10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大豆のチカラ。

2010年02月03日
大豆

「鬼は~外~!福は内~!!」
そう、2月3日『節分』
前年の邪気を祓うという意味を込めて、平安時代頃から行われている「追儺(ついな)」の行事から生まれたそうです。
ちなみに炒った豆で鬼をはらう風習は中国から日本に伝わり、この追儺の時に行われたのが由来。

ところでこの「節分」の時に撒く豆と言えば『大豆』。大豆は日本人には無くてはならない食材になっています。
味噌・しょうゆ・納豆・豆腐・・・等、様々なものへと変化していき、私たちの食生活へ取り入れられています。

大豆が登場したのは、今から約4千年前の中国。初めは野に咲く草だったそうですが、それを栽培したのが大豆の始まりと言われています。
日本へは今から約2千年前(弥生時代)に、朝鮮を通じてやって来たそうで、昔の日本人は肉を食べる習慣が殆ど無かったため、大豆から取るタンパク質はとても大切なものでした。
その後、奈良時代に入ると中国との外交も盛んになり、味噌や醤油の加工方法も伝わり、鎌倉時代の後半になって栽培も多くされる様になったとか。
人間の体に必要なタンパク質が多く含まれているので、戦(いくさ)に出かける武士などの栄養源になっていたそうですよ!

ちなみに大豆は“大きな豆”と書きます。でも大豆よりも大きな豆は沢山あるのにどうして“大きな豆”と書くのか・・・?
実はその意味は“大きい豆”ではなく“大いなる豆”から来ているんです。「畑の肉」とまで言われるぐらい含まれているタンパク質は、まさに“大いなる豆”と呼んでもおかしくないでしょうね。

ところで、以前は豆の他に米や麦、栗、炭なども使われていたそうですが、豆を多く使うようになったのは五穀の中でも収穫量も多く、鬼を追い払うときにぶつかって立てる音や粒の大きさが適当だったことに因るそうです。また炒った豆を使用するのは、節分は旧年の厄災を負って払い捨てられるものである為、撒いた豆から芽が出ては不都合だからだそう。
今やイベント化している『豆撒き』ですけど、ルーツは奥深いんですね。

ちなみに私、この大豆から出来る加工品は何でも好きですけど「納豆」だけはダメ・・・これまで一度も口にしたことありません。
身体にイイのは解っているんですけど・・・。これからも多分食べないと思います(笑)。

Go To amazon!!


『Boz Scaggs / Dig』
01. Payday試聴する
02. Sarah試聴する
03. Miss Riddle試聴する
04. I Just Go試聴する
05. Get On The Natch試聴する
06. Desire試聴する
07. Call That Love試聴する
08. King Of El Paso試聴する
09. You're Not試聴する
10. Vanishing Point試聴する
11. Thanks To You試聴する


AORシーンを代表するダイズ・スキャッグス」・・・じゃなかった(汗)、「ボズ・スキャッグス」の2001年の作品は、年齢を重ね円熟味の増した中年男性ならではの渋い仕上がりの1枚です。

「ボズ・スキャッグス」と言えば、『Silk Degrees(’76)』『Middle Man(’80)』といったAORアルバムが注目されますね。1988年に発表された復帰作『Other Roads』の後にリリースされた『Some Change(’94)』『Come On Home(’97)』の2枚は、彼のルーツでもあるブルース・フィーリング溢れる作品でしたが、今作では「デヴィッド・ペイチ」「ダニー・クーチマー」との共同プロデュースによって生まれた、まさに“21世紀盤シルク・ディグリーズ”とも呼べるAOR作品。

もちろん参加ミュージシャンも「デヴィッド・ペイチ(kyd)」「ダニー・クーチマー(g)」に加え「ネイザン・イースト(b)」「スティーヴ・ルカサー(g)」「グレッグ・フィリンゲインズ(p)」「レイ・パーカー・Jr.(g)」「スティーヴ・ジョーダン(ds)」といった親交の深いミュージシャンから、「ジェフ・ポーカロ」の父親「ジョー・ポーカロ」から学んだと言う「ロビン・ディマジオ(ds)」や、ジャズ・ミュージシャン「ロイ・ハーグローブ(horn)」、フルート奏者でもあり自らも『Essence』というジャジーなR&Bアルバムを発表している女性シンガー「モネイ」など多彩な顔ぶれ。
しかもアルバムのミキシングを担当したのは「エリオット・シャイナー」というから、これまたAORファンは食指が動くというものですね。

名曲にも似た「デヴィッド・ペイチ」らしいメロディーの、プログラミングされたサウンドでありながら何処かブルース・フィーリング溢れる、全米のスムース・ジャズ・ステーションでもオンエアーされていたジャジーAORな、前作『Come On Home』にも通じるアーシーな、ナント「ボズ」自身がラップに挑戦した「スティーヴ・ルカサー」のアグレッシヴなギター・ソロが唸るHIP-HOPチューン、近年のR&Bスタイルを周到した、ラテン・テイストを上手く取り入れた、アウトローな雰囲気を持つ、アヴァンギャルドなサウンドが魅力の、アーバン・メロウな、人通りの少ない深夜の街角を思わせる・・・と、比較的地味な印象を受ける楽曲ばかりですが聴く程に味わいが増してきます。
また、打ち込み中心の音作りでありながらも彼のヴォーカルが聴こえた瞬間に「ボズ・スキャッグス」の世界になるから不思議です。

ジャケットを手掛けたのは、「マイケル・フランクス」『アヴァンダンド・ガーデン』を初め数々のアーティストのジャケットを手掛けた有名な写真家「ケン・シュレス」によるもの。
なるほど、このアルバムのイメージを上手に表現しています。

ちなみに「ボズ」はこの作品の後は、ご存知のように『But Beautiful(’03)』『Speak Low(’08)』というジャズ路線へ以降。
もちろんこのジャズ路線もかなりお気に入りなんですけど、やっぱり往年のAOR路線もそろそろ聴いてみたいものですね!





AOR | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
納豆
納豆はほぼ毎日食べてます(笑)
なぜかあの匂いは平気なんです。
健康にも良いんですよ~
まあでも、普通に考えたら
これが人間の食べるものか?
という気持ちもわかります(笑)
♪ジャックさん。
ま・・・毎日ですか!!
匂いもそうですけど、どう考えても食べ物に見えなくて(笑)。
身体に良いのは解っているんですけどね・・・。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。