10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

桜を味わう。

2009年03月26日
桜

少し前まで20度を越えていた福岡ですが、ここ最近は10度前後
気温もグっと下がり、まさしく“花冷え”ってヤツですね。
でも福岡の桜は既に8分咲き!!
今週末が見ごろのピークで、来週はもう散ってしまう所もあるようです。

そんな中、所要があり久々に車で海へ。
向かった先は博多湾の入り口に位置する「志賀島」
島と言っても“海の中道”と呼ばれる道路で繋がっているので、福岡市街地からでも車で30分もあれば到着。
島の周囲は12キロメートル。あっという間に一周できます(笑)。
一般的には、後漢の「光武帝」が倭の奴国の使者にあたえたと伝えられる『漢委奴国王』と記された『金印』が発見されたことで知られていますね。

そんな「志賀島」にある「国民休暇村」の施設の一つに、とっても美味しいレストランがあります。
それが『Trattoria ISLAND(トラットリア・アイランド)』
概観

店内 窓からの景色2
青い海を臨む最高のロケーションの店内は、お世辞にもセンスがいいとは言えませんが(笑)、料理の味は自信を持ってオススメできます。
ランチのコースはサラダが付いたパスタかピザが選べる1500円のコースのみですが、今日は季節限定の『桜コース(2000円)』を注文。

まずは前菜。
イサキのカルパッチョ

「サラダ」「イサキのカルパッチョ」
バジルを効かせた、それでいてサッパリした「イサキのカルパッチョ」は、まるで春の風を運んできてくれるような爽やかな味わい。
「サラダ」のドレッシングも手作りなのが分かる美味しさでした。

続いて「ミネストローネ」
ミネストローネ

野菜タップリの具にトマトの酸味が絶妙な味を出していて、春とは言えまだ肌寒いこの時期にはピッタリの一品でした。

そしてメインの「ピザ、パスタ、リゾットの3種盛り合わせ」
メインディッシュ

(昼間から贅沢だな~・・・笑)。
「ソラマメのリゾット」「ホタルイカのパスタ」は、対照的な味でありながらお互いが喧嘩せず、舌に優しい調和を生んでいます。
そして「ピザ」・・・何の「ピザ」か分かりますか?
実は「桜のピザ」なんです!!
「桜の塩漬け」を生地に乗せて焼いているんですけど塩加減が絶妙で、しかも桜の香りがプーンといい香り。
(だから『桜コース』なんですね!)
アンチョビを乗せたピザがありますが、それの“桜版”と言ったら分かりやすいかな。
とにかくコレにはヤラレました!!

そしてデザート。
デザート

「桜のパンナコッタ」「桜のソルベ」
とにかく“桜尽くし”です(笑)。
でも見た目だけじゃなくて、ちゃんと桜を味わえる様にアレンジしており、どれも本当に美味しかったです。
正直コレで2000円は安いと思います。

ここのお店はピザが美味しいことで知られていて、生地の粉やオリーブ・オイルはイタリアから直接仕入れたもの。
そこに「志賀島」で獲れた魚介類を乗せた、まさに日本とイタリアの融合と呼べる料理が沢山あります。
そして何と言ってもこのロケーション。陽が暮れる時期は目の前に美しい夕陽が望めます。
この日は朝から快晴だったので、より料理も美味しく感じられました。

観光地に美味しいものはあまりありませんが、このお店だけは別格ですね。
福岡へ起こしの際は是非足を運んでみては如何でしょうか?

概観『Trattoria ISLAND』
■住所:福岡市東区勝馬1803-1
■電話:092-603-2627
■時間:11:00~17:00
■店休:水曜日(不定期)
■地図:ココをクリック!



桜を味わった後、青い海を見ながら車の中でこんなアルバムで春を味わっていました。
Go To amazon!!




『Kazu Matsui Project feat. Robben Ford / Standing On The Outside』
01. Standing On The Outside
02. Time Flies
03. Save Your Nights For Me
04. Me On The One Side
05. Wheels Of Love
06. Tell That Girl
07. Illusions
08. Sunset Memory
09. Love's A Heartache
10. Sun Lake


本格的なドライブ・シーズンにはピッタリな作品ですね!
AORファンにとっては待望の再CD化で喜んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
日本が世界に誇る尺八奏者「松居和」のプロジェクト「Kazu Matsui Project」83年の作品。
ご存知の方も多いと思いますが、このアルバムは元々ギタリストの「ロベン・フォード」の作品として『Love’s A Heartache』というタイトルで日本で発表されていたんですが、その後アメリカではこのタイトルとして発表され、それが今回再リリースとなったワケです。
『COOL SOUNDS』さん、本当にありがとうございます!!)

最近ではブルース色が強い「ロベン・フォード」ですが、当時は「イエロージャケッツ」を率い、フュージョン・ギタリストとしてメキメキと頭角を現していた頃。
類まれなセンスとテクニックでこの作品を彩っています。

またバックを固める参加ミュージシャンも「ラッセル・フェランテ(key)」「ニール・スチューベンハウス(b)」「ヴィニー・カリウタ(dr)」「カルロス・リオス(g)」「ランディ・ウォルドマン(key)」「エイブラハム・ラボリエル(b)」「ビル・メイヤーズ(syn)」「デヴィッド・ボラフ(sax)」「ネイザン・イースト(b)」「デレク・ナカモト(syn)」「トム・スコット(sax)」「フレディ・ワシントン(b)」といった凄腕ミュージシャンが勢揃い!

また10曲中8曲がヴォーカル・トラックで「フィリップ・イングラム(①④⑥)」「ハワード・スミス()」「ロベン・フォード(②⑨)」「ロバート・ジェイソン()」「クラウディア()」と、個性豊かなヴォーカリストが参加。
AORアルバムならではの豪華な顔ぶれです。

アメリカでのシングル・ヒットとなった<Standing On The Outside>や、「プラシド・ドミンゴ」も後にカバーしたという「ロベン」の泣きのギターが堪能できる名バラード<Save Your Nights For Me>、AORマナーを守った<Tell That Girl>などは、「リー・リトナー」の名盤『RIT』「エリック・タッグ」の作品が好きな方は“直球ど真ん中”でしょうし、「ロベン」がヴォーカルを執る<Time Flies><Love's A Heartache>などもAORファンにはたまらないテイスト。
特に「ネッド・ドヒニー」作の<Love's A Heartache>は、先に取り上げた「アヴェレージ・ホワイト・バンド」以上に味のある仕上がりです。
もちろん日本では『ブリジストン』のタイヤのCMソングとして起用された<Wheels Of Love(作曲は「林哲司」!!)>も、まさにドライブ・ミュージックとしては打ってつけの出来です。
また「ロベン」のギタリストとしての才能を味わえるインスト・トラック<Sunset Memory><Sun Lake>は、フュージョン・ファンには嬉しい限り。

敢えて言わせて貰うなら、実はタイトル・トラックの<Standing On The Outside>は、アメリカ仕様に「トム・スコット」のアレンジで仕上がったシングル・ヴァージョン。
出来れば両方収録されていたならもっと嬉しかったんですけどね(笑)。
ま、CD化されただけでも奇跡に近いですから、贅沢は言えませんが・・・。

いずれにしても本当にクオリティの高い良質なAORの名盤ですし、「ロベン・フォード」をご存じない方も十分楽しめますし、フュージョン・ファンも必須アイテムです。

ちなみに今回の再発に際して、「KAZU」名義で81年に発表された1stアルバム『Time No Longer』も併せて再リリース!
「ラリー・カールトン」「リー・リトナー」「ロベン・フォード」「スティーヴ・ルカサー」というスーパー・ギタリスト4人が揃ったアルバムとして、リリース当時から人気が高かった作品だっただけに、併せてお買い求め下さい。

※この2枚は無くなり次第販売終了という事ですから、急いで入手したほうがいいですよ!!



AOR | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
合わせてお買い求めしたかったのですが、今のところ予算が回っておりませぬ。。。f^_^;

再発を機会に(ロベンの)このアルバムを何度か聴き直しましたが、やっぱり、イイですよねぇ~!

トム・スコットと言えば、'91年の『KEEP THIS LOVE ALIVE』が当時の私のドライビング・ミュージック!
無闇にアクセル全開でした!?(笑)
特にタイトル・トラックのデヴィッド・パックは最高!

てか、(アンブロージアなどを含む)デヴィッド・パックのオリジナルMDは、どの彼女にもウケが良かったす!
でも、気づいてみたら、誰も居なくなっていましたが…。(笑)
♪Takuさん。
コメントどうもありがとうございます。
私も泣く泣く2枚同時購入してしまいました。
発売元の『COOL SOUND』さんの特典DVDに惹かれて・・・(汗)。
でも両方とも持っていたい作品ですので、お金には返られませんね!

「ロベン・フォード」は近年のブルースっぽい作品が好きで、
フュージョンというよりもAOR的なアプローチが気に入っています。

「トム・スコット」はどれも大好きですね~。
『KEEP THIS LOVE ALIVE』はフュージョン・ファンもAORファンもハズせない1枚ですね。

>・・・でも、気づいてみたら、誰も居なくなっていましたが…。(笑)

・・・分かります。私もそうです(泣)。
何度徹夜してドライブ用カセットを作ったことか・・・。
でも女の子はあんまり聴いていないんですよね、車の中で。
ある意味、自己満足の世界だったのかもしれませんね☆
AORもFusionも
大好きなファンは外せないアイテムですねぇぇ。

マツイさんはご夫婦で大活躍ですものねぇぇ。
No title
♪tahaさん。
お久しぶりです!お元気ですか?
こちらもご無沙汰しておりましてごめんなさい・・・。
おっしゃる通りAORもFusionも
大好きなファンは外せないアイテムですネ!!
それだけクオリティの高い作品なんでしょうね。
奥様の「Keiko Matsui」も大好きです☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。