09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

雪景色。

2010年01月16日
雪の日

いや~、今週の大雪は凄かったです。
もちろん毎年の様に福岡でも雪は降りますし、積もる事だってあります。
しかし、今回の雪はまるで雪国かと思うくらいの降雪量。
高速道路は全面通行止めでしたし、道路のあちこちにJAF待ちの故障車や事故車も見られ、途中、吹雪いていましたから(汗)。
今年度一番の寒気が流れ込んだせいという事なんですが、ここまで寒い日は初めて経験したかも・・・。

ま、本場の雪国に較べたら大したコト無いんでしょうけどネ(笑)。

こんな寒い日は、暖かい鍋と心を暖めてくれるこんなアルバムで過ごしたいものです。


Go To amazon!!


『Teddy Pendergrass / You And I』
01. Don't Keep Wastin' My Time試聴する
02. Let's Talk About It試聴する
03. Without You試聴する
04. You And I試聴する
05. Can We Try試聴する
06. One In A Million You試聴する
07. Hurry Up試聴する
08. Interlude試聴する
09. Give It To Me試聴する
10. Slow Ride To Heaven試聴する
11. Give It To Me [Seduction Version]


しんしんと降る雪を見ながら、こんな心温まるアルバムは如何でしょうか?
ご存知の方も多いと思いますが、ソウル・シンガー「テディ・ペンダーグラス」がアメリカ時間の1月13日の夕方、結腸がん手術後の合併症のために、入院先のフィラデルフィア郊外の病院で死去されたそうです。
享年59歳。

「テディ」と言えば、70年代に人気ソウル・グループ「ハロルド・メルビン&ザ・ブルー・ノーツ」のリード・ヴォーカルを勤め、その後ソロに転向。
といったヒット曲を次々と生み、ソウル・シーンを代表するシンガーとして活躍しましたネ。また「ホイットニー・ヒューストン」のデビュー・アルバムではでデュエットを披露した事でも知られています。
しかし、自動車事故で下半身不随となり車椅子での生活を余儀なくされながらも精力的に音楽活動を行っていました。
もちろん彼は多くのアーティストに多大な影響を与え、“テディ系”なんて称されるアーティストも沢山登場しています。

そんな彼が98年に発表したこの作品は、デビュー25周年を記念してリリースした98年の作品。
アルバムの大半は、“4人目のリヴァート”と称される「ジム・サラモーン」との共同プロデュース(早くも彼のmyspaceには「Rest in Peace Teddy.」の文字が・・・)。
彼は「リヴァート」の他にも「グローヴァー・ワシントン・Jr.」『Strawberry Moon(’87)』『Time Out Of Mind(’89)』『Next Exit(’92)』「フィリス・ハイマン」「ミキ・ハワード」など数々のアーティストのアルバムに参加しているドラマー/プログラマー。
彼との共同作業はこれで3度目なので、非常に馴染んでいると思われます。

全米R&Bシングル・チャートで39位まで上昇したミディアム・トラックをはじめ、アルバムの殆どが心に染み入るバラード・チューンで占められています。
中でもフィラデルフィア・ソウルのマナーを周到したや、「サム・ディーズ」作で「ラリー・グラハム」が歌い大ヒットした曲のカバーなどは絶品!
事故の後は、昔のように声にドスが効いたヴォーカルは聴くことはできませんが、逆にシルキーで囁くように歌い上げるヴォーカルは、個人的にはお気に入りです。

結果的にこの作品が最後のオリジナル・アルバムとなってしまいましたが、彼の90年代以降の作品の中では、非常にクオリティの高い作品だと思います。
寒い夜に彼の温かいヴォーカルは、きっと貴方の心を優しく包んでくれる事でしょう。

R&B | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
事故後の彼のヴォーカルについては「物足りない」とする意見が圧倒的で、
それはそれでもちろん理解できます。
でも個人的にはアクシデントを乗り越えたことからくる力強さ、優しさみたいなものを
強く感じるんですよね。
Midnight StarのCalloway兄弟と組んだ'88年の『Joy』なんて、好きだったなぁ。
ご冥福をお祈りします。
♪怪鳥さん。
私も事故後のヴォーカルは結構好きです。
搾り出すような歌い方が、結果的に彼の後期の特徴でもありましたね。

『Joy』は私も大好きなアルバムです!!
CDでは持っていないんですけど・・・。
コレをキッカケに探してみます☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。