08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ヒロシです・・・。

2005年04月25日
20050415154915s.jpg
永井博」です(笑)。
イラストレーターです。
日本では「鈴木英人」さんと並ぶ人気のイラストレーターじゃないでしょうか?

今日の福岡は、朝はパラパラと雨が降っていたんですが、
午後から夕方にかけて晴れ間も出ました。
たまたまバスで通りかかった時に海が見えて

「海、行きて~!!!」

と思い、そこでふと頭に浮かんだのがこのイラスト。

私が彼の作品を最初に見たのは、ご存知『大瀧詠一 / A LONG V-A-C-A-T-I-O-N』のジャケット(上のイラスト)。
皆さんの中でも、このジャケットで彼のことを知ったという方も多いんじゃないでしょうか?
(「鈴木英人」さんの場合は『山下達郎 / FOR YOU』でしょうね)

彼の特徴は、ただ夏っぽい海や空を描いただけでなく、を表現したところ。
またその風景には人物が描かれていません。
それでいてその風景の中にドラマを感じるのは、そこに描かれていない人の気配・・・さっきまでそこにいただろう人の気配を感じるからではないでしょうか。

彼のイラストを起用した音楽が一味違って聞こえる気がするのは、絵そのものにドラマやシチュエーションを感じ、それが音楽とリンクしてよりイマジネーションが膨らむからだと思います。

そんな彼の作品は、その後「松岡直也」「憂歌団」「杉山清貴」また近年のAORブームに乗って、ビクター・エンタテインメントからリリースされたAORシリーズも「永井博」さんのイラストがジャケットに起用され、80年代の気分を演出しています。

・・・という事で、夏も近づいてきた事だし、
そろそろこのアルバムを取り上げてもいいでしょう→
20050413160229.jpg
『大瀧詠一 / A LONG V-A-C-A-T-I-O-N』

“日本のフィル・スペクター”などと形容される「大瀧」さん(大滝秀治さんじゃないですよ・・・って、お前の話はつまらん!!)ですが、このアルバムは私にとってアイランド・レコード(無人島に持って行きたいレコード)のNO.1です。
緻密に計算されたメロディーと、丹念に作られたハーモニー。オーディオのクオリティが高ければ高いほど、新しい音が聴こえて来るエンジニアリング、「井上鑑」氏によるそよ風の様なストリングス・アレンジ・・・。
そのどれか一つでも欠けていたら、これほどの作品は完成しなかった事でしょう。

日本の全ての音楽の最高峰アルバムと断言しちゃいます!

また最近では松嶋菜々子さんのCMに「君は天然色」が使われ、SONYのビデオ・カメラで「スピーチ・バルーン」が使われ・・・と、再び注目を集めています。

実はこのアルバム、オリジナル(アナログ・レコード)発売日に買い、その後出たデジタル・マスタリング仕様の分厚いレコードを買い、CDの初回盤を買い、CD選書版を買い、20周年盤を買い・・・と、同じものを5回も買っちゃったんですね~・・・。しかも全部いまだに持ってます(笑)。
もちろん、超・限定版の『Sing A Long Vacation(透明のレコードでした)』もいまだに大事に保管しております。

この後『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』を、そして『EACH TIME』をリリースしたんですが、当時はその3枚の中から“夏モノ”の曲を集めてベスト・セレクションをカセットテープに録音してました(笑)。
確かタイトルは「ナイアガラ・サマー」だった様な・・・ダサっ。

現在、巷では『Niagara Moon 30th Anniversary Edition』が話題になっていますけど、やはりこのアルバムを聴かずして夏は訪れませんね!

さて、そんな大瀧さん・・・現在またまたロンバケ状態ですが、次の作品はいつ届けてくれるのでしょうか??

“君は天然色”ってどんな色??
    ↓

人気ブログランキング
J-POP | コメント(36) | トラックバック(8)
コメント
こんばんは。
同じ内容のアルバムを5回も買うとは、熱狂的なファンですね!
すごい!
私は、初回のアナログレコードをレンタルショップで借りてきてカセットに録音し、CDは“20周年盤”を初めて買いました。
でも、録音したカセットテープは、毎年、夏が近づくと必ず聞いていました。
夏の超定番ですよね!
こんばんわ。
TBありがとうございます。
オイラは年代的にロンバケとイーチタイムのちょうど真ん中へんですが、イーチタイムの方がリアルで聞いたので印象深いですね。
イラスト業界的にはどうか知りませんですが、「わたせせいぞう」さんなんかも同じようなカラーだったと思います。
ハートカクテルとかね。
こんばんは!TB受け取りました。
ロンバケ、ホントすばらしいです。
多分このアルバムを聴いたことがない人でも、どの曲もイントロ聴いただけで「続きを聴かせて!」って感じになると思う!

いい季節が近づいてきたなあ。
初めまして
TBありがとうございました
あっ! 私のお友達がLINKにありました^^

「鈴木英人」さんのイラストって素敵ですよね~ 確かに彼のイラストには人物が描かれていませんですね~
私は 80年代の音楽好きでした。
その頃、よく音楽雑誌を購入していました。購入していた「FM STATION」 によく彼のイラストが載っていまして、カセットテープのケースのカバー等に使っていたものです。
『大瀧詠一 / A LONG V-A-C-A-T-I-O-N』このCDも大好きですし、またジャケットのこのイラストも凄く印象に残っている作品でもあります。
また お邪魔させてもらいますね
なんだか とても懐かしい気分になれました。ありがとうございました☆

4clover
なつかし~い!!
大滝詠一さん、なつかしいなあ。
彼のCDジャケットも好きです。イラストレーターの
名前は知らなかったけれど(自爆テロ)
「A面で恋をして」とか「さらばシベリア鉄道(?)」
とか大好きでした。
鈴木英人さん
おはようございまーす。
鈴木英人さんのイラスト、学生時代によく真似して描きましたよ、懐かしいな♪
光と影、水の輝き、風の色、静かな風景の中に動の余韻があるんですよね~(^-^)
大滝詠一も好きですよ、随所に古きよき時代への憧れを感じます。
「恋するカレン」や「恋はメレンゲ」も好きでした~♪
オレンジ色かなぁ~
私が思う「天然色」はオレンジ色かな?
キラキラ輝く太陽のイメージです
永井博さんのイラストは黒の使い方が素晴らしいですよね!
ジャケに使われてると、そのままCDを手に取ってレジに行ってしまう私です(笑)
最近の大瀧さんはお正月(だっけ?)にサンソンでお声を聞くぐらいですかねぇ
新作出る予定はあるのかしら?
写真のCDのジャケット、どこかでみたことあるなぁって思ってました。このジャケットの絵をみると、なんだか80年代って感じがして、バブル全盛期の雰囲気が頭に浮かびます。あと、なんか山下達郎の音楽もこのジャケットを見たときにふと浮かびました。いやー、viva 80s!!というところですかね(笑)ところで、ワタシの家の天井は無事修復されました。いつどこで、何が起こるかわからないものですね…。日本でも電車の脱線事故のニュースはインターネットでチェックしています。はやく、できるだけ多くの人が助かって、早く電車が復旧すればいいなと思ってます。
でたー!って感じです。
鈴木英人さんは山下達郎で、永井博さんは大滝詠一でしょう。
松岡直也の「九月の風」も忘れられないし・・・。
あの頃はジャケ買いしてもハズレはなかったなぁ、なんて思い出したりします。
最近出たビクターのコンビ「breeze ~AOR best selection」も素敵な素敵な永井博さんのイラストです。
さすがはビクター。つぼを押えていますね。
どーもです!おかげさまで復活しました!今回はジャケからの取り上げ!自分もこのジャケット見かけたことがあって好きだったんですよ!なんでビックリしました。基本的に視覚に入るものは青が好きなのでこのジャケットの印象のよさは今でも覚えています。又遊びに来させてもらいますね!では失礼します!
みなさんコメントどうもです!
ちょっと見ないうちに10件もコメントが・・・(汗)。
では早速!!

♪まーちんさん。
そうなんです・・・よりいい音で聴きたくて、ついつい買い求めてしまったんですねー。
全て音が違いますけど、やはり20周年のリマスタリング盤がいちばん音がいいっすよ!
まさしく夏の定番アルバムですね!

♪バリさん。
こちらこそコメントありがとうございました。
「イーチタイム」は私もど真ん中。
「わたせせいぞう」さんは北九州出身で、記念館もあったハズ。
今度いってみようかと思います。
今後ともよろしくです。

♪YRさん。
ようやくこのアルバムが本領発揮される季節がやってまいりました。
今日なんか最高のお天気ですのでハマりそ~。
今後ともよろしくお願いします。

♪4cloverさん。
コメントどうもです。
「FMステーション」に鈴木英人さんのカセット用レーベルがついてましたよね!私は「レコパル」派でしたが(笑)。
ちなみに「大瀧」さんのジャケットは「永井博」です(笑)。
今後ともご愛顧を!

♪ミーナさん。
いつもどうもです!
「さらばシベリア鉄道」は、もともと「太田裕美」さんの為に書き下ろした曲を「大瀧」さんが自分のアルバムでセルフ・カバーした(確か)曲です。
これだけ他の曲とイメージ違うんですよね(笑)。でも好きな曲です。
ジャケットのUPできて本当によかったですね!

♪keiさん。
「大瀧詠一」のファンは多いですね。
「恋するカレン」・・・最高っす!
ちなみにジャケットのイラストは「永井博」さんです(笑)。

♪ななっちさん。
天然色はオレンジ色かぁ・・・なるほど、太陽の色ですね!
確かに「永井博」のジャケットは見ただけで欲しくなる絵ですよね~。
散財しないように気をつけなくちゃ!
でもブレバタの今回のジャケットは、内容がいいだけにもうちょっと考えて欲しかったけどね(笑)。

♪ヒトミさん。
確かにバブルの時代でした。
その後、こうしたリゾートものが脚光を浴び、日本人は本当のリゾートを作りすぎて破綻・・・。
ま、それも歴史なんですかね。
その後、天井は大丈夫ですか?

♪たかさん。
「永井博」と「鈴木英人」は、30代以上の方にはキュンとなる2人ですね(笑)。
それぞれの絵にそれぞれの思い出があるはず・・・でしょ(笑)?

♪Autumn Gardenさん。
いつもどうもです。
お風邪は治ったみたいですね!
よかったよかった。
昔「永井博」のイラスト集を持っていたんだけど・・・どこ行っちゃったのかなぁ・・・今ならレア・アイテムなのに。

・・・ふう、やっと書き終えた(笑)。

それにしても昨日の脱線事故。
大変なことになっています。
このブログをご覧の皆様の中に、お知り合いやご家族が巻き込まれた方がいらっしゃいましたら、御悔み申し上げます。
何もしてあげられませんが、私のブログで紹介した音楽で、少しでも元気を与えられたらと思っております。
すみません、気の利いた言葉がみつからなくて・・・。
大滝詠一さん!
中学か高校の頃、聴いてました。
確か、稲垣潤一さんに「バチェラガール」提供してましたよね?
「カナリア諸島にて」が一番好きな曲です。久しぶりに聴きたくなったけど
どこへいったやら(汗)

あっ、ちゃんと毎回ポチッと押してま
すからね(笑)
♪chiaさん。
コメントどうも。
多分同年代ですね(笑)。
「カナリア諸島にて」で「カナリア諸島」を知りました!!
でもあの島には元々カナリアがいた訳ではなく、野犬が多かったそうです。その「犬」を意味する「canis」が「カナリア諸島(Canaria)」の名前の由来となったそうです。
イメージと全然違いますね(笑)。
毎回ポチッとお願いしますね!!
おお同志!
始めまして。TBありがとうございます。5回っすか!わたしゃLPとCDだけですが、それぞれテープやMP3にアレして、回数だけは聞き込んだりしてます。多分一生聞き続けるんだろうなぁ、これ。

収録曲中では「恋するカレン」が思い出深いです。初めて聞いたときはピンとこなかったんですが、そのうち似たような体験をいたしまして…。今は昔のお話です。
♪rojiさん。
コメント&TBありがとうございます。
>初めて聞いたときはピンとこなかったんですが、そのうち似たような体験をいたしまして…。
おやおや?どんな体験があったのでしょうか?
いつか聞かせてくださいね(笑)。
今後ともよろしくお願いしますね。
トラックバックとコメントありがとうございます。
これをご縁に時々覗かせてもらいますのでよろしくお願いします。。

大瀧詠一、いいですよね。
時間の止まったような南の島で、浜辺に寝そべりながら聞けたりしたら天国だろうなあ。
はじめまして
Musicmanさま、はじめまして。
TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
このアルバムが発売された時、私は高校一年生でした。
それ以来、夏が近づくと必ず聴いています。
私にとってはGOGO'Sとともに夏の定番なのです。
今年ももちろん聴きますよ~。
192.5cmの星崎です。
私のブログにお越しいただき、ありがとうございます!私もやはり大滝師匠の新作を待ち続けて21年です…
「ナイアガラ・ムーン30周年版」是非聴いてみて下さい!あの演奏の密度の濃さはスゴイ!
♪プカプカさん。
こちらこそコメント&TBありがとうございます。
福岡はもう初夏の陽気です。
このアルバムもバッチリ似合いそうですよ!
そちらはまだまだ気温が低いようですけど、このアルバムで気分だけでも南国を味わってくださいね。
今後ともよろしくお願いします。

♪keiさん。
>このアルバムが発売された時、私は高校一年生でした・・・
って事は私と同い年かな?
しかもGO-GO’Sで夏を満喫するあたり間違いないでしょう(笑)。
GWは渦潮ですか?楽しんできてくださいね!

♪星崎研二さん。
こちらこそありがとうございます。
早く新譜が聴きたいですね!
「ナイアガラ・ムーン」はまだチェックしてませんけど、いいみたいですね?
音の厚みとか解像度が違うんでしょうか・・・。
早速チェックしてみますね!
今後ともよろしくです。
はじめまして♪
コメント&TBありがとうございます♪
このジャケットも曲も
あの頃の夏には欠かせない一枚でした♪
今また、CM等で流れてくる曲を聴いたとき懐かしさでいっぱいになりました。
あらためて聴いています♪
やっぱり良いですね(*^^*)
TBありがとうございました。
永井博氏は偉大なるワンパターンという感じ、エイジンスズキは名前逆にするのが似合うというか、アーチスティックに思います。
ま、どっちもそれなりに「大」好き(笑)
盛り上がってますねー(w
私はどちらかというと鈴木英人派なんですよ。
勿論、ロンバケは大好きですし薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべたりもしました(笑)。
だけどFMステーション読者としては彼のイラストのカセットレーベルが目当てだったりしましたし、やっぱりあの△とか○とかが飛んでるのが未だに好きだったりして…実際部屋に鈴木英人さんのポスターがバーンと貼ってあります。
好きなんですよねー。80年代のあの雰囲気が忘れられないんですよねー。…で当然ながら「FOR YOU」も大好きです。
TB&コメント、ありがとございました。Musicmanさん、かなりの音楽ファンとお見受けいたしました。
今度は、引越し先へでも遊びに来てくださいネ。

当方ブログにリンク貼らせて頂きました
ロンバケネタで当方ブログにコメント頂きましたすぎたと申します。
聴きたくなるアルバム満載でうれしくなりました。いろいろ聴いてみたいと思います。
勝手ながらリンク貼らせて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします。
♪えこりんさん。
コメント「ペコリン!」です(笑)
時代が変わってもこのアルバムは不変の良さがありますね。
そろそろサザンやエア・サプライ、ゴンチチなんかも気持ちよくなる季節がやってきました!!
今後ともよろしくお願いします。

♪solitarylifeさん。
こちらこそありがとうございます。
私も「永井」氏も「鈴木」氏もそれぞれ個性は違っても大好きなアーティストです。
もし「大瀧」さんの「ロンバケ」が「鈴木」氏のイラストで、「達郎」さんの「FOR YOU」が「永井」氏のイラストだったら・・・。
ちょっとニュアンスが違いますよね(笑)。
そちらの「鍵」の写真・・・かなり気に入りました!!
今後ともよろしくお願いします。

♪祥さん。
何かむちゃくちゃコメントを頂いててビックリです(笑)。
祥さんは「英人」派でしたか。
○とか□とか、あと~←もありますよね。
あれは「風」をイメージしているそうです。
光や影を描いた画家は星の数ほどいますが「風」を描いたのは彼が初めてじゃないでしょうか。
もちろん私も「FOR YOU」大好きです。

♪ryomei さん。
こちらこそどうもです。
そうです、“バカ”が付くほどの音楽ファン。
(バカが付くほどの女好きという噂もありますが・・・笑)
お引越し先もうかがいました。
「ダビンチコード」、買ってはいるんですが、まだ読んでないんですよ~・・・いつになったら読めるのやら。
今後ともよろしくお願いします!
♪すぎたさん。
コメントどうもです。しかもリンクまで貼っていただけましてありがとうございました!
そちらのブログにも私好みの音楽がいっぱいですので、これからもちょくちょく遊びに行きますね!
今後とも末永くよろしくお願いしますね!
御礼の書き込みでございます。
>Musicmanさま
御礼のTBをさせて頂きました。
そうそう、Musicmanさまのお名前、
レオフェンダーのベースの名前と
同じですね。
これからもよろしくお願いいたします。
♪gan@RBGさん。
こちらこそありがとうございます。
お~!ベースの名前と同じでしたか!!
知りませんでした。
今後ともよろしくお願いします。
ものすごい盛り上がりだ!
完全に出遅れましたが、TB&コメント、ありがとうございました、Musicmanさん。
しかし、すごい盛り上がりですね、大瀧詠一先生&鈴木英人、永井博。
今日の天気で大瀧詠一先生のアルバムをipodで聞いて歩いてたら、なかなか良い感じで、気持ちよかったです。
風の強さが鈴木英人の世界でもあったなぁ。
♪kawa14さん。
こちらこそありがとうございます。
「永井博」のせいか「大瀧詠一」のせいかは分かりませんが、それだけ良質の作品だったという事でしょうね。
私も反応の良さにビックリしています(笑)。
今日は全国的に晴れだったみたいですね。千葉でも風が強かったんですか?福岡もかなり吹いてました。英人さんのイラストの様に風が見えるといいですね!
今後ともよろしくお願いします。
大瀧詠一はいま?
TBならびにコメントいただきありがとうございます。こちらは誰も見ていないサイトで、こーやって、輪が広がるんやといい体験させていただきました。少しずつ、いろんな人に見ていただけるようにしたいと思います。
それにしても、大瀧詠一って、いま何してるんでしょうね。才能はピカイチやのに、金儲けがヘタクソって感じでそこがええ味ですね。
♪良良夏実さん。
初めまして。こちらこそありがとうございます。
ホント大瀧詠一・・・何やってんだか。
まさにロンバケ状態ですね(笑)。
ま、ああいう職人肌の人は気が向いたときだけ仕事するんでしょうね。
(そんな生活してみたい・・・笑)。
良良夏実さんのブログも味があって好きですよ!
名前の由来・・・ご家族の名前のMIXなんですね!
今後ともよろしくお願いします。
ハジメマシテ
いつも祥さんのとこでお名前お見かけしてます。遅ればせながらコメントさせていただいちゃいますねー。うふふ、私の青春…というか人生も、このアルバムなくして語ることはできません。Musicmanさんには及ばないけれど、私もこれはアナログとCD初回盤・20th盤の3枚持ってます、あと「Sing A Long~」も(お互い重症患者ですね・笑)。このアルバムの「君天」のイントロダクションを聞くと、今でも10代の頃と同じように血が逆流しそうなぐらいドキドキします。
♪moonlightdriveさん。
こちらこそ初めまして。
そちらも「ロンバケ」でしたか!
やっぱ何年経っても古臭さをカンジさせないアルバムですよね~。
血が逆流するぐらいドキドキですか?
私なんかそんな事になったら貧血で倒れちゃいます・・・歳のせいかな(笑)。
祥さんの趣味と殆ど同じなので、コチラにもちょくちょく遊びに来てくださいね!
末永くご愛顧を!!
はじめまして。
はじめてお邪魔します。
ざぁっと斜め読みでしたが目を通すのに2時間近くかかってしまった。
今でも時々口ずさむ大滝詠一の曲があります「ナイアガラCMスペシャル」のムーチュです。またお邪魔します。
♪karさん。
初めまして!ようこそいらっしゃいました!!
2時間もかけてしまいましたか(笑)。
長いだけのブログなので申し訳ないです(汗)。
「ナイアガラCMスペシャル」・・・懐かしいですね~。
後ほどそちらにもお邪魔しますね☆

管理者のみに表示
トラックバック
隠れCMソングの帝王、大瀧詠一先生の作品。前作「ロングバケイション」からの路線をそのままに、さらに楽曲のクオリティは上がってます。世間話には前作のほうが評価は高いのですが、オイラはこちらのほうが断然好き!「ペパーミントブルー」なんて何度聞いても感動し
breeze ~AOR best selection永井博のイラストがむかしっから好きです。大滝詠一の「A LONG VACATION」や松岡直也の「九月の風」なんか学生の頃から夏の定番でした。そんなところへ、あきらかに我々30代から40代をターゲットにしたコンピレーションが出ていました。.
ソニー・ハンディカムの新しいCMに、大瀧詠一の「スピーチ・バルーン」が使われている。去年はキリン生茶がほぼ一年間「君は天然色」を使っていて、松嶋菜々子の可愛らしさと相まって好きだったのだが、今のホット生茶は違うしなぁ、と思っていたので嬉しかったり。それらが
1981年、大滝詠一の大ヒットアルバム「A Long Vacation」が発売された。近年、緑茶のCMで、一曲目の「君は天然色」が流れ、筆者は懐かしく感じていた。大滝詠一氏がこのアルバムを出した時の年齢は33才である。つまりいまの筆者よりも若い、ということになる。
#99 借り物の1枚。 1981年のレコード。 言わずと知れたこの人も、「はっぴいえんど」OB。 いっときはCMキングと言っていいほど活躍した人だ。 このレコードからも何曲もCMに使われていて、 最近でも「スピー
A LONG VACATION 20th Anniversary EditionSONYのCMで懐かしい名曲『スピーチ・バルーン』が使われているのを耳にして、とっても聴きたくなったので、カセットテープ(!)を探した。な、ないーーーー!!
本日もあいらんどさんのリクエスト、大瀧永一さんの「ロングバケーション」でございます。
大阪は朝から雨です。趣味の散歩とかジョギングができません。予定はないので、家で、音楽・読書・ネットです。聞きたい音楽も限定されます。手にしたレコードは「大滝詠一」。特に「雨のウェンズデー」が聞きたかったので。この曲しか選択肢はありませんでした。
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。