10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

野菜の日。

2009年08月29日
トマト

8月もいよいよあとわずか。夏も終わりに近づいてい・・・いやいや、まだまだ暑いっす(笑)!!
さて、8月31日「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合わせから『野菜の日』だそうです。

夏野菜は沢山ありますけど、この時期にオススメなのが「トマト」
原産国は南米のペルーで、日本には江戸時代に観賞用として伝わりました。食べるようになったのは100年ほど前からだそうですから、比較的新しい野菜なんですね。

「トマト」には、ビタミンA、ビタミンCが豊富な他、ビタミンH、ビタミンPといったビタミン類を多く含んでいます。ビタミンHやPはあまり耳馴染みが無いビタミンですけど、細胞と細胞をつなぐコラーゲンを作ったり血管を丈夫にしたりと、重要な役割を果たしてくれているんです。

「トマト」の赤い色は「リコピン」という色素によるもの。赤色の濃いトマトほどリコピンが多く含まれています。このリコピンには強力な抗酸化作用があり、老化を防ぐ作用や、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、がん予防に効果があるなど、多くの働きが近年注目を集めています。
しかもこのリコピンは加熱料理に強いのが特徴。脂溶性なので油と一緒に摂ることで吸収率がアップするそうです。トマト+オリーブ・オイルでリコピンの吸収率が生トマトの約3.25倍になるそうですから、是非加熱して食べる様にしましょうね!!

またトマトには、風邪の予防に効果的に働くビタミンC、脂肪の代謝を円滑にするビタミンB6、血液中の塩分を排出し高血圧予防に効果的なカリウムなどの栄養素が豊富に含まれ、さらに、水溶性食物繊維のペクチンも含まれ、便秘を改善するほか老廃物や有害物質を排出する働きを促進し、生活習慣病(成人病)の予防に効果的だそうです。
リコピンをはじめとするトマトの栄養成分は、トマトが完熟したときに最も多くなるので、 生で食べるときはなるべく完熟したものを選んだ方がいいですよ!

また、トマトは低カロリー。生でまるごと1個たべても約40キロカロリーしかなく、血液の流れを良くして脂肪の消化を助けてくれます。

普段何気なく食べている「トマト」ですけど、こうしてみると栄養価が高い野菜なんですね!


Go To amazon!!




『Arthur Verocai / Encore』
01. Tupa Tupi試聴する
02. Amor Na Contra Mao試聴する
03. Sucuri試聴する
04. Abertura試聴する
05. Bis試聴する
06. Dona Das Meninas試聴する
07. Filhos試聴する
08. Tudo De Bom試聴する
09. Eu Quero Paz試聴する
10. Caminho Da Roca試聴する
11. Medley: Preludio / Bis(Instrumental)試聴する
12. Bis (Eddy Meets Yannah Mix)試聴する


採れたてのトマトのようにフレッシュでありながら、糖度の高い熟したトマトにも似たアルバムです。
ブラジルを代表する伝説のコンポーザー「アルトゥール・ヴェロカイ」の2007年に発表された3rdアルバム。

「イヴァン・リンス」「ガル・コスタ」「マルコス・ヴァーリ」そして「アジムス」といったブラジリアン・ミュージックのレジェンド達のアルバムにアレンジャーとして参加し、1972年に発表したデビュー・アルバムは、ブラジル音楽にフォークやボッサ、そして独特の音楽性がミックスされた歴史的な名盤として高い評価を得ています。
しかし、そのデビュー・アルバム発表後は何故か表舞台に出る事無く、2ndアルバム『Saudades Demais』を発表したのは、ナント30年後の2002年!!
その5年後の2007年に「アジムス」「マルコス・ヴァーリ」「ジョイス」などを抱えるクラブ系ブラジリアン・レーベル『Far Out Recordings』から発表されたのがこのアルバムというワケです。

今作では、かつてアレンジも担当した「イヴァン・リンス」「アジムス」も参加し、レーベルの影響もあってかクラブ・シーンでも映えるヴァーサイタルなブラジリアン・サウンドに仕上がっています。

ストリングスとホーン・アレンジが美しいサウダージなに始まり、アコースティック・ギターとフルートが9月の心地良い潮風を運んでくれる、スパニッシュなギターがメロウなインストゥルメンタル・チューン、アコースティック・ギターとストリングスが秋風を運んでくれるインストゥルメンタル・チューン、「アジムス」が参加したエレピの音も心地良いメロウ・フローター⑤、同じく「アジムス」が参加したゆったりとしたサウダージ・トラック「イヴァン・リンス」がヴォーカルを執るアコースティックな、口笛の音色も軽やかなインストゥルメンタル・ライト・サンバ、三度「アジムス」が参加したスペイシーなクラブ・チューン、まるで短編映画のワン・シーンの様に美しいインストゥルメンタル・チューン、バイオリンの音色が切ないエピローグからのインスト・ヴァージョンへと繋がる、そして日本盤のみのボーナス・トラックとして、クラブ・シーンで活躍するクロアチアの男女ユニット「エディ・ミーツ・ヤナ」によるエレクトロ・クラッシュなのリミックス・ヴァージョン・・・と、ブラジル音楽に様々なサウンドをミックスした非常に完成度の高い内容に仕上がっています。

ブラジリアン・ミュージックが好きな方はもちろんですが、『カフェ・アプレミディ』シリーズが好きな方、そしてクラブ・ミュージックが好きな方もきっと満足できる1枚です。

夏の終わりをこのアルバムで心地良く過ごしてみては如何でしょうか?



MPB | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
聴いてみたい
イヴァン・リンスはすきなのですが、
アレンジで参加してるんですか・・。
ちょっと興味が湧きました。
♪Breezeさん。
2つもコメントありがとうございます。
スムース・ジャズやAORが好きな方もきっと気に入ると思いますよ!
もちろん「イヴァン・リンス」のファンも。
是非チェックしてみてくださいネ!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。