07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キャベツ畑でつかまえて。

2009年04月22日
春キャベツ

4月も後半に入り、すっかり春の陽気・・・というよりも初夏の陽気にさえ思われる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先日車で移動中にキャベツ畑を見つけました。
そういえば既にスーパーなどでは『春キャベツ』が出回っていますね。

「キャベツ」は人間の歴史が始まった頃からあるという、とても古い野菜。
日本には18世紀頃に伝えられましたが、当時は食べる為のものではなく、もっぱら観賞用だったそうです。
(キャベツを鑑賞しても・・・笑)
食用として栽培されるようになったのは江戸時代末期。旬は主に4月から6月にかけてです。

キャベツの栄養素は、語源にもなっている「ビタミンU」・・・別名「キャベジン」
この「ビタミンU」「キャベツ」から発見された栄養素で、“抗潰瘍ビタミン”とも呼ばれており、胃や十二指腸潰瘍の傷ついた粘膜を修復し、潰瘍を治す効果があります。
よく「トンカツ」の付け合せに「キャベツ」の千切りが出てきますが、「キャベツ」に豊富に含まれる食物繊維が「トンカツ」の脂肪の吸収を抑え、「ビタミンU」が胃腸を優しく守ってくれるからなんです。
非常に合理的な付け合せなんですねー。
また、今の時期に出回る柔らかい「春キャベツ」は、より潰瘍を修復する効果に優れているので、胃の弱い方は積極的に食べた方がいいかも。

また、「キャベツ」を買って調理するとき、真ん中から包丁を「ザクッ!」と半分に切ってしまいがちですけど、外側から葉を剥いていった方がいいようです。
縦に包丁を入れてしまうと、切り口から水分が飛んで鮮度が一気に落ちてしまうそうです。

この時期は「春キャベツ」「新玉ねぎ」など、春限定の美味しい野菜が沢山出回っています。
“旬”の野菜は“旬”に食べるのが一番ウマイですよね!!

Go To amazon!!





『Toby Beau / If You Believe』
01. Could It Be Love
02. If I Were You試聴
03. One Needs Another
04. If You Believe試聴
05. Ships In The Night
06. Little Miss American Dream
07. Give Me A Sign
08. You Caught Me With My Love Down
09. As Far As I Can See
10. My Dream Lover


発売からは30年近くも経っていますが、今でも『春キャベツ』の様にフレッシュで爽やかなサウンドがいっぱい詰まったアルバムです。
「トビー・ボー」の1980年の作品。
ご存知の方も多いと思いますが、この「トビー・ボー」とは“グループ名”
デビュー当時は5人組だったんですけど、最後はリーダーの「バルデ・シルヴァ」一人のユニットとなったワケです。
いわゆる“一人オリジナル・ラブ状態”ってやつですね(笑)。
そして一人になって発表した3rdアルバムがこの『If You Believe』というワケ。

プロディースには「ジョニー・マティス」「グレン・キャンベル」「リック・ネルソン」などを手掛けた「ジェリー・フラー」が担当。
参加ミュージシャンには「ジョー・シャーメイ(b)」「ジョン・ホッブス(key)」「ジョー・ウォーカー(g)」・・・そう、後に「ジョー・シャーメイ・バンド」を結成する3人をはじめ、「アーニー・ワッツ(sax)」「ラリー・マホベラック(key)」といった実力派ミュージシャンが駆け付け、一人ぼっちの「トビー・ボー」に花を添えています。

前2作はカントリー・ポップだったサウンドも、今作では80年という時代も反映されてか非常に良質のAORアルバムに仕上がっています。
ブギー・バックしたサウンドが春のドライブにピッタリな「ランディー・シャープ」作の、フリー・ソウルにも通じる黄昏系メロウ・フローターの、良く晴れた青空へ連れて行ってくれそうな「ジョー・シャーメイ・バンド」の2人と「バトゥ」「デヴィッド・バトゥ」との共作ナンバー、アルバムからシングル・カットされた晴天ドライビングAORチューン、ゆったりとしたリズムとストリングスが心地良い海上系セイリング・トラック「ジェニファー・ウォーンズ」もカバーした「ピーター・マッキャン」作の、元メンバー「ダニー・マッケンナ(故)」との共作によるカントリー・フレイヴァー漂うポップ・チューン、スケールの大きな三連バラード、当時のAORサウンドど真ん中のリゾート系メロウ・トラック、「ケニー・ロギンス」の従兄弟「デイヴ・ロギンス」のペンによるドリーミー・チューン・・・と、作家陣もスゴイ顔ぶれですが、とにかくどの曲も捨て曲ナシの秀逸作!!

AORを語る時にはなかなか取り上げられない作品ですが、コレは名盤ですよ~。
「ジョー・シャーメイ・バンド」「フランキー・ブルー」辺りのサウンドが好きな方は絶対にチェックしておいたほうがイイかも。

ちなみに一人ぼっちの「トビー・ボー」ですが、今でも「トビー・ボー」として活動中だそうです。




AOR | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
初夏のドライブ
本日横浜は最高気温26度。フランキー・ブルーな季節がやってまいりました。神奈川も大根で有名な三浦というところで沢山のキャベツが栽培されています。シーサイドライン134号をご紹介のアルバムを聴きながらドライブしようかな♪
No title
♪かおるさん。
コメントどうもです。
福岡も次第に気温があがってきています。
「フランキー・ブルー」もそろそろイイカンジですよねー。
海沿いのドライブにはピッタリなので是非チェックしてみてくださいね!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。