07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

水と緑に癒されて。

2009年11月23日
長門峡

勤労感謝の日を含む三連休、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は初日の土曜日に、家内とドライブへ。
今回の目的地は山口県にある『長門峡』です。

「長門峡」は、阿武川上流の阿東町と萩市をまたがるように位置する全長12キロに渡る渓谷。
白亜紀の流紋岩質凝灰岩やデイサイト溶岩から形成されていて、奇岩や滝、甌穴などがいたるところにある県立の自然公園に指定されています。
春は桜、夏は避暑地、そして秋は紅葉・・・と、四季を通じて楽しむことができて、年間60万人以上の人々がが訪れる観光スポットとして知られています。

九州自動車道を山口方面へ進み、関門橋を渡って中国自動車道へ入り、鹿野IC下車。
殆ど島根県との県境です(笑)。

到着したのがお昼過ぎだったので、まずは腹ごしらえ。
この阿東町は「阿東和牛」という牛が名産。ということで、長門峡の入り口にある『道の駅・長門峡』の中に設置された食事どころ『聴秋(ちょうしゅう)』でこの阿東和牛を使った「牛丼」を注文。
牛丼
柔らかい和牛の切り落としをすき焼きの様な甘辛い醤油で味付けしており、これがマジで美味い!!普段食べている牛丼とは全く違う料理でした(笑)。
メニューは他にも色々とあるんですが、絶対にこの「牛丼」を食べてください!!


腹ごしらえも済んだところで、いよいよ「長門峡」散策コースへ。
長門峡

川沿いの断崖絶壁に設けられた遊歩道をずっと下流に歩いていくんですが、川の水で浸食された奇岩や甌穴など自然界ならではの景色は観るものを圧倒してくれます。
長門峡長門峡長門峡長門峡長門峡長門峡長門峡長門峡長門峡
目的の紅葉はもう終わりに近かったため残念ながらあまり見ることができませんでしたけど、とにかく川の水が青くて神秘的。
遊歩道もちゃんと整備されていますから意外と歩きやすいですよ。スーツで行っても大丈夫かも(笑)。
長門峡長門峡長門峡
ゆっくりと景色を眺めながらようやく中間地点にある『鈴ヶ茶屋』へ到着。
ここで鮎の塩焼きなどの食事が出来ますし、飲み物の販売も行なっていますので私達も休憩がてらここでお茶。長門峡
ふと時計を見ると、既に4時近く。終点の「龍宮淵」まで行っても、また同じルートを歩いて帰らなければなりません。しかも太陽も次第に傾き始めてきたので、残念ながら引き返すことに。
でも同じ道ですけど、今度は逆の目線で見るので全く違う景色を堪能できました。

紅葉はそれほど楽しむことは出来ませんでしたけど、久々に自然の中に身を置いて、川の流れの音を体全身で受け止め、まさにリラックスできた時間でした。

駐車場まで戻ると、辺りはすっかり薄暗くなっていました。
ここ阿東町は牛肉のほかにも「リンゴ」の名産として知られており、道中至る所に“リンゴ狩り”と書いた看板が立っています。獲れたてのリンゴやそのリンゴを使ったアップルパイなども売っており、お土産に私たちもアップル・パイを購入。帰ってから食べたんですが、シャキシャキ感が残ったリンゴとパイ生地のマッチングが絶妙で、久々に美味しいアップル・パイと出会う事が出来ました。

さてさて、辺りもすっかり暗くなった私たち食いしん坊夫婦・・・長門峡を歩き回ったのでお腹ペコペコ(笑)!!
再び中国自動車道へ戻り、六日市ICで下車。山の中の道路を走っていると、いきなり戦国時代を思わせる建物が見えてきます。
いろり山賊錦店

ここが山口でも有名な食事処『いろり山賊錦店』です。

概観もさることながら、店内もかなり凝っています(笑)。まるでテーマパーク・レストランの様。
トイレもちゃんと「河屋」と書かれていました。
山賊山賊山賊山賊山賊山賊山賊山賊山賊
本当に山賊が出てきそうな砦の中で味わえる料理は、まさに野性味溢れる品々。
私たちはここの名物である鶏肉を焼いた「山賊焼き」と、サケ、昆布、梅が入った馬鹿デカイおにぎり「山賊むすび(ライターと較べてみてください!)」「牛肉のたたき」「刺身こんにゃく」「串カツ」「奴サラダ」をオーダー(どんだけ食べるっちゅーねん!)。
中でも「山賊焼き」は甘辛いタレが絶妙で、外側はパリっと、お肉も箸でほぐれるぐらい柔らかジューシー。この日は2人で1つを食べましたけど、1人1つはペロっと食べられる程です。
外国人のお客さんを連れてきたらかなり喜ばれそうです!
山賊焼き山賊むすび刺身こんにゃく奴豆腐串カツ牛肉たたき
ここは県内に3店舗あるんですが、この「錦店」は国道187号線沿いの錦町の山奥にあり、中国山地の一番標高の高い場所。
冬は雪が積もってとても寒いそうで、この日も外気温は0度でした(笑)。

お腹がいっぱいになった私たちは、一路福岡へ。
今回の走行距離も600キロ近くとかなりの長距離ドライブでしたけど、これも1000円高速のおかげですね。

こうして三連休の初日を過ごしたのでした~。

Go To amazon!!








『Craig Chaquico / Four Corners』
01. The Drifter試聴
02. Forbidden Love試聴
03. Turquoise Moon試聴
04. Red Rocks試聴
05. Arizona Daybreak試聴
06. Somebody To Love試聴
07. A Mother's Heart試聴
08. Haight Ashbury試聴
09. Samba del Rio試聴
10. Borders試聴
11. Four Corners試聴
12. Forever


自然の中のドライブ時には、やはりナチュラルな音楽が似合います。
「クレイグ・チャキーソ」の99年の作品。

ご存知の方も多いと思いますが、彼は「ジェファーソン・スターシップ/スターシップ」の元ギタリスト(90年まで在籍)。
つまり「マーティ・バリン」と一緒に活動していたというワケですね。
当時の彼のサウンドは、ゴリゴリのエレキ・ギターでバンドを盛り上げていましたが、ソロに転向すると何とニュー・エイジ・ミュージックのレーベル『Higher Octave Music』と契約。93年に発表した1stアルバム『Acoustic Highway』は、それまでのディストーションの効いたエレキ・ギターからアコースティック・ギターに持ち替え、ニュー・エイジ・ミュージック寄りのインストゥルメンタル・アルバムとして世に送り出しました。
当然、昔からのファンからは「軟弱になった!」とそっぽを向かれつつも、94年に発表した2ndアルバム『Acoustic Planet』はその年のグラミー賞で『Best New Age Album』にノミネートされ大成功を収める事となりました。

その後も、「リチャード・エリオット(sax)」をフィーチュアしネイティヴ・アメリカンの文化に傾倒した3rdアルバム『A Thousand Pictures』、97年に4枚目のアルバム『Once In A Blue Universe』を発表し、そして99年に発表したのが通算5作目となるこの『Four Corners』というワケ。

今作では彼と親交の深いアーティスト「3rdフォース」「ポール・ブラウン(prg)」「リック・ブラウン(prog)」「グレッグ・カルーカス(kyd)」「エヴァレット・ハープ(sax)」、そして「リッピントンズ」から「ラス・フリーマン(g)」「ビル・ヘラー(kyd)」などスムース・ジャズ・シーンで活躍するアーティストをゲストに迎え、ニュー・エイジ・ミュージックの枠を超えたサウンドを展開しています。

前年にコラボレーション・アルバム『From the Redwoods to the Rockies』を発表した「ラス・フリーマン」のペンによるでスタート。「ラス」はギターでも参加しており、まさに「リッピントンズ」のアルバムに収録されていても違和感が無いグルーヴ感溢れるナンバーです。「高中正義」にも通じる哀愁あるラテン・タッチの、プログラミングされたトラックと彼のアコースティック・ギターの対比が美しい、お天気の良い日に聴きたいスムース・ジャズ的な、ナチュラルな肌触りの、レーベル・メイトの「3rdフォース」をゲストに迎え、以前在籍していた「ジェファーソン・スターシップ」のヒット曲をコンテンポラリーにカバーした、アコースティック・ギターがキラキラと輝くバラード「ポール・ブラウン」のプロデュースによるアーバンな、ラテン・タッチのサウンドが心地良い「リック・ブラウン」のプロデュース&プログラミング、「グレッグ・カルーキス」のキーボード、「エヴァレット・ハープ」のSAXという豪華な顔ぶれをバックに迎えた、パーカッシヴながら最もニュー・エイジ色が強い、よく晴れた青空に似合う日本盤のみのボーナス・トラック・・・と、どちらかと言うとスムース・ジャズに近い仕上がり。

彼のギターを全面に打ち出しながらもバンド・サウンドっぽいアンサンブルを楽しめる作品ですし、またレコーディングのクオリティも非常に高く、彼のギターの生々しさといったら・・・。

彼はこの後、『Shadow And Light(’02)』『Midnight Noon(’04)』『Holiday(’05)』とコンスタントにリリースし、今年スムース・ジャズ・ファンにはお馴染みのレーベル『Shanachie』に移籍し通算9枚目となる『Follow The Sun』を発表。久々にディストーションが効いたエレキ・ギターも聴けますし、「ケニーG」の名曲をファンキーにカバーした秀作もアリでコチラもオススメですが、初めて彼の音楽を聴く方にはベスト・アルバム『Panorama: The Best of Craig Chaquico』を是非!!



Smooth Jazz | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
渓谷の水が本当に青くて綺麗ですね。
水は見てると気持ちが浄化されますね。
紅葉は過ぎてしまったんですか。
それは残念でした・・・。
初冬を楽しむって良いですね。
Musicmanさん、こんにちは。

相変わらず、お二人でのドライブ、うらやましい限りです。美しい景色を二人で楽しむのは、気持ちをリフレッシュする意味では大きいですよね。

Craigは、いろんなところで耳にするたびに、気持ち良いサウンドだなぁ、と思ってました。
恥ずかしながらジェファーソン・スターシップのギタリストだったとは、知りませんでした。
Musicmanさん、おすすめのベスト盤あたりをゲットしてみましょうかねぇ。
意外
九州でりんごが採れると思いませんでした。

見ごたえある、自然が沢山ありますね~(^^)
♪Breezeさん。
紅葉は終わりかけでしたけど、水の青さと空気の美味しさに癒された一日でした。
水には色んな浄化作用があるみたいですが、人の心も浄化してくれるんですね!
♪Apolloさん。
コメントどうもです。
ここの所、お互い忙しくてなかなか休めなかった事もあって、思い切ってドライブへ行って来ました。

>美しい景色を二人で楽しむのは、気持ちをリフレッシュする意味では大きいですよね。

自然は人の心を癒してくれます。
美味しいものにもありつけて二人とも大満足でした(笑)。
ま、どちらかというと花より団子の二人なので、ドライブは食べるためのイイワケみたいなものですけど・・・。

「クレイグ・チャキーソ」は、かなりオススメですよー!
「ジェファーソン・スターシップ」時代とは180度違うサウンドですけど、コレはコレで気に入っています。
是非ベスト・アルバムから入ってくださいね!!
♪かおるさん。
九州は結構リンゴ栽培が盛んみたいです。
私も知りませんでしたが・・・。
ココは山口県ですけど、美味しいリンゴが獲れるみたいですよ!
No title
連休は山口ドライブだったんですね!
長門峡、久しく行ってないです。
近いと逆になかなか行かないものですね。
山賊も然り。。
でも、写真を見て久しぶりにいってみたくなりました。
ちなみに海好きのMusicmanさん、千畳敷には行かれたことありますか?
天気の良い日は絶景なので、次回ドライブの際はぜひ行かれてみてくださいね^^
ところで、勝手ながら過去記事にリンク貼らせていただきましたので、どうぞよろしくお願いします。
♪lulurさん。
そっか、お近くでしたよね!
初めて訪れた「長門峡」は、自然のダイナミックさと水の音に癒されました。
「山賊」はマジでビックリしたお店でした(笑)。
九州が中心のだったのですが、山口もいいところ沢山ありますね!

「千畳敷」は昔行きました。
でもあまり覚えてなくて・・・また行ってみたいです!!

そうそう、「YAKIIMO」ソング、気に入ってもらえて嬉しいんです。
何故かクセになる優しい音楽ですよね~!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。