゃいませ!!初めまして。嬉しいです、初めての方がいらっしゃるのは☆
akoさんは以前から観てくれていたみたいですね。
SAXされるんですか?スゴイなぁ!
私は楽器が全然出来ないので尊敬しちゃいます。
このアルバムはジャズ・・・というよりもAORやフリー・ソウル好きに評価が高く、
最近ようやく再発されました。
是非チェックしてみてくださいネ!!
今後とも宜しくお願いします。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。