08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ロング・ディスタンス・ラヴ☆

2009年12月21日
ハートのクリスマス

クリスマスまで後わずか。
明日22日は『冬至』ですが、今日21日は『遠距離恋愛の日』だそうです。

遠距離恋愛中の恋人同士が、お互いの愛を確かめ合うという日。
なぜ12月21日なのかと言いますと、“1221”の両側の「1」が1人を、「2」が近づいた2人を表しているのだそうです。
ま、若干“無理”がある語呂合わせですけどネ(笑)。

ところで、どれぐらいの距離が『遠距離恋愛』になるんでしょうか?

「県外」「日帰りはできる距離」「新幹線や飛行機を使わないと逢えない距離」「海を越えた距離」・・・人によって“遠い”と感じる距離は違うでしょうけど。
それこそ昔は『シンデレラ・エクスプレス』なんてのも流行りましたけど、最近は携帯電話や「SKYPE(スカイプ)」で相手の顔を見ながら話せる時代。
もしかしたら時代と共に「遠距離恋愛」における“距離の障害”が無くなる日がくるかもしれませんね。

Go To amazon!!


『吉田美奈子 / EXTREME BEAUTY』
01. Voices
02. Beauty
03. Mistic Paradice
04. Coco
05. Liberty
06. Angeldust
07. Scenario
08. Still Moon
09. 精霊の降りる街
10. 星の海


このブログでは久々の日本人アーティストですね。
この人の前ではどんなシンガーも平伏してしまうかもしれません。孤高のヴォーカリスト「吉田美奈子」の95年の作品。

90年に発表した『gazer』から5年のブランクを経て発表されたこの作品は、これまでの作品に較べると非常にポップでありながら、根底には彼女ならではのスピリチュアルなテイストが存在し、彼女のヴォーカルは“歌”というよりも“祈り”に近い仕上がりで、これがこのクリスマス・シーズンに非常に似合う作品なんです。

基本的にはプログラミングされたサウンドをベースにしていますが、「椎名和夫(prog,g)」「中西康晴(kyd)」「岡沢章(b)」「土方隆行(g)」「浜口茂外也(perc)」など彼女と親交の深いミュージシャンがバックを固め、には「山下達郎」がバック・コーラスで参加しています。

教会の鐘の音とパイプ・オルガンをバックに賛美歌の様に歌う小曲、一聴してスグにそれと分かる「山下達郎」がコーラスで参加した名曲、幾重にも重ねたコーラス・ワークが印象的なメロウ・フローター、ピアノとクワイヤーだけをバックに歌い上げる賛美歌風(「鈴木雅之」とのデュエット・ヴァージョンが、SONYのCMソングに起用されました。)、ジャジーでダークな三連バラード、クリスマス・シーズンにピッタリのスピリチュアルな、このアルバムの前年1994年に亡くなられたイラストレーター「ペーター佐藤」氏に捧げられた、もはや音楽というの枠を超えた“魂の叫び”とも言える壮大ななど、彼女のヴォーカリストとしての実力と魅力が堪能できるナンバーばかり。
もちろん④⑥⑧の様な、名盤『MONSTERS IN TOWN(’81)』直系の彼女お得意の重厚なファンク・チューンも健在で、非常にバラエティに富んだ構成となっています。

クリスマスに楽しく賑やかなクリスマス・ナンバーもそれはそれでお似合いでしょうけど、例えば楽しいクリスマス・パーティーの後片付けをしながら、一人夜にしんみりと聴きたい1枚です。


J-POP | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
そんな日があるんですね~

スカイプや携帯ではあったかさは感じられないですよね e-263
No title
実は他の言葉を入れたら禁止用語になって送れませんでした v-7

果たしてその言葉は v-410
モンスター・イン・タウン
Musicmanさん、こんにちは。

私が初めて吉田美奈子を知ったのは、リアルタイムで「モンスター・イン・タウン」が出た時だったでしょうか?
圧倒的なヴォーカルに魅了されて、遡って聴きあさった時期がありました。
現在でも意欲的に活動しているのが素晴らしいですよね。
まさに、「歌手の鑑」!
♪ekoさん。
技術が進歩しても温もりは欲しいですよね。
でも若い人たちは繋がればいいって感じなんでしょうか?

>実は他の言葉を入れたら禁止用語になって送れませんでした 
>果たしてその言葉は?

う~ん・・・解りません(汗)。
一時期変なコメントばっかり来ていたので、禁止用語かなり入れてますから(笑)。
♪Apolloさん。
この人の声の存在感は、唯一無二のものでしょうね。
私が彼女の音楽を初めて聴いたのは「夢であえたら」でしたけど、どの作品も彼女しか作れない音楽だと思います。

最近では「村上ポンタ」とコラボしていたり「渡辺香津美」のアルバムに参加していたり、かなり幅広い活動しています。
そちらもかなりオススメですよー!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。