06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

雫。

2010年05月23日
レイン・フラワー

相変わらず忙しい日々が続いていますが皆さんは如何でしょうか?
少し前まで「春はまだかな~」なんて言っていましたけど、ココ最近は25度を上回る熱い日々が続いています。
スーツでお仕事されている方は辛い時期ですね~。

そんな暑い日も週末から雨の影響で幾分和らいでいますけど、間もなくやって来るのが梅雨・・・。
ムシムシ・ジメジメとしたお天気はホント辛いですけど、農作物には恵みの雨。
それに雨上がりって目に映るものがキレイなので結構好きだったりします。

後1ヶ月もすれば2010年の夏。

「今年の夏はどんな事が待っているのかなぁ・・・」

なーんて、40過ぎたオッサンが待ち遠しく思ってるって・・・アホですかね(笑)??

Go To amazon!!


『Christine Day / Cover My Soul』
01. People Make The World Go Round
02. Anytime
03. I Can’t Help It
04. Where Were You When I Needed You
05. Do I Do
06. Can’t Find My Way Home
07. Fields Of Gold
08. Love The One Your With
09. Time After Time
10. What’cha Gonna Do For Me


雨の日はシットリとしたこんなヴォーカル・アルバムは如何でしょうか?
イタリア系アメリカ人、クリスティーン・デイの1stアルバムは、
ソウルフル且つファンキーでありながら、どこかジャジーな雰囲気を持ったジャンルを超えた歌声が魅力。

カリフォルニアで生まれ育った彼女は、14才ぐらいからファミリー・パーティやローカルの婚約パーティーなどでパフォーマンスを披露し才能を発揮。その後、本格的に歌を勉強し始め、70~80年代のポップスやR&B、ジャズなどに影響を受け、中でもスティヴィー・ワンダーとナンシー・ウィルソンは現在の彼女のヴォーカル・スタイルに多大な影響を与えたそうです。
その後、プロとして活動を開始し、マイケル・リングトン(sax)レイ・フラー(g)クリス・スタンディング(g)エヴァレット・ハープ(sax)ブランダン・フィールズ(sax)などスムース・ジャズ・シーンで活躍するアーティストと共演し実力を付け、今回のデビュー・アルバムへと繋がります。

今作は、ベーシストでありヴォーカリスト/アレンジャー/ソングライターとしても活躍する彼女の良き理解者でもある夫ブルース・アトキンスのプロデュースにより、彼女が影響を受けたソウル・ミュージックを独自の解釈で仕上げたカバー・アルバム。

スタイリスティックスで知られる名曲をジャジー&ソウルフルに仕上げた< People Make The World Go Round >ブライアン・マックナイトの代表曲をよりシットリとアレンジした< Anytime >マイケル・ジャクソンのクラシック・ナンバーをラテン風味で味付けした< I Can’t Help It >スティーヴ・ウィンウッドエリック・クラプトンが在籍していた伝説のグループ、ブラインド・フェイスの名曲をブルージーに仕上げた< Can’t Find My Way Hom >、ジャズ・シーンでも度々取り上げられるスティングの名曲をアコースティック・ジャズ風にカバーした< Fields Of Gold >スティーヴン・スティルスの名曲をホーン・セクションまでも取り入れてライト・ファンクにアレンジした< Love The One Your With >、ソフィスケイトされたアレンジが心地良いシンディ・ローパーの名曲< Time After Time >、AORファンにも人気の高いチャカ・カーンの歌で知られるネッド・ドヒニー作の< What’cha Gonna Do For Me >など、どの曲もオリジナルに忠実ながらも彼女ならではの解釈でカバーした心地良い仕上がり。
また、彼女が多大な影響を受けたスティーヴィー・ワンダーのナンバーは< Where Were You When I Needed You >< Do I Do >の2曲を取り上げています。

そして、殆どの曲の間奏部分が非常に長く、エレピやギター、SAXのプレイが堪能できるところもジャズ・ファンには嬉しい部分かも!

一応、日本盤も発売されているんですが殆ど取り上げられる事が無かったこのアルバム、ジメジメとしたこれからの梅雨の季節をドライにしてくれます。
ソウル・ファン、ジャズ・ヴォーカル・ファン、そしてAORファンにもオススメですヨ。


Smooth Jazz | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
今からの季節によさそうな曲ですね!
MUさんお勧めスムース・ジャスで勉強させてもらってます。

お花はMUさん宅のですか?
雨に光って綺麗ですね!
いいですね。
ゴブサタしてます。(職場のパソから覗きまくってますが)
いい感じの音ですね。チャカじゃない「What’cha Gonna Do For Me」、すごく気持ちいいです。湿気も吹き飛んでっちゃうねー。
最近、某中古CD屋に勤め、邦楽担当になって一日中ちょっと違う音に囲まれてばかりいたら、今まで以上に懐かしい音やらみゅーさんが教えてくれる心地良い音を耳が求めて、たくさんメモメモさせてもらってますよ。

>「今年の夏はどんな事が待っているのかなぁ・・・」

そりゃもー、あーんな事とかこーんな事とか(w
いやいや、幾つになっても夏だーい好き仲間ですよ。
いい音楽をいつもありがとー。
♪みんみんさん。
お返事遅くなって申し訳ありません!
このアルバムは朝も昼も夜も時間や場所を選ばずに心地良さを演出してくれますよー!

花は我が家のものではありませんが、雨上がりに撮ったものです。
雨って景色を美しくしてくれるので好きです!
♪祥さん。
おー!お久しぶりです!!お元気でしたか?
私もチョクチョク覗いてはいたのですがコメント出来なくてスミマセン。
中古CD屋さんで働いているのですか?
それは音楽に囲まれて幸せでしょう(笑)。
このアルバムを見つけたら、店頭に並べる前に買いですよ!

夏・・・楽しみです・・・ムフフ(笑)。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。