04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

暮れの海岸。

2009年12月28日
今年最後の海

28日(月)に無事に仕事納め。
今年は“牛年”でしたけど、牛のように「ノンビリ・・・」とは行かず、結局例年通りバタバタした1年間でした(笑)。
「今年の汚れは今年のうちに!」とばかりに大掃除が始まります。
結局31日までバタバタするんでしょうね(笑)。

さて、写真は仕事納め後に訪れた今年最後の海の風景。
最近・・・特に夏の終わりからずっと忙しくてゆっくりと海を見てなかったのですが、やっぱり落ち着きますね~。
来年は気持ちの上でも余裕を持てる年にしたいデス。


今年も後数日。まずは毎年恒例となったCDの整理から始めなきゃ・・・。
何で毎年CDが散乱してしまうのか解りませんが(笑)、おかげで久々にこんなステキなアルバムに再会しちゃいました!!

Go To amazon!!


『Rick Bowles / Free For The Evening』
01. Too Good To Turn Back Now
02. (Tonight I’ll Be Your) Fool Again
03. Your Loss
04. Eagle And The North Wind
05. So Far So Good
06. Listen To Last
07. Mr. Right
08. Dragon Suite


物思いに耽るオトコがバー・カウンターで一人静かに酒を飲み、その傍らにワケ有りな美女がカウンターに寄りかかる・・・まるで映画のワン・シーンの様なジャケットのこのアルバムは「リック・ボウルズ」の記念すべき1stアルバム(’82)。
AORブームも過渡期だったという事もあり、一部のマニアの間ではかなり注目されたんですが、どちらかというと91年にCD化されて以降の方が評価は高くなっています。

マッスル・ショールズを拠点とするのAORデュオ「バーン・アンド・バーンズ(ブランダン・バーンズ&ロバート・バーン)」が全面バックアップしたこの作品は、その「バーン&バーンズ」に勝るとも劣らない作品。

プロデュースは「ジェイ&ジ・アメリカンズ」などのヒット曲を手掛けたソングライター/プロデューサーの「テッド・ダリル」
参加ミュージシャンは「ブランダン・バーンズ(ds)」「ロバート・バーン(g)」に加え、「デヴィッド・サンボーン」のバンド・メンバーとしても知られる「ニック・モロック(g)」「スライ&ザ・ファミリー・ストーン」のドラマーだった「アンディ・ニューマーク(ds)」「ダリル・ホール」「パティ・オースティン」等のアルバムに参加している「ボブ・ライリー(ds)」「ホール&オーツ」のバンド・メンバー「T-ボーン・ウォーク(g,b)」、サルソウル系のアルバムに参加していた「リチャード・テネンバウム(perc)(現在は三日月形のタンバリンを開発しタンバリン・メーカーの社長として活躍)」など、実力派プレイヤーが脇を固めています。

アルバムは軽快なロックン・ロール・チューンでスタート。特にAORではないので最初は「えっ!?」ってカンジでしたけど、続くでは「バーン&バーンズ」に通じるクリスタルなハーモニーが印象的なバラードを聴かせ、「ペイジズ」を髣髴とさせるソウルフルなAORチューン、スケールの大きなバラードといったナンバーは、AORファンにはたまらないサウンド&メロディー。
他にもエレピとアコギのコントラストが心地良い黄昏メロウ、や10分という長さの組曲もオススメ。
特に「バーン&バーンズ」とのコーラス・ワークの美しさは特筆すべき点です。

当時はワン&オンリー作品と思われていたんですが、2001年に幻の2ndアルバム『No Man's Land』が発掘CD化。こちらも「バーン&バーンズ」に加え、「マック・マクナリー」「クレイトン・アイヴィー」「ジョン・ウィリス」「ハーシー・リーヴス」などマッスル・ショールズ周辺のミュージシャンが参加し、< Who's That Look In Your Eye> < One Life Stand>なんて名曲も収録。
「ボズ・スキャッグス」「リチャード・マークス」などに共通したサウンドで、コチラもAORファンには超オススメです。

但し、両作とも現在は廃盤。2ndは比較的手に入りやすいのですが、この1stはかなりレア盤となっているので、是非とも再発して欲しいですね。
ライナー・ノーツもアナログ発売当初のものなので、「金澤」氏あたりにリライトして頂ければより嬉しいのですが・・・(笑)。


AOR | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
隠れ名盤
ロバート・バーン、
ビル・ラバウンティ、
マイケル・ジョンソン、
ランディ・グッドラム。

この辺がお好きな方は必聴ですね。
ちなみにジャケットにボトルが写っている
アイリッシュウィスキー、ジェムソンはワタシの好物です(笑

大掃除からは目を背けたまま新年を迎える
ことになりそうです(^^;
♪怪鳥さん。
さすが反応がお早い(笑)。
このアルバムは聴けば聴くほど味が出る・・・まさにアイリッシュ・ウィスキーの様なアルバムですね!

大掃除は明日が本番(笑)。
早めに済ませて31日はゆっくりしようと思っています。

お仕事ご苦労様です!!
散乱したまま信念を貫き通す!?
一年以上前から散乱しっぱなしのも多々ある者です。
聴く幅が広がってくるにつれ、そうなってきてしまったようで、アレを聴こうと思っても取り出せなくて、こんな所にこんなものがって、久々に聴き入ってみたり。。。
まぁ、そんな感じでいいんじゃないでしょうか!?
お店でリクエストに応えたり、DJでもをやってりゃ別ですが…。

さて、上の3作品、年内に取り出すことができるでしょうか…(汗)
♪Takuさん。
コメントどうもありがとうございます。
本当にCDってスグに散乱しちゃいますよね(泣)。
私としては沢山あるCDを見て笑顔になっちゃうんですけど、
家内は「ったくもう・・・」と蹴散らしていきます(笑)。

でも普段なかなか手に取れないから思わぬ発見があるんですよねー。
上記3作品、是非年内に再度聴いてみてください。
きっと新たな発見があると思いますよ(笑)!!
Musicmanさん コンバンワ♪
自分は先程「大掃除」が終わりました(ホッ

今年はMusicmanさんご本人は勿論、ブログやコメントを通じて沢山の良い作品を知る、イイ出会いに恵まれました(感謝

では、良いお年を ノシ
♪kickさん。
大掃除ご苦労様です!
私も普段使わない筋肉使ったせいか、腿の内側が筋肉痛です(笑)。

こちらこそ今年は本当にお世話になりました。
来年もステキな音楽に出会いたいものですね!
来年も宜しくお願い申し上げます。
良いお年をお迎え下さい☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。