07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

誘われてサンセット。

2009年06月12日
黄昏てシーサイド。

「ケニー・ランキン」が亡くなった事にかなりショックを受けていましたが、ようやく現実を受け入れられる様になってきました。

さてさて、梅雨入りした福岡県地方ですけど、肝心の雨は殆ど降らず今日も快晴。
最高気温28度まで上昇する夏日となりました。

雨よりは晴れの方がいいですけど、心配なのが「水不足」
実は福岡は慢性的な水不足の都市で、今年はダムの貯水量も例年以上に少ないとか。

これも地球温暖化の影響・・・なんて思いたくありませんけど、“一滴の水”を大切にする心を持ち続けたいものです。

そんな事を考えながら、またまた仕事で海へ。
疲れた身体を癒すには、やっぱり海がイチバンですね!!

Go To amazon!!




Jon Lucien / Endless Is Love』
01. The Look Of Love試聴する
02. Rashida試聴する
03. This Could Be Paradise試聴する
04. Endless Is Love試聴する
05. My Special Friend試聴する
06. Sailing試聴する
07. Sweet Promises試聴する
08. Bolero試聴する
09. Moonchild試聴する
10. Frances試聴する


こんなメロウでアーバンなアルバムを聴きながらサンセット・タイムの海岸線を走ったら、サイド・シートの女性もきっと貴方を見つめてくれる・・・かもしれません(願望!)。
ソウル・シンガー「ジョン・ルシアン」の97年の作品です。

「ジョン・ルシアン」というシンガーは、日本ではどちらかというとクラブ・シーンから注目を集めるアーティスト。理由は、以前このブログでも紹介した彼の代表作『Rashida(’73)』に収録されていたタイトル・トラックが、90年代に入りフリー・ソウルやジャズ・ファンクなどのシーンから再評価され、「UFO(United Future Organization)」などを筆頭にクラブ・シーンで活躍するアーティストが彼をフィーチュアリング・ヴォーカリストとして起用した事などが挙げられます。

しかし、ソウルにカリビアン&ブラジリアンな要素を加え、そこにジャジーなテイストをブレンドしたそのサウンドは、AORやスムース・ジャズのファンも要注目のサウンドです。

プロデューサーに今をときめくギタリスト「チャック・ローブ」と、「ラリー・コリエル」率いる「イレヴンス・ハウス」の元ベーシストで、当時「チャック・ローブ」「The Fantasy Band」を組んでいた「ジョン・リー」を迎えたこのアルバムは、彼の作品の中でも最もスムース・ジャズ寄りの仕上がり。
参加ミュージシャンもその「チャック・ローブ(g)」「ジョン・リー(b)」に加え、「リチャード・ボナ(b)」「ガブリエラ・アンダース(vo)」「ウィル・リー(b)」「デヴィッド・マン(sax)」など豪華なメンバーが多数参加しています。

アルバムはオリジナルとカバーで構成されており、「バート・バカラック&ハル・デイヴィッド」の名曲をR&B風にアレンジした、再評価のきっかけとなった自身の名曲をコンテンポラリーにセルフ・カバーしたサウダージ・メロウな、後に「ヴィクター・フィールズ」もカバーした「チャック・ローブ」のペンによるメロウ・ソウル「チャック・ローブ」の奥様でもありシンガー・ソングライターの「カーメン・クエスタ・ローブ」の作曲によるブラジリアン・バラードの、本人作のアーバン・ファンク「クリストファー・クロス」の名曲をスムース・ジャズ風にカバーした、SAXの音色が都会の夜に似合うアーバン・スロー、ボレロをモチーフとしラテン語で歌う、クラブでも支持されそうな疾走感溢れるブラジリアン・チューン、ソプラノSAXが物悲しさを表現するボッサ・トラックと、全体的にスロー/ミディアムな楽曲で構成されたメロウ・アルバムです。

ちなみにこのアルバムは、前年に「TWA(トランス・ワールド航空)」の800便が墜落した事故で亡くなった愛娘「ダリラ・ルシアン」に捧げた作品。
アルバム・タイトルがそれを物語っている様に思えますネ。

それはともかく、ソウル・ファンだけでなく、スムース・ジャズ・ファンやAORファンにも超オススメのこの作品・・・夕暮れ時のBGMに如何でしょうか?



R&B | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
No title
ご無沙汰しています!

いいですね~!

こちらは週末ミュージシャンなのにライブつづきでへとへとです。

今度、某大型モールの周年イベントにて菊丘さんとご一緒する予定です。

福岡も好きな街なので休暇などで早く行きたいと思っています
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
♪Qさん。
コメントどうもありがとうございます。
私もなかなかコメントできなくてごめんなさい!

>今度、某大型モールの周年イベントにて菊丘さんとご一緒する予定です。

えっ!?福岡にいらっしゃるという事ですか?
それは行きます!!必ず行きます!!
詳細を是非教えてくださいネ☆
ダンディーだ~。
Mu師匠、こんばんは!

この方、お初です。
ソウルフルでダンディーなヴォーカルですね。

チャック・ローブが大好きな私としても、かなり
食指の伸びる作品です。

今月すでに●●枚のCDを購入しちゃったんで、
狙いは某大型古本屋チェーンになりそうですが
…置いてないだろうなぁ…。( ̄- ̄)
♪ヤセガエルさん。
ね!ダンディーでしょ(笑)。
「チャック・ローブ」のプロデュースだし、スムースだし、きっとヤセガエルさんは気に入る1枚だと思いますよ~!!

実は私もブックオフで250円で購入。
根気良く探せば出てくるかもですよ☆
No title
いつも ドライブには女性をくすぐる音楽が必要と用意してらっしゃる ミューさんならでは ですね v-10

これからの夕暮れ時海へドライブいいですね~

音楽で○割り増しくらいに隣がいい男に見えたりして 笑
♪ekoさん。
コメントどうもです!
いつも音楽を用意してる訳じゃないんです。
皆さんが使えるようにと・・・(汗)

このアルバムは本当にこれからの季節の夕暮れ時にピッタリな作品です。
ekoさんもきっと気に入ると思いますよ!!

>音楽で○割り増しくらいに隣がいい男に見えたりして 笑

音楽でごまかすような男じゃありません・・・と言いたいところですが、残念ながら音楽に頼らないと(泣)。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。