06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今夜はおでん!

2005年02月27日
20050227162140.jpg

昨日は福岡でもまたまた雪が降りました。
ま、積もるほどではなかったんだけど、朝からお昼過ぎまでちらついていました。
こんなに寒いと食べたくなるのが・・・

おでん!!

お昼ぐらいからグツグツ煮込んで、今は冷やして味を染み込ませています。

福岡ではおでんに鶏肉(ウチはモモ肉)を入れてダシを取ります。
これがまたいい味になるんですよね!
ですから牛スジは入れません。

あとはたぶん、皆さんの家庭と同じ具だと思いますが、
みんな驚くのが「ウィンナー」。

それもピリ辛ウィンナー!!!

これが結構味のアクセントになって美味しいんです。

皆さんはどんなおでんの具を入れていますか?
「ウチはこんなのを入れてるぞ!」というのがあったら教えてくださいね。

さて黒人ボーカリスト『Stevie Woods / Take Me To Youe Heaven』は、ソウル・ファンよりもAORファンに人気が高く、顔良し、曲良し、声も良しと3拍子揃った1枚です。
「竹内まりや」もカバーした「Peter Allen」のメロウな作品「Fly Away」や、「Wilson Brothers」のカバー「Take Me To Your Heaven」、「ケニー・ロジャーズ」の名バラード「Through The Years」、また「J.Graydon」「D.Foster」の黄金コンビによる「Through A Little Bit Of Love My Way」・・・と、捨て曲なしの1枚です。
ただ、未だにCD化されていないのが不思議。
早くCD化を望むのは私だけではないでしょう。

このアルバムはドイツから火がついたそうで、プロデューサーもドイツ人の「Jack White」という人物。
現在彼自身ドイツに身を置いて活動しているそうです。

82年の2ndアルバム『The Woman In My Life』は、「Ray Parker Jr.」「Jerry Hey」も参加して、1枚目よりもシットリ気分ですし、83年の3rdアルバム『Attitude』ではプロデュースに「Robbie Buchanan」を迎え「Carlos Vega」「Nathan East」「Paul Jackson,Jr.」「Dann Huff」「Paulinho DaCosta」「Richard Page」・・・と超ゴウカなメンツが参加。「Bobby Coldwell / Loving You」もカバーしています。


ところでおでんの汁に溶けた卵の黄身をかき混ぜてすするのは私だけでしょうか??
AOR | コメント(3) | トラックバック(1)
コメント
こんいちは
お引越しされたのですね。
また新天地でも、いい音楽を語ってくださいね。
うち、関西ですけど、おでんのだしはとりもも肉ですよ。今夜はおでんにします。
未CD化なんですか?
これはよく聴きました。
ウィルソン・ブロスのアルバムはCD化されているのに、このアルバムはなっていないのですね!

私も切望いたします。
海外では100ドル近いプレミアですね!
>tahaさん

残念ながら未CD化なんですぅ・・・。
海外では100ドル近いプレミアがついているんですか??
私はアナログ2枚持ってるからヤフオクにでも出そうかな(笑)。

管理者のみに表示
トラックバック
ソフトなヴォーカル・スタイルとルックスの良さで日本でも人気があったヴォーカリスト。 Stevie Woods / Take Me To Your Heaven [1981] 1 Fly Away 2 Just Can't Win 'Em 3 Take Me to Your Heaven 4 Steal the Nigh
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。