09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

新・美味しいお土産。

2008年06月16日
LE PATISSIER TAKAGI

月に1~2度ほど東京出張があるMusicmanですけど、いつも頭を悩ますのが「お土産」
ま、本当は“悩ます”というよりも“楽しみ”でもあるんですが・・・(笑)。
以前『資生堂パーラー』の羽田空港限定商品「プレミアム・ミル・チーズ」をご紹介しましたけど、やっぱり毎回同じものじゃ家内も飽きてきて「今度は別のを・・・」と注文。
渋谷をウロウロしていて私の目に飛び込んできたのが世田谷区深沢に本店を構える『LE PATISSIER TAKAGI(ル・パティシエ・タカギ)』「フロマージュ・ロワイヤル」
『東急百貨店・渋谷駅東横店』「東横のれん街」のショーケースに並べられた色とりどりのスウィーツの中からこのチーズ・ケーキが「おいでおいで!」とまるで手招きしているかのように誘ってくるんです(汗)。

気が付くと支払いをしていました・・・。
金額は2,520円!!「お土産にしてはちょっと高めだったかな?」と思いつつ家に帰って封を開けると、高級感あふれる木箱に入っていて「ワタシ普通のチーズ・ケーキじゃないわよ!」と主張(笑)。
ワクワクしながら木箱を開けると中から芳醇なチーズの香りが・・・。

一口食べて・・・ウ・・・ウマイ!!

持って帰ったときは冷凍されているんですが、解凍時間によって味が変わってきます。
半解凍だとシャリシャリ感を味わえますし、全解凍だとチーズの濃厚さを楽しめます。
LE PATISSIER TAKAGIソレもそのはず・・・ただ、生のチーズケーキを凍らせたのではなく、冷凍用にレシピを開発したからなんだそう。
もちろん製法だけでなく、原材料もこだわりにこだわってるそうです。3ヶ国ものチーズを輸入し、独自にブレンド。チーズ本来の美味しさを最大限まで引き出しています。

また1日目と2日目では冷蔵庫の中でチーズが熟成するのか、濃厚さが変わって来るんですよね~。
まさにトリコになるこのチーズ・ケーキ・・・木箱に入っていることもあってギフトとしても喜ばれるでしょうし、自分のお土産としても大満足する事間違いなしです!!
※お店のHPから通信販売でも買うことが出来るみたいです。
欲しいCDを諦めてまで買った価値があるケーキでした。

また今年青山に「高木シェフ」が総合プロデュースしたスウィーツ・ブティック『ラ・メゾン・ドゥ・タカギ』がオープン!
スウィーツはもちろん、パンやお惣菜、そして夜にはお酒も楽しめるそうです。
フランスではパンやお惣菜も扱って初めて「パティスリー」と呼ぶことが出来るそうですよ。
次回はそちらにも足を運んでみようと思います。



ちなみに家内は「無事に帰ってくれるのがイチバンのお土産!」と言いながらも、
内心は「お土産を無事に持って帰ってネ!」と思っている様ですが・・・。

LE PATISSIER TAKAGI■『ル・パティシエ・タカギ(本店)』
東京都世田谷区深沢5-5-21
■『ラ・メゾン・ドゥ・タカギ』
東京都港区青山2-27-18パサージュ青山1F






Go To amazon!!


Jack Lee & Annekei / Letter』
01. I Miss You More
02. Letter試聴
03. Lately
04. Paper Moon試聴
05. Aguas De Marco
06. Feliciade
07. My Mystery
08. Fragile
09. How Deep Is Your Love試聴
10. Um Sonhador
11. Besame Mucho
12. Llorando


美味しいケーキと美味しい紅茶のティー・タイムには、こんな美しい音楽が似合います。
デンマーク出身の歌姫「アンナケイ」の新作は、何と韓国のギタリスト「ジャック・リー」とのコラボレイト・アルバムとして登場。
先日このアルバムのツアーで来日公演もかなり評判が良かった様ですね~。

さて、それぞれがソロとしても充分実力を持っているだけに、今回のコラボレイトはどんな化学反応が生まれるか、発売前から期待していましたが、いやいや期待以上の出来!
NYで行われた「ボブ・ジェームス」のライブに、たまたま「アンナケイ」が訪れ、そこに居合わした「ジャック・リー」と意気投合。
それが今回のアルバム制作へと繋がっていったそうですから、人と人との出会いは何が起きるか分かりませんね。
基本的には2人でコンセプトからサウンドまで手掛けていますが、そこに「ボブ・ジェームス(key,p)」「ネイザン・イースト(b)」「トニーニョ・オルタ(g,vo)」「チャールズ・ブレンジング(key)」「マーク・レッドフォード(vo)」「レイチェルZ(key)」「メルヴィン・デイヴィス(b)」と言った彼らと交流の深い海外ミュージシャンに加え、日本からも「住友紀人(key)」「納浩一(b)」なども参加。

アルバムは2曲のオリジナルを含む全12曲のカバー・アルバム。
シットリと、それでいてスケール感の大きい「アンナケイ」作のオリジナル「パット・メセニー・グループ」「マーク・レッドフォード」作のナンバーをスムース・ジャズ的な爽やかなサウンドに仕上げた「スティーヴィー・ワンダー」の超名曲をボッサ・アレンジでカバーした、ジャズ・スタンダードで知られるナンバーをオーガニックなスウィング感を加えて表現した「アントニオ・カルロス・ジョビン」の代表曲を「トニーニョ・オルタ」とのデュエットで味わい深く仕上げた⑤⑥「ジャック・リー」「アンナケイ」の2本のギターで弾き語りしたオリジナル曲「スティング」の名曲をボサノヴァ・アレンジでありながら何処かオリエンタルなエッセンスも感じる「ビージーズ」のナンバーをジャジーなボッサ・テイストでカバーした「トニーニョ・オルタ」作のサウダージなナンバーを本人のギターとヴォーカルを迎えて歌った、メキシコの女流作曲家「コンスエロ・ベラスケス」作のスタンダードをギター2本で弾き語りした「ロイ・オービソン」の名曲「クライング」をスペイン語で、しかもア・カペラで歌った子守唄風の・・・と、非常にクオリティの高いナンバーばかりを収録。

元々「ジャック・リー」“超”が付くほどの“パット・メセニー・オタク”(笑)。アルバムにはところどころ「メセニー」を髣髴とさせるギターのフレージングが出てきますが、イマジネイション溢れるアレンジ・センスと、曲によってその表情を変えるギターの音色は、彼女のヴォーカルを最大限に引き出していると言えます。
「アンナケイ」の過去2作は「DIMENSION」「増崎孝司」がプロデュースしていましたが、同じギタリストでも人が違えばこうも変化するものなんですね。

いつもお世話になっているマイミクさんの「Taku」さんがこのアルバムに対して『Takuさん印』という名誉ある称号を与えていますが、それも納得。
ワタシも『みゅ~印』を与えたい位のオススメ・アルバムです。

Jazz | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
いつも愛妻家のみゅ~さん。奥様は幸せですね~ ごちそうさまです(^^)

アンナケイ 北欧独特の感じがありますよね。そしてこの金髪と美肌がなんとなくチーズケーキっぽい(^^;)。。。。
おじゃましますー。
今度東京にいらしたら是非お話したいですね、、、

Letterの面子すごいですねーー。

是非チェックします!
渋谷の各CDショップが週末のホームである私も、買いたいCDを一枚我慢してでも食べたくなっちゃうようなチーズケーキのお話をされているかと思ったら…

おお、アナゴチャン(Anneleiのこと)じゃないですか!
何の名誉もなく、『みゅ~印』の足元にも及ばない『Takuさん印』ではありますが、私も太鼓判な一枚ですので、皆さんもゼヒゼヒ~!(笑)

てか、ご紹介ありがとうございまぁ~す!
あっ、それと、またアナゴチャンにオテテをニギニギしてもらおうと思っていたのに…
今回の来日公演は観に行けず終いで、大変残念でありました。。。(T_T)
♪かおるさん。
コメントどうもです!

>いつも愛妻家のみゅ~さん。

いえいえ、恐妻家なので仕方なくお土産を・・・(怖)!!
「アンナケイ」なかなかいいでしょ!
シットリとしたチーズケーキを思わせる芳醇なサウンドが魅力です。
もちろんこのチーズケーキもオススメですよ~!!


♪Qさん。
コメントどうもありがとうございます!!
いつでもいらしてくださいね☆

>今度東京にいらしたら是非お話したいですね、、、

おー!こちらこそ!!来月また東京出張なので都合が合えば是非。
Qさんはきっとこのアルバム気に入ると思います。
「Jack Lee」のギターは「パット」や「トニーニョ」に影響されているのでテクニックも歌心もあります。
是非チェックしてみてくださいね☆


♪Takuさん。
勝手に名前出してしまってスミマセン!!
このチーズケーキはCD買うの我慢しても買う価値のある絶品ケーキです。

「アナゴチャン」って言うんですか!?
何だかサザエさんの「アナゴさん」の顔を思い出しました(笑)。

>何の名誉もなく、『みゅ~印』の足元にも及ばない『Takuさん印』ではありますが・・・

いえいえ、Takuさんの様な照会文が書けなくて落ち込んでいる次第です・・・。
ライブ私も行きたかったんですけど次回に。
でも福岡なかなか来てくれないんですよね~。
私の分までニギニギしてくださいね(笑)。
素敵なアルバムですね♪
私は“How Deep Is Your Love”が大好きなのでノックアウトです(笑)
こんなアレンジで歌っちゃうなんてお洒落ですね。。
それにめちゃくちゃ美人だし^^
チーズケーキも大好きです♪
両方ゲットしたくなっちゃいました!
♪MISAさん。
コメントありがとうございます!!
ね、なかなかイイでしょ!?

>私は“How Deep Is Your Love”が大好きなのでノックアウトです(笑)

そうそう、私もこのアレンジはかなり好きでして。
是非MISAさんもピアノで挽いてみてはイカガですか?

>両方ゲットしたくなっちゃいました!

ははは!是非ゼヒ!!
musicman さん!
あまりに素敵なアイデアだったので思わずまた登場してしまいました!
実は以前(20代の頃)よくピアノバーやレストランでこの曲弾いていた、ということ思い出しました(笑) 今度はアレンジ変えて弾いてみようと思います。
少し(?)大人になったから、味が出るかも。。(笑)
♪MISAさん。
お返事大変遅くなって申し訳ありません!!

>あまりに素敵なアイデアだったので思わずまた登場してしまいました!

いやいや・・・ただの思いつきだったもので・・・(汗)。
でもピアノで聴く「How Deep Is Your Love」はきっとロマンティックなんでしょうね!
是非アレンジを変えて弾いてみてください。
いいメロディーはどんなアレンジでもいいはずですから!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。