04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

メロウな午後の平日。

2008年06月05日
火曜日から東京出張でした。
仕事がいつもよりも早く終わったので、いつもお世話になっている「怪鳥」さんのお店『MUSIC & BAR BREEZIN’』へ半年振りに襲撃(笑)。
前もってブログで告知して頂けた事もあり、これまたいつもお世話になっている「Y」さんと「Z」さんが桜木町までお出迎え!!
まるでVIP扱いです(笑)。

AOR談義に花を咲かせ、あっという間に時間が過ぎ11時頃にお店を出ました。
本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
「怪鳥」さん、そしてわざわざお越し頂きました「Y」さんと「Z」さん、本当にありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます!!

一夜明けて快晴となった東京。以前から行ってみたかったお店でランチと洒落込む事に。
訪れたお店はこんなカワイイ外観のフレンチ・レストラン『BISTRO PETIT SALE(ビストロ・プティサレ)』
BISTRO PETIT SALE

青山通りの『スターバックス』から少し入った静かな路地に佇むビストロです。
まるでフランスの街角にありそうな雰囲気のお店ですね!
赤い外観が目を引くカワイイこのお店での名前“プティサレ”とは、直訳すると「少しの塩」という意味だそうで、フランス料理の「塩漬けの豚肉」の意味も持っています。
そう、ここのお店の名物『プティサレ~塩漬け豚バラ肉とレンズ豆の煮込み』から名付けた店名なんですねー。
残念ながら今回はランチなので食べることは出来ませんでしたが・・・(泣)。

ランチは1200円の1種類だけで、メインをお肉料理かお魚料理を選ぶことが出来ます。
普段は「豆腐」だけで我慢しているので(笑)、「たまにはお肉も食べなきゃね!」と自分にイイワケして頼んだのは『子羊のグリル』
BISTRO PETIT SALE BISTRO PETIT SALE
お肉の焼き加減、付け合わせのお野菜、そして盛り付けのセンス・・・ボリュームもあって大満足!!
また(写真はありませんが)パンがムチャクチャ美味しいんです☆
フランスから輸入したフォカッチャで、モチモチっとした食感が後引く美味しさでした。

BISTRO PETIT SALE
夜はアラカルトも充実していて、でもビストロなのでリーズナブルに味わうことが出来ますし、ワインも充実している様です。
大好きな方とのデート使いや、大勢でワイワイ楽しむにもピッタリ!
店内も気取り過ぎずカジュアル過ぎず丁度良い雰囲気で、またサービスしてくれた女性スタッフさんの愛想もとっても良かったです!!

今度は是非夜に行ってみたいと思いながらお店を後にしたMusicmanなのでした。

えっ?誰と行くのかって? そ・・・それは・・・(汗)。

BISTRO PETIT SALE『BISTRO PETIT SALE』
■住所:東京都渋谷区渋谷2-8-3
■電話:03-3797-3821
■時間:ランチ 11:30~15:00 ディナー 17:30~23:30
■休日:日曜・祝日
■地図:ココをクリック!

Go To amazon!!


『U-NUM / Back From The 80’s (Special Limited Edition)』
【Disc-1】
01. Street Life試聴
02. Breezin' M.A試聴
03. Keep The Faith試聴
04. Slowdown試聴
05. Turn Your Love Around試聴
06. Mister GB試聴
07. Just A Kiss & Goodbye試聴
08. From Overseas試聴
09. I Can't Help It試聴
10. Just Like Real Lovers Do試聴
11. Love Will Find The Way試聴
12. Where Is The Love?試聴

【Disc-2】
01. Love's Taken Over feat. Rahsaan Patterson (BFT80s Remix)
02. Right Here Right Now Phil Perry (BFT80s Remix)
03. Take Da Time feat. Abiodun (The Last Poets) (BFT80s Remix)
04. My Inspiration feat. NYR試聴
05. 'Cos I Do feat. Daddy O & Riverside
06. Blue Mood feat. Leedia試聴
07. Love's Taken Over feat. Rahsaan Patterson (Original Version)試聴

毎回思うのですが、やはり東京にはアーバンなサウンドがピッタリ!
横浜を後にした車窓から見える景色には、こんなアーバン・サウンドで東京の夜景を満喫していました☆

フランスから登場したギタリスト兼コンポーザー「U-NUM(ユーナム)」の2ndアルバム。
日本では殆どの方がご存じないかもしれませんが、本名を「エマニュエル・アビテボウル」というユニークな名前の持ち主。
「U-Num」とはフランス語の「une ame」・・・英語で「One Soul」を意味するとか。
12歳でギターを始め、19歳でパリのスタジオ・ミュージシャンとして活動。R&Bテイストのテクニックとジャズ理論に裏付けられた完成度の高さが認められ、「バリー・ホワイト」「クール&ザ・ギャング」といった様々なアーティストからプロデュースやリミックスのオファーを受け、2005年に1stアルバム『The Past Builds The Future』を発表。
「ラサーン・パターソン」「フィル・ペリー」「NYR」などの実力派ヴォーカリストや「ジェフ・ローバー(key)」「ゲイリー・ミーク(sax)」を迎え、ヴォーカル・ナンバーとインスト・ナンバーを交えたアーバン・グルーヴィーなサウンドを展開。
巷では“フランスのブルーイ(インコグニート)”と言われる程、高い評価を得ました。

今回ピック・アップした作品は、2007年に発表した2ndアルバム。
前作はR&B寄りの作品でしたけど、今作はアーバン・テイスト満載のスムース・ジャズ・アルバム・・・と言っても軟弱で凡庸なスムース・ジャズではなく、アルバム・タイトル通り80年代を髣髴とさせるフュージョン・テイスト満載の作品に仕上がっています。

全米のスムース・ジャズ・ステーションでパワープレイされていた「クルセイダーズ」の代表曲をダンス・ミュージックのフレイヴァーを取り入れてカバーした、タイトル通り爽やかな風が吹いてきそうなフィリー・ソウル風の、軽やかなギターが心地良さを運んでくれる、アーバン・ナイトにピッタリな「ジョージ・ベンソン」の名曲をインストでカバーした、その「ジョージ・ベンソン」の名曲「ブリージン」へのオマージュと思われる、深夜のハイウェイで聴きたいミディアム・スローの「メイザ・リーク」のスキャットをフィーチュアしたライトなジャズ・ファンク「スティーヴィー・ワンダー」「マイケル・ジャクソン」の名曲中の名曲をよりR&Bに仕上げた、打ち込みのシークエンス・トラックが「マーヴィン・ゲイ」「アイ・ウォント・ユー」にも似たセクシーな「ライオネル・リッチー」の2ndアルバム『Can't Slow Down』に収録された曲のインスト・カバー、ラストは「ロバータ・フラック&ダニ・ハザウェイ」の名曲をクールなアレンジでカバーした

ギターの腕前もさる事ながら、オリジナル曲に見られるコンポーザーとしての才能、そして80年代へのオマージュを取り入れたプロデュース・センスには脱帽です。
例えて言うなら“歌わない若きジョージ・ベンソン(笑)”といったところかな!

殆どのトラックを自身でプログラミングしていますが、「ジェフ・ローバー(key)」「マイケル・ホワイト(dr)」「アレックス・アル(b)」「パウリニョー・ダ・コスタ(perc)」「メルヴィン・デイヴィス(b)」「アンディ・ナレル(steel dr)」といった実力派ミュージシャンも参加して花を添えています。

ちなみに今回ご紹介したのはUK盤で、前作『The Past Builds The Future』に収録されていた曲のリミックスを含むミニ・アルバム的なディスクを加えた2枚組み。
中でも「フィル・ペリー」をフィーチュアした【Disc-2】「ボビー・コールドウェル」の名曲「風のシルエット」をサンプリングしたヴァージョンに生まれ変わっていて、AORファンも必聴です。

青春時代を70年代から80年代にかけて過ごした方や、90年代以降のブラック・フュージョンにハマっていた方、もちろん「ジョージ・ベンソン」「ノーマン・ブラウン」辺りのギター・アルバムが好きな方はきっと・・・いや、絶対に気に入るアルバムだと思います。
窓を全開にして走る初夏の高速道路にピッタリなこのアルバムと一緒なら独りで聴いても寂しくないかも・・・(負け惜しみ)。


Smooth Jazz | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
う~ん、軽~いタッチのStreet Lifeも気持ちいいですねー。
選曲・ミュージシャンともに、私には懐かしくて嬉しすぎ、ついつい反応です。
オリジナルだとつい熱くなっちゃう曲も、こんなBGMなら平常心で運転できそう(笑)
この時季の青山~表参道は一雨ごとに緑が深まって綺麗ですね。
そのビストロは知りませんでした。表参道は得意なはずなんだけどなあ(笑)



先日は有難うございました。
各地で「使えるお店の発掘」に余念がありませんね(笑
こんなとこ行ったら、絶対昼からでもワイン飲んでしまいそうです。
危ねぇ危ねぇ。
♪KYOKOさん。
コメントありがとうございます!!
「クルセイダーズ」好きのKYOKOさんは絶対に反応すると思ってました!!
でも一つ前の「ジム・フォトグロ」に反応しなかったのは意外でしたけど・・・(笑)。
オリジナルはヴォーカルも入ってかなりファンクな部分もありますけど、コッチは本当にリラックスできるアレンジで、コレはこれでかなり気に入ってます。

>そのビストロは知りませんでした。表参道は得意なはずなんだけどなあ(笑)

ここはKYOKOさんなら絶対に気に入るお店だと思います。
お店の外観そのままの内容です!!
値段もリーズナブルですし、お友達とランチで使うにはもってこいのお店。
是非いかれてみてはイカガですか!!


♪怪鳥さん。
こちらこそ大変お世話になりました!!

>各地で「使えるお店の発掘」に余念がありませんね(笑

ハハハ!!やっぱり“イザ”という時の為に・・・(爆)!!

>こんなとこ行ったら、絶対昼からでもワイン飲んでしまいそうです。
>危ねぇ危ねぇ。

おーっと!私もついついグラス・ワイン頼んじゃいました(笑)。
やっぱり欲しくなりますよね☆
え?
誰と行くの?^^

一応 突っ込んでおきました 笑
東京に住んでたときは アーバンなサウンドどころではありませんでしたが(子育て真っ最中だったので)今聞くとなんだか懐かしい気持ちになりますね~

やっぱ 東京いいなぁ~
ぶりに行かれた日、電話でご挨拶と思ってぶりに電話したところ、15分違いで出られた後だったとのこと・・・残念でしたがYさんとZさんと久しぶりに電話でお話しました。 私も7月初めにぶりへ出かけようかと・・・京都から・・・(爆) 考えています。 

そうそう例のものホントに遅くなりすみませんでした。 また機会があればお付き合い下さい。

では。
♪ekoさん。
いつもコメントありがとうございます!!

>え?
>誰と行くの?^^

そ・・・そんな突っ込みは・・・(汗)!!

福岡に住んでいると東京のスピードには追いつけません。
でもたまに行くにはいいですね(笑)。
美味しくてオシャレなお店も沢山あるし。
福岡でアーバン・サウンドは似合いません。
ふと見ると田んぼが広がり・・・(笑)!


♪Mr.753さん。
コメントありがとうございます。
そうなんです、後から聴きました・・・電話いただいたこと。
一足違いだったそうで。
でもまたいつかお邪魔することがありますので、その時に都合が合えばいいですね!!

>私も7月初めにぶりへ出かけようかと・・・京都から・・・(爆) 考えています。

うーん・・・今の所予定はありませんが、合わせて行っちゃおうかな!
懐かしい曲のオンパレードに、音遣いやフィーリング、、いいですね~~♪

東京に住んでいても殆ど外食しないので、どこか良いお店ない?と聞かれても全く答えられない私です(^^;)今度カテゴリーで東京編って作ってください!(笑)
あ、今度新しい地下鉄ができて渋谷まで十数分で行けるようになるので、是非私と・・・!(爆)
♪MISAさん。
コメントありがとうございます!!
ね!いいでしょ!このアルバム。
懐かしい曲を上手にスムース・ジャズに変身させて、新しいけど懐かしいアルバムに仕上がっています。

>今度カテゴリーで東京編って作ってください!(笑)

そうですね、最近東京出張が多いのでカテゴリー作ってもいいかもですね。
検討します(笑)。
そういえば副都心線の渋谷駅はオシャレなデザインでした。
工事中なのでちょこっとだけ見たんですけど・・・。

>・・・是非私と・・・!(爆)

こちらこそ!!是非お願いしますね(笑)。
コメント遅くなってすみません。
先日は久しぶりにお会いできて楽しかったです。
あっと言う間に時間過ぎてしまいましたね。
またお会いできるの楽しみにしてますよー♪
翌日はこんな店でランチ?
うらやましいなぁ...
♪よんふぉあさん。
こちらこそ久々の再会、大変嬉しかったです!
本当に「あっ!!」という間の時間でした。
横浜に宿泊だったらもっとゆっくり出来たんですけど・・・スミマセン。
こちらこそまたお会いできるの楽しみにしてます。

>翌日はこんな店でランチ?

ハハハ!グルメはしっかり忘れておりません。
こんばんは。
みゅ~さん、ご無沙汰してます。
お元気そうで☆

U-NUMの文字に反応しました。

2005年の「THE PAST BUILDS THE FUTURE」は購入時によく聴いてました。

Love's Taken Over feat. Rahsaan Patterson と. Right Here Right Now Phil Perryと、 Take Da Time feat. Abiodun は、80年代風になってるんですね。

私も、 「Right Here Right Now 」は特に好きですよ。
「THE PAST BUILDS THE FUTURE」の中で聴いて、まさか「風のシルエット」をサンプリングしたなんて全く知りませんでした。

Rahsaan Patterson や、才能ある方たちとの素敵なアルバムですね。

実は、U-NUMは黒人だと思ってました。よく見たら違いましたね~。
♪berryさん。
こんばんは!こちらこそ大変ご無沙汰しております!!
berryさんもお元気そうで何よりです。

>「U-NUM」の文字に反応しました。

やっぱり(笑)。
1stアルバムは「新世代のブルーイ(インコグニート)」なんて呼ばれていましたけど、
ギタリストとしてのテクニックはもちろん、ソングライティングの能力も高いですよね!
今回ご紹介した2枚組みのアルバムは、ギタリストとしての面とソングライターとしての面の両方を味わえる作品。
リミックス・ヴァージョンもただのオマケにならずに非常にクオリティの高い仕上がりです。
berryさんも是非チェックしてみてください!!
そちらのブログにも遊びに行きますね☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。