04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

新緑の旅④

2008年05月06日
朝の光の中で
翌朝は晴天!!気温もどんどん上昇中です。
普段は朝弱いのに、こういう旅行の時って何故か早起きしてしまうんですよね(笑)。
朝食までもう少し時間があったので、今度は貸切り露天風呂へ。
貸切り露天風呂貸切り露天風呂貸切り露天風呂
朝日を浴びた湯煙と小鳥たちのさえずり、そしてお湯加減が丁度良くて思わず長湯しちゃいました。

朝から贅沢なひと時を過ごしお部屋に戻ると朝食が運ばれてきます。
朝食夕べ散々食べたというのに、何故かお腹が空いている私たち・・・。
やっぱり“食いしん坊夫婦”だという事を改めて認識しました(笑)。
朝食は意外と少な目。
これも夕べの食事の事を考えての量なんですね。
あまり知られていませんが、実は大分はお米が美味しいんです。
ここのご飯は本当に美味しくて朝から3杯もお代わりしちゃいました!!

チェック・アウトまでもう一風呂。
内湯と露天風を満喫して時間目一杯ここの旅館を満喫させて頂きました。

楓の小舎『楓の小舎』
住所:大分県由布市湯布院町川上1270-28
電話:0977-28-8181
地図:ココをクリック





宿を後にした私たちは、由布院散策へと向かいました。
由布岳
この日(5月3日)からゴールデン・ウィーク後半戦に突入したという事もあって、朝から由布院は大混雑状態!!
お土産店が立ち並ぶ「湯坪街道」は、まるで日曜日の原宿・竹下通りかと思うほどの混雑ぶりでした。
しかし何度も訪れている私たちは、お土産店でごった返す場所を避けて裏道を散策。
川沿いをテクテク歩いていくと上の写真の様な絶景が満喫できます。
せっかく由布院に来たんだから自然を満喫しなきゃね!

その後、由布院では絶対にハズせない『亀の井別荘』に隣接するカフェ『天井桟敷』へ。
天井桟敷天井桟敷ここは由布院第1号の喫茶店なんです。
江戸時代の造り酒屋を移築した店内にはグレゴリオ聖歌が流れていて、窓から見える新緑が眩しいとっても落ち着く場所。


井戸水で淹れた深入りのコーヒーも美味しいんですけど、クリーム・チーズをホイップ・クリームとレーズン、粉糖でデコレーションした由布岳を模った「モン・ユフ」が超オススメ。
モン・ユフ深い味わいのクリーム・チーズがお口いっぱいに広がり「コレを食べなきゃ由布院に来た意味が無い」と言い切っちゃうほど美味しいですよ!

それにしてもココは時間がゆっくり進んでいる様な錯覚に陥ります。
気忙しい日常を離れてこうした“くつろぎの時間”って大切ですね。

お店を出ると新緑が出迎えてくれました。
由布院由布院

その後、再び車に乗り込み、国道216号線を湯布院IC方向へ向かいます。
檪の丘インター・チェンジの手前を左折し、S字を描くように急傾斜の道路を登って行くと辿り着くのが『ピッツェリア檪の丘(くぬぎのおか)』
(「さっき朝食とデザート食べたばかりじゃん!」というツッコミは無しね・・・笑)
標高およそ600メートルの小高い丘に立つこのお店は、本場イタリアから運んできた材料で作った石釜で焼くピザ・レストランです。もちろんピザ職人もイタリアで修行。
本格的なピザを味わえるとあって、ここ最近注目を集めているお店です。

店内は座席が約36席ありますが、やはりここの特等席はウッド・テラス。
檪の丘大分自動車道を眼下に、由布院の町と聳え立つ由布岳が一望できます。
メニューはピザとパスタ、それにサラダやハムなどのサイド・メニューのみ。
チーズ好きの私たちは「モッツアレラ」「ゴルゴンゾーラ」「タレッジョ」「パルミジャーノ」の4種類のチーズを使った「クアトロ・フォルマッジ」と、2種類のチーズにジャガイモをトッピングしオレガノとローズマリーのハーブを散りばめた「パターテ・フォルマッジ」のハーフ&ハーフをオーダー。
こういうレストランでハーフ&ハーフが出来るのは嬉しいですね!

檪の丘チーズのいい香りはもちろん、パリパリでモチモチっとした生地も石釜焼ならではの味わい。
「クアトロ・フォルマッジはお好みでメイプル・シロップをかけて下さい」
と言われて
「えー!本当に~!?」
と疑いつつも試してみると・・・おー!!これはウマイ!!
まるでパンケーキの様に変化。
ゴルゴンゾーラの臭みやチーズのしつこさも消えて何枚でも食べられそうです。これは皆さんもゼヒ試してみてください。

ココはパスタも美味しいと評判ですが、何と言ってもここのメイン・ディッシュはやはりこの景色でしょうね。
春は新緑、夏は青空、秋は紅葉、冬は雪、そして夜は夜景・・・と一年中その姿を変えて楽しませてくれそうです。
由布院の花火大会の時は特等席とおっしゃっていました。
檪の丘
『ピッツェリア檪の丘』
■住所:大分県由布市湯布院町川北893-1
■電話:0977-85-4007
■時間:11:00~14:30 17:30~20:00
■店休:水曜日 第2第4火曜日



さて、またまたお腹を満足させた私たちは、ちょっと遠回りして今度は安心院方面へ。
(覚えていますか?安心院の読み方・・・笑)
途中でちょっと寄り道して「東椎屋の滝(ひがししいやのたき)」へ。
国道500号線から1キロほど入った山奥にある滝で“日本の滝100選”に選ばれているそうです。
駐車場に車を止めて川沿いの山道を歩くこと10分。
東椎屋の滝東椎屋の滝すると滝の真下に到着。高さ85メートルの断崖を垂直に落ちる雄大な滝で、昔から観音信仰の霊場となっていた場所だそうです。
高さの割には水量が少ないので滝つぼに落ちる頃には霧状になっているので、マイナス・イオンが大量に発生している様です。
但し、渓流の美しさを楽しみながら歩くことが出来る歩道は整備されておらず、湧き水で道がジメジメしているので滑らないように注意しなければなりません。
ハイヒールはちょっとムリかな。

さて、大分県の北部に位置する安心院町は、2005年の市町村合併によって宇佐市安心院町となりました。
自然に恵まれた盆地という地理条件も手伝ってブドウの栽培が盛ん。
そのブドウを使ってワイン製造でも知られる町なんです。
滝を後にした私たちは一路『安心院葡萄酒工房』へ。
安心院葡萄酒工房

到着した時間が遅かったせいもあって、工場見学も出来ませんでしたけど、展望台から見る景色は本当に癒されました。
せっかくなので売店でワインを買うことに。
安心院ワイン
日本のワインは甘口が多いのでこれまで敬遠してきましたけど、私が選んだのは『イモリ谷シャルドネ2005』というシャルドネ種のブドウから作った辛口ワイン。
ここ安心院の山里にイモリの形をした「イモリ谷」という谷があって、そこで栽培されたシャルドネを100%使用したワインだそうです。
値段は一本2400円と国産ワインにしてはちょっと高めですが、深い味わいとキリッとした切れ味の良いワインでした。
ちなみに2007年に「第5回 国産ワインコンクール」で銀賞を受賞したそうです。
ボルドーの白ワインが好きな方にはオススメですよ。

さて、この日の大分地方の最高気温は・・・30度!!
どおりでアツイと思いました。
ガソリン節約の為にクーラーを入れていなかったので背中は汗ビッショリ!!
またまた一風呂浴びたくなり、車は日田方面へ。
せんらく温泉
日も暮れて到着した場所は日田市小ヶ瀬町に最近出来たという貸切り家族風呂『おがせ天然湯せんらく温泉』
ここは目の前がすぐに玖珠川という絶好のロケーション。
川のせせらぎを聞きながらゆったりとくつろぐことが出来ます。
せんらく温泉ナトリウム炭酸泉の露天大浴場と8戸の家族風呂があり、家族風呂は岩・切石・檜の3種類で、私たちは切石風呂に入ってきました。
お湯は毎回入れ替えで、掛け流し。
お金を払うとタイマーを貸し出され、自動的にお湯が出てきます。
お値段も50分間で1680円とお得です。
お湯は少しヌルっとした肌にまとわり付く感じで、いわゆる美肌の湯ですね。
本当は昼間の方が景色もいいんでしょうけど、夜は夜で暗闇の中は昼間よりもせせらぎの音が大きく聞こえてきて自然との一体感を味わえます。
普段は「カラスの行水」の私もココでは50分間目一杯お湯に浸かっていました。

せんらく温泉『おがせ天然湯せんらく温泉』
■住所:大分県日田市小ヶ瀬町2750
■施設:露天風呂2ヶ所(男湯1・女湯1) 家族風呂8ヶ所
■料金:露天風呂600円 家族湯1680円~1800円(50分)
■時間:平日11:00~25:00 土・祝日10:00~25:00 日曜10:00~0:00
■電話:0973-25-6303




ゆったりとお風呂に入ったらまたまたお腹が空いてきました。
(どんだけ食べるんだよ!!)
そこで日田の「サッポロビール工場」の下にある『琴平温泉ゆめ山水』へ。
焼肉天ヶ瀬にある『山荘天水』の姉妹店の立ち寄り湯なんですが、ここの敷地内にある炭火焼のお店で焼肉を食べようと思い立ち寄ったんですけど、玄関に入ろうとした瞬間に
「すみません今日は終わりました・・・」
ま・・・マジですか!?
「お肉だけ食べに福岡から来たんですけど・・・」と残念そうに言うと
「ちょっと待ってください。厨房に聞いてきます!」そして「何とか大丈夫だそうですのでそうぞ!」と快く案内されました。
焼肉焼肉焼肉
焼肉焼肉焼肉
注文したのは「カルビ」「ロース」「豚トロ」「地鶏」「ウィンナー」が入った「焼肉2人前盛り(2500円)」「丸腸」「ユッケ」そして「ビビンバ」
お風呂に入るとお腹空くんですよねー(笑)。
本当はゴールデン・ウィークという事もあってその日のお肉は完売していたそうですが、明日用のお肉を回してくれたそうです。
味や料金というよりも、こんな心遣いが本当のサービスというヤツですよね。

・・・という事で、私たちの一泊二日の温泉旅行もそろそろ終わり。
新緑が眩しい季節に美味しい料理と温泉で本当に癒された2日間でした。

走行距離420キロという相変わらずの遊び倒した長旅でしたけど、

「“ニューヨーク”よりも“入浴”を選んで良かったなぁ・・・」

と思いながら家路へ向かう車の中ではこんな音楽に癒されていました。
Go To amazon!!



『Bob James / Joy Ride』
01. Take Me There試聴
02. Raise The Roof試聴
03. It's All Right試聴
04. Swingset試聴
05. Joy Ride試聴
06. What's Up試聴
07. Fly By試聴
08. The First Time試聴
09. Strollin'試聴
10. Sweet Talk Me Now試聴
11. Trade Winds試聴
12. Bisso Baba試聴

温泉宿だけ決めて後は行き当たりばったりの今回の旅行は、まさに“ジョイ・ライド”という言葉に相応しい旅でした(笑)。

「ボブ・ジェームス」が99年に発表したこの作品は、全曲他のミュージシャンにプロデュースさせて、自分はあくまでもプレイヤーに徹したというアルバム。
プロデュースを担当したのは盟友「マイケル・コリーナ」に、スムース・ジャズ・シーンでは外せない「ポール・ブラウン」「チャック・ローブ」「ボブ・ジェームス・バンド」のSAX奏者でもある「デヴィッド・マクマレー」「ネイザン・イースト」の弟「マルセル・イースト」、そして「ハーヴィ・メイソン・Jr.」
しかも殆ど今日を提供してもらっていて、本人は3曲しか携わっていません。

夜の始まりを思わせる「チャック・ローブ」作の「ボニー・ジェイムス」のSAXが艶っぽい「ポール・ブラウン」プロデュースによる「リッキー・ピーターソン」作のスロー「フォープレイ」のアルバムに入っていそうな「チャック・ローブ」との共作曲、「ボブ」自身のペンによるタイトル通りドライブ感溢れる、フェンダー・ロースの音がアーバンな雰囲気を醸し出す「ブライアン・カルバートソン」「ポール・ブラウン」の共作曲「フォープレイ」から「ボブ」「ハーヴィ」「ネイザン」の3人が共演したスケールの大きな、リズミカルでありながらノスタルジックな「クリス・ボッティ」のミュート・トランペットがムーディーな、アトランタで活躍するフィメール・ラッパー「ラシーダ」をフィーチュアしたヴォーカル・トラック(「フォープレイ」の名曲「バリ・ラン」のフレーズをサンプリング!)「ジョナサン・バトラー」のギターがそよ風を運んできてくれる「リチャード・ボナ」作による凝ったアレンジが特徴の・・・と、他のアーティストが書いているにもかかわらず、どの曲も「ボブ」の曲に聴こえてくるから不思議です。

参加ミュージシャンも「リー・リトナー(g)」「ネイザン・イースト(b)」「ハーヴィ・メイソン(dr)」の「フォープレイ」のメンバーを始め、「キム・ウォーターズ(sax)」「チャック・ローブ(g)」「ウィル・リー(b)」「ボニー・ジェイムス(sax)」「ティム・ハインツ(key)」「レニー・カストロ(perc)」「ノーマン・ブラウン(g)」「デヴィッド・マン(flu)」「リチャード・ボナ(b)」「ブライアン・カルバートソン(key)」「グレッグ・カルーキス(key)」「マイケル・トンプソン(g)」「ジェリー・ヘイ(horn)」「クリス・ボッティ(tp)」「ジョナサン・バトラー(g)」「マイケル・コリーナ(key)」と、スムース・ジャズ・シーンで大活躍する人物ばかりが勢揃い!!

このアルバムを発表した時は『フォープレイ4』を発表したばかりという事もあり、初めてこのアルバムを聴いた方は「フォープレイ?」と思っちゃうくらいソレっぽいですけど、やはりそこは様々なプロデューサーを迎えただけに新たな発見があるかも。

残り少ない休日に、凡庸のスムース・ジャズとは一味違う彼の音楽に身を委ねてみてはイカガですか?

そんな「ボブ・ジェームス」は、昨年日本で行った「デイヴ・マクマレイ(sax)」とターン・テーブリスト「DJスウィフト」とのスペシャル・ユニットでアルバムを製作中。
また「フォープレイ」の新作が今年の夏にリリースを予定しています。
こちらも楽しみですね!

Smooth Jazz | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは♪
湯布院へ行かれてたんですねぇ。何とも羨ましいです!
いつか亀の井別荘に泊まるのが夢なんですが、お金が無いので難しいです(笑)
九州っていうと、焼酎のイメージですが、ワインも有名なんですね(驚)
♪ikuyoさん。
こんばんは!
久々の由布院でしたのでまったり楽しみました。

>いつか亀の井別荘に泊まるのが夢なんですが、お金が無いので難しいです(笑)

ですよねー。亀の井は一人5万円ぐらいかかるので・・・。
私は「玉の湯」は泊まったことがあるんですが、「亀の井」はまだ無くて。
いつか「無量塔」も泊まってみたいです!

>九州っていうと、焼酎のイメージですが、ワインも有名なんですね(驚)

そうなんです。意外でしょ?
九州は盆地が多く朝晩の寒暖の差が大きいのでブドウの栽培に適しているんです。
「巨峰」も開発されたのは福岡ですし。
なのでワインの製造も必然的に盛んなんでしょうね。
ゼヒ一度九州へ遊びに来てくださいね!!
わ!最後の最後にお肉が出てきたよ~
ダメと言われても一応は言ってみるもんですよね。
私も過去に代官山のお菓子やさんでそんな経験をしたことがあります。
Musicmanさんご夫婦の遠出日記は美味しいものといいお宿が欠かせないので、私は大好きなシリーズ(?)なんです。

で旅の締めの音楽はボブ・ジェームス。
さすが・・・
久しぶりのコメントです!
転職してから仕事が楽しくって遊びが止まってるmikaです。

素敵な旦那様であり、いつまでも素敵な彼って感じがとてもうらやましいです。
Muさんが紹介してくださる場所には必ず行くと決めてるので、
今回の場所もぜひ行ってみますね^^
かなりかなり素敵デス(* ̄∇ ̄*)
私も由布院に行く予定があるので、参考にさせてもらいマス(〃ー〃)
ワインが気になります・・・かわなくちゃデスネ♪♪
やっぱ、みゅ~さん凄いわ!
一気に全部読ませて、行ってみたくさせちゃうし、食べてみたくしちゃうし…
そして、何より素敵な音楽!

でも、毎回これだと疲れますから、また暫くは、短編にしてしてくださいね!(笑)
♪ちひろ@福岡さん。
やっぱり〆は肉ですよね(笑)。
何故か温泉に入るとお肉が食べたくなるんです・・・。

>ダメと言われても一応は言ってみるもんですよね。

そうそう。でもなかなかココまで愛想良くサービスしてくれるお店はありません。
本当に素敵なお店だと思います。

>Musicmanさんご夫婦の遠出日記は美味しいものといいお宿が欠かせないので、私は大好きなシリーズ(?)なんです。

そういっていただけると本当に嬉しいです。
普段はなかなかココまでの大作(?)を書く時間が無いので、たまには。
シリーズ化します(笑)。


♪mikaさん。
コメントありがとうございます。
お元気でしたか?

>転職してから仕事が楽しくって遊びが止まってるmikaです。

いいことじゃないですか!仕事が楽しいって大事なことだと思います。

>素敵な旦那様であり、いつまでも素敵な彼って感じがとてもうらやましいです。

そんな事言っても何も出ませんよ(笑)!!
今回紹介した場所は本当にいいとこばっかりだったので、マジでオススメです。
参考になればいいんですけど・・・。
またいつでも遊びに来てくださいね☆


♪みしゃこ☆彡
コメントどうもありがとうございます。

>私も由布院に行く予定があるので・・・

本当ですか?丘の上のピザ屋さんは本当にオススメです。
素敵な景色が楽しめますよ!
それと「モン・ユフ」は絶対に食べたほうがいいです!!!
よかったら感想聞かせてくださいね☆


♪Takuさん。
全4部にコメント・・・ありがとうございます。

>一気に全部読ませて、行ってみたくさせちゃうし、食べてみたくしちゃうし…
>そして、何より素敵な音楽!

伝えたい事が沢山ありすぎてこんなに長くなっちゃいました・・・。
でも最後まで読んでいただいて感謝です!

>でも、毎回これだと疲れますから、また暫くは、短編にしてしてくださいね!(笑)

ハハハ!はい。しばらくは短編でいきます(笑)。
次の長編は夏ぐらいでしょうね!
待ってました、旅シリーズ。
お久し振りです。もうすぐ妊娠8ヶ月のはるです。今回もお腹が鳴ってしまいそうな内容で(笑)
実は私も、夫婦2人きりの最後?の旅行という事で、3日から思い切って大好きな阿蘇・くじゅうまで行ってきました。musicmanさんの旅シリーズで知った「戸無のそば屋」。去年の夏に行ってとても気に入っていたので、今回もバッチリ行ってきました。やっぱり美味しかったですー!それとシェ・タニのケーキバイキングも。最終日は唐津へ寄ってイカまでも…食べ過ぎですね(^-^;)阿蘇やくじゅうは涼しいものだと思ってましたが、3日は本当に暑かったですね。30度には驚きました!
楽しくて楽しくて、お腹の赤ちゃんを少し忘れてしまうくらいの旅でしたが、あの大自然のエネルギーを吸い取ってたくましい男になっている事を願います(^-^)
グルメな旅シリーズ、また楽しみに待ってます♪
♪はる。さん
こちらこそお久し振りです!
おー!もう8ヶ月ですか!?予定は7月?楽しみですねー。

おやおや、私のブログで紹介したお店巡りされたんですね。
参考にしてくださるのが本当に嬉しいですし、満足されたようで何よりです。
でもかなり食べた様ですね~。
ま、お腹の子供と2人分必要ですからね(笑)。

>グルメな旅シリーズ、また楽しみに待ってます♪

はい!頑張ります(笑)。
元気なお子さんを生んでくださいね!
産まれたら是非報告をお待ちしています☆
こんばんは。
遅ればせながら湯布院の旅、こちらまでたのしませてもらいました!
湯布院に行くならやっぱりモン・ユフははずせないんですね。
待つのが苦手な田舎もんなもので前回惜しみつつもスルーしてしまいました。
日田の琴平温泉にも行ってみたいなあ。お風呂もよさそう、お肉も美味しそう~
それにしてもめちゃくちゃ充実した小旅行ですね。
うちのオットにも見習ってもらいたいわ(爆)

わが家はGW、これといって遠出はしなかったのですが
かわりに来週、母と奈良・京都にちょっとだけおでかけ予定。
じつは奈良も京都も初めてなのでわくわくです。
とりあえずMusicmanさんのサファリ並に鹿にまみれてきますね♪
♪lulurさん。
こんにちは!ご無沙汰しております。
コメントどうもありがとうございました!
由布院はやはり「モン・ユフ」はハズせません!!
「これを食べずして由布院を語る無かれ」って感じです(笑)。
もちろん「Pロール」もネ。
日田の「琴平温泉」は本当にオススメです。
家族湯もあるし、食事も出来るし、3~4時間はココで楽しめます☆

おー!京都・奈良ですかぁ。
いいですねー。中学校の修学旅行以来、行ってません(泣)。
日本情緒や風情があっていいですよね。
心からゆっくり出来るんじゃないでしょうか?
お帰りの際は是非ブログでご報告してくださいね!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。