09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

梅雨入り直前。

2009年06月07日
Night Driving

6月に入り、イマイチお天気に恵まれない福岡ですが、皆さんの地域は如何でしょうか?
太陽が顔を出したと思ったら、夕方にはいきなり雨が降り出したり、不安定な天候が続いています。
しかも全然気温が上昇しない!!
夏が大好きなMusicmanにとって、いつまでも肌寒いと本調子が出ないんですよね~。

福岡はどうやら今週辺り梅雨入りしそうな気配ですが、こんな時期はお気に入りの音楽と一緒に夜のドライブなんて如何でしょうか?
まだヒンヤリした夜風を身体いっぱいに浴びながら、大好きな音楽で自分だけの時間を楽しむ・・・う~ん、大人の時間ですね~(笑)。

ま、欲を言えば、助手席に“(ワガママ言わない)カワイイ女の子”が居たらサイコーなんですけどネ!!

Go To amazon!!



『Mark Whitfield / Songs Of Wonder』
01. Isn't She Lovely
02. Superstition
03. Love's In Need
04. I Wish
05. Overjoyed
06. Signed, Sealed, Delivered
07. Ribbon In The Sky
08. Do I Do
09. Send One Your Love
10. Livin' For The City


音楽に詳しくない女の子を車に乗せた時のBGMって、選ぶのが難しいですよね?せっかく好きなAORをかけてもつまんない顔されるかもしれないし、大人の男をアピールするためにジャズを流しても「解んな~い・・・」と引かれちゃう恐れもあるし・・・。
かといって数少ないハヤリのJ-POPを流しても、一歩間違うと「ダっサ~!!」とそっぽ向かれちゃったら、その後の悪巧みも実行できないしネ。
でもこんなアルバムだったら「あっ!コレ知ってる~☆」なんて会話が弾むかもしれません(笑)!!
稀代のギタリスト「マーク・ホイットフィールド」の今年リリースされた最新作です。

バークリー音楽院を卒業後、様々なジャズ・ミュージシャンと共演し、90年に1stアルバム『The Marksman』でデビュー。その類い稀なギター・テクニックと「ジョージ・ベンソン」の影響を感じるしなやかなサウンド、そして正統派のジャズ~フュージョン~ファンク、更にはHIP-HOPまでと、触れ幅の大きなスタイルでプレイするギタリストとして、日本でもかなりの人気を得ているギタリストです。

そんな彼の最新作は、彼が敬愛して止まない「スティーヴィー・ワンダー」のナンバーを集めたカバー集。
以前にも93年のアルバム『Mark Whitfield』<That Girl>をカバーしていたので、それほど驚きはありませんが、全編「スティーヴィー」のナンバーをカバーしたというのは、それだけ彼をリスペクトしている証拠でしょうね。

ゲスト・ミュージシャンも「クリス・ボッティ(tp)」「ジョン・メイヤー(g)」「バシリ・ジョンソン(perc)」といったベテラン勢から「ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ」でも声を披露していたR&Bシンガー「サイ・スミス(vo)」や、「ブレッカー・ブラザーズ」の再編成ツアーにも参加していた「ジェームス・ジナス(b)」、R&Bシーンで活躍するマルチ・プレイヤー「ジョージ・フォンテネット(prog,tp)」、「ロイ・ハーグローヴ(tp)」のバンド・メンバー「キース・ロフティス(sax)」など多彩な顔ぶれが参加。

基本的にはオリジナルに近いアレンジでカバーしていますけど、長年ツアーを共にしている「クリス・ボッティ(tp)」が参加したでは、少しだけテンポを落としクールに仕上げていますし、「ジョン・メイヤー」のギター・ソロがエッセンスとなったではオリジナル以上にファンク色を強め、名バラードではメロウなギターがアーバン・ナイトを演出。
かと思えばカリビアンなアレンジで甦らせたや、「シャーデー」<Sweetest Taboo>のトラックをネタに名バラードをクラブ・ライクにカバーしたなど、意外性も感じられるアレンジで聴く人を楽しませてくれます。

イマの時代に倣っていわゆる“スムース・ジャズ”的な内容となっていますけど、欲を言えばもう少しジャジーなナンバーも聴きたかったかな。

とはいえ「ジョージ・ベンソン」「U-NAM」「ロニー・ジョーダン」「ラッセル・マローン」辺りが好きなスムース・ジャズ・ファンはもろ手を挙げて気に入るでしょうし、本家「スティーヴィー・ワンダー」のファンもこのアレンジは納得してくれるんじゃないでしょうか。

えっ?
「で、ドライブの結果は?」って?
いや、まだ実行していないので効果の程は解りません・・・(汗)。

Smooth Jazz | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
No title
何時までもそんな夢(じゃないかもしれないけど)見ながら、BGMを選ぼうとするみゅ~さんって素敵!?(笑)

そうなんですよ。独りよがりで、女の子のウケも悪かったオリジナルAORカセットやMD…

流石に経験が活きてますね!(笑)
No title
6月に入って天気がよくないですね~v-164v-164洗車がなかなかできないです…。
女の子はみんなワガママですよ♪♪(笑)
はじめまして。
musicmanさん、はじめまして。
以前から、ちょこちょこ覗いておりました。

このアルバム、ちょっと聴いてみたいですね。確かに、助手席に女性を乗っけてドライブするには、もってこいのサウンドのような気がします。

20~30年まえに、悩みながら編集したカセットを彼女にプレゼントしていたことを、ひさしぶりに思い出してしまいました。懐かしーっ!

これからも、ちょくちょくお邪魔します。
よろしくです。
♪Takuさん。
>何時までもそんな夢(じゃないかもしれないけど)見ながら、>BGMを選ぼうとするみゅ~さんって素敵!?(笑)

ははは!すみません、成長していなくて(汗)。
昔はデートの前には徹夜状態で編集していましたよね~。
苦労の割りには殆どが玉砕・・・今ではいい思い出です。
♪みさっち★さん。
みさっち★さんは・・・初めましてかな??
以前にもコメント頂いたならゴメンナサイ・・・歳を取ると物覚えが悪くなって(汗)。

本当にイマイチお天気が悪いですよね。
何だかスカっとしない空模様・・・気分がダウンしちゃいます。

>女の子はみんなワガママですよ♪♪(笑)

もちろん解っています(笑)。
そのわがままを受け止めるだけの大きな器を持たないとね!!
♪Apolloさん。
こちらこそはじめまして。コメント頂きありがとうございます。
この作品は彼のこれまでの中でも最も親しみやすくポップかもしれません。
もちろん女性とのドライブの時だけじゃなくてもオススメです(笑)。

>20~30年まえに、悩みながら編集したカセットを彼女にプレゼントしていたことを、ひさしぶりに思い出してしまいました。懐かしーっ!

ほうほう、やはりApolloさんもその世代ですか!
私はプレゼントしても全く反応無し・・・選曲は本当に難しいですよね(泣)。

今後ともよろしくお願いいたします!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。