04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

香をだに残せ梅の花。

2010年02月13日
梅の花

2月に入り、何故かバタバタと忙しい毎日が続き、ブログの更新もままならずの今日この頃ですが、
皆さん如何お過ごしでしょうか?

今週は2月とは思えない程の温かい日が続き、気が付くとの花が開花していました。

『ちりぬとも 香をだに残せ梅の花 恋しき時の思ひでにせん』

「古今和歌集」の一句です。
「例え花は散ってしまっても、香りだけは残してくれ梅の花よ。恋しくなった時に思い出す縁にするから」という意味。
乙女の恋心を詠ったキュンとくる短歌ですね~。

そう言えば今週末は「バレンタイン・デー」ですね。
こんな想いを馳せている乙女もいるんでしょうね(笑)。

ちなみにモテない私は例年家内からの1つだけ。
今年は特に、最近の不況を反映してか、義理すら貰えないみたいです・・・トホホ(泣)。

Go To amazon!!


『Stanley Turrentine / Tender Togetherness』
01. Hermanos試聴する
02. I'll Give You My Love試聴する
03. Tamarac試聴する
04. After The Love Is Gone試聴する
05. Cherubim試聴する
06. Only You And Me試聴する
07. World Chimes試聴する
08. Pure Love (Interlude)試聴する
09. Havin' Fun With Mr. T.試聴する


春のドライブには、爽やかでクールなこんなアルバムが良く似合います。
テナーSAX奏者「スタンリー・タレンタイン」の81年の作品。
「スタンリー・タレンタイン」と言えば、ブルーノート時代には『Joyride(’65)』というソウル・ジャズを、そして70年代にCTIに移籍してからは『Sugar(’70)』「ミルト・ジャクソン」との共同名義の『Cherry(’72)』など、数多くのファンキーでアーシーな作品を残してきました。

そんな彼が、折りしものフュージョン/ディスコ・ブームに乗って発表したのがこの『Tender Togetherness』

プロデュースにはナントあの「EW&F」のギタリスト「アル・マッケイ」を迎え、しかもその「EW&F」のメンバーも総動員し、また「ネイザン・イースト(b)」「パウリーニョ・ダ・コスタ(perc)」「レオン“ンドゥグ”チャンクラー(ds)」「ナイロン・ミラー(b)」「リン・デイヴィス(vo)」「ダイアン・リーヴス(vo)」といった実力派ミュージシャンも勢揃い。
このメンツを見て悪かろうハズありません。

当時はあまりスポットを浴びませんでしたけど、今聴いてみるとコレが実に素晴らしい作品です。

幻想的なイントロから疾走感溢れるファンキー・トラック、一聴して「EW&F」らしいジャズ・ファンク・チューン「EW&F」のアルバムに入っていても不思議ではないグルーヴィーな、パーカッションとストリングスが青空に映える「ダイアン・リーヴス」「フィリップ・ベイリー」のヴォーカルが楽しめるメロウ・トラック「フェニックス・ホーン」が活躍するファンキーな、彼のテナーSAXが堪能できるインターリュード、当時のNYファンク風など、どれも「ラリー・ダン」のアレンジが冴え渡る内容です。
そして特筆すべきは「EW&F」の名曲をインストゥルメンタルでカバーした
オリジナルに忠実なアレンジながらも、彼のロマンティックなテナーの響きがまた一味違った仕上がりです。

「EW&F」のファンは絶対にチェックした方がいいですし、ソウル・ファン、そしてAORファンにもかなりオススメです。
アダルト・コンテンポラリーな彼のサウンドを心行くまでご堪能下さい。


FUSION | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
Ramseyの「Routes」
Musicmanさん、こんばんは。

実はこのアルバム、気になりながらまだ聴いたことがありませんでした。
というのは、この前年にリリースされたRamsey Lewisの「Routes」とほぼ同じメンバーなんですね。こちらの音が私のお気に入りだったんで、Stanleyのこの作品も気になってたんです。
ベタなアレンジではありますが、「After The Love Is Gone」は、イイですねー。
即、ゲットする予定です。
♪Apolloさん。
いつもコメントありがとうございます。
私もこのアルバムは後から知ったんですけど、かなりオススメです。
「EW&F」のファンは持ってないとマズイと断言しちゃいますデス。
とても王道のジャズを演っている方の作品とは思えないできですねー。
「After The Love Is Gone」は直球過ぎてもう少しアレンジしても良かったかなと思いますけど、限局に忠実なのが返って嬉しいかも(笑)。
是非お買い求めを!!
No title
なんて素敵なアルバムなんでしょう。欲しくなっちゃいました。

奥様の愛いっぱいのチョコレート♪オトナの素敵なご夫婦ですね~

♪かおるさん。
コメントどうもです!
このアルバムは本当にオススメです。
どの曲も心に染み入るものばかり。
春のお散歩にも最適ですよ!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。