04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

モーニング・グローリー。

2008年07月12日
朝顔

朝ふとベランダを見ると「朝顔」が咲いていました。
出勤前の慌しい時間でしたけど、こんな美しい花を見ていると少しだけ心が落ち着いてきました。

朝顔っていうと小学生の頃、誰もが必ず栽培していたと思うんですが、今もやっているんでしょうか?

打ち水、縁側、セミの声、入道雲、麦茶、そして朝顔・・・日本の夏を演出するこれらのモノが、今なお残っているって素敵なことだと思いませんか?
話題の「iPhone」だの「インターネット」だの世の中便利になってきて、昔のモノが次第に無くなっていく現代社会ですけど、時代が変わってもこうした昔ながらのモノが残っているということは、日本人にとって嬉しい事ですねー。

そんな事を思いながら朝顔に水やりするMusicmanなのでした。
Go To amazon!!


『Toninho Horta / Diamond Land』
01. Mountain Flight試聴
02. Ballad For Zawinul
03. Raul
04. Sunflower
05. Luisa
06. From The Lonely Afternoons
07. Pilar
08. Waiting For Angela
09. Diamond Land
10. Broken Kiss


あの「パット・メセニー」に多大な影響を与えたブラジルはミナス地方出身の孤高のギタリスト「トニーニョ・オルタ」のアルバムは、まるで「朝顔」のようなみずみずしさに満ち溢れた極上のサウンドを聴かせてくれます。

1988年にリリースされた通算3作目のこのアルバムは、彼の昔からの友人であるミュージシャンを起用し、そこに「ジョイス(vo)」「ウェイン・ショーター(sax)」「パウラ・モレレンバウム(vo)」「ジム・ベアード(key)」「リカルド・ヴィラス(vo)」といった実力派ミュージシャンも参加した作品。
ブラジル色を取り入れつつもジャジーな感覚を散りばめ、アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを巧みに使い分けるその音楽センスは、まさに唯一無二の存在と言えましょう。
サウンドは前作を周到しつつも、よりスケール感溢れる仕上がりで、初めて彼の音楽を聴くという方もきっと気に入ること間違いなしです。

まるで潮風を思わせる朝にピッタリなに始まり、「ウェイン・ショーター」のSAXがフィーチュアされたスケール感の大きな、70年代に活躍したブラジル人トロンボーン奏者「ハウル・ヂ・ソウザ」に捧げたというスキャットが華々しい「ロー・ボルジェス」のナンバーをシンプルにアコギとスキャットで表現した夏にピッタリな、彼の愛娘の名前をタイトルにしたゆったりとしたバラード、タイトル通り夏の午後を爽やかに演出してくれる「ウェイン・ショーター(ミルトン・ナシメント作)」のカバー、ミナス地方にある18世紀に栄えた美しい古都に建つ教会をテーマにした美しい映画音楽風の、愛妻「アンジェラ」に捧げた甘く切ないジャジーなバラード、ミナス地方の伝統的なマーチング・バンドのエッセンスを取り入れたフュージョン的な「トニーニョ」「ジョイス」が見事なデュエットを聴かせる午後の水平線を思わせる・・・と、全編“トニーニョ・ワールド”が詰まった良質なアルバム。

目覚めの音楽として、シエスタのBGMとして、もちろん「パット・メセニー」のファンの方にも心地良い時間を提供してくれる1枚です。



MPB | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
てか、みゅ~さん!
デビュー作にて最高傑作との呼び声も高いアルバムが、遂に近々、(輸入盤で)初CD化されるそうです! パチパチパチ…

実は、私も耳にしたことがないんですけどね。f^_^;


パットも同じギター・シンセを良く使ってましたよね。
所持したことはないですが、元ギター少年としても、大変思い入れのある一本だったりもします。


ま、音の感想の方は、他の方へにお願いして…。
今日もタワレコに寄ったら、NY?在住だかのトニーニョ・オルタ系アーティストが紹介されていました。(トニーニョも参加)
試聴器の調子が悪く、時間もなかったので試聴できなかったのですが、ちょっと気になっておりまするぅ~!
忙しくても、ココロのゆとりを失わないみゅーさんを見習わなきゃと思いました。
今年の夏はもう来ない。音楽と共に大切に過ごしたいと思います。
♪Takuさん。
おー!!ついに1stアルバムがリリースされるんですね~!!
ファンはずっと探しているみたいですけど、ようやく聴く事ができますね☆
アナログ盤は丸くくりぬかれた彼の顔が映っているヤツでしたけど、
今回の再発ではCDジャケットなんでしょうか・・・?
これは絶対にゲットせねば(汗)。

>今日もタワレコに寄ったら、NY?在住だかのトニーニョ・オルタ系アーティストが紹介されていました。(トニーニョも参加)

ほうほう・・・それは気になりますなぁ・・・。
何というアーティストだったのでしょうか?
もしかして聴いたかも・・・(笑)??


♪かおるさん。
最近はマジで忙しくて、帰ってもPC開かないことも多くて・・・。
なかなか遊びにいけなくてごめんなさい。
でも朝顔を見ただけで心にゆとりが出ました。
自然界のチカラって凄いですね~☆
ブラジルものも、昔少しかじったんですが…。

Caetano Veloso(スペルあってる?)一枚ぐらい、いまだに持ってたなぁ。
ウチもアジサイがきれいに咲いてますよ~
♪Masatoさん。
ブラジルものはハマるときりが無いので少しのほうがいいと思います(笑)。
お金がいくらあっても足りませんから!!
「カエターノ・ヴェローゾ」は私も大好きなアーティスト。
声の魅力にハマっています。


♪リバーワイルドさん。
お久しぶりです!
リバーワイルドさんちもアジサイ綺麗ですか?
自然がいっぱいある場所だから、四季の移り変わりがわかっていいですね!
こないだ久々に「美美」に行きました。
やっぱりカフェよりも喫茶店のほうが落ち着く年齢になってきたみたいです(笑)。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。