04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

梅雨入り間近?

2010年05月29日
紫陽花

ここの所、雨が続き気温も20度前後という肌寒い日が続いています。
何だか今年は春らしい気温を体感しないまま梅雨入り~夏になってしまいそうですね。

沖縄は既に梅雨入りしましたが、九州はまだまだ先みたいです。
例年5月末から6月初頭なんですけど、どうやら今年はもう少し先になりそうです。

でも自然界は着々と準備をしている様で、既に美しい紫陽花の花もチラホラ咲き始めています。

そんな梅雨入り間近のMusicmanと言えば、ナントお金も無いのに新しい車を買ってしまいました~(笑)!!
もちろんお金が無いので中古ですけど、走行距離も少なく車体も新品同様。
年式はちょっと古いですけど、ずっと欲しかった車なので納車が待ち遠しいデス!!

何の車かって?
それは納車までヒミツ!
当てた人にはその車でドライブへお誘いします・・・なーんちゃって(笑)。


ん?誰ですか??
「自動的に助手席のシートが倒れる車」なんて言ってるのは!?


Go To amazon!!


『Larry Carlton & Tak Matsumoto / Take Your Pick』
01. JAZZY BULLETS
02. Nite Crawler 2010
03. THE WAY WE WERE
04. Islands of Japan
05. Neon Blue
06. Tokyo Night
07. hotalu
08. East West Stroll
09. Easy Mystery
10. ao
11. Take Your Pick
12. A girl from China


ラリー・カールトンフォープレイを脱退するという情報を聞いたときは結構ショックでしたけど、この新作情報は“ウルトラ・ショッ~クッ!!”でした(笑)。
意外にもフュージョン・ファンの間ではあまり話題になっていないみたいですね。
至高のギタリスト、ラリー・カールトンの待望の新作は、ナントあのB’zのギタリスト松本孝弘とのコラボレーション・アルバム!!
最初この組み合わせを聞いた時は、日本独自の企画盤とばかり思っていましたけど、どうやらラリーの方からギブソン社を通じて松本にアルバム制作を持ちかけたことから実現し、2009年から本格的にレコーディングを開始していたそうです。

ま、松本のギターのテクニックは日本でも5本の指に入るほどの腕前。ギブソン社から日本人初のレスポール“シグネチュア・アーティスト”に選ばれており、またソロ・アルバムもフュージョン・ファンからはかなり注目されていたので、このコラボは成るべくしてなったと言っても過言ではないでしょう。

そんなこのアルバム『Take Your Pick』は、ラリー②④⑤⑧⑨⑪を、そして松本①③⑥⑦⑩⑫と、それぞれこのアルバムの為に曲を持ち寄りアレンジも担当。
今年行われた最新ツアー『B’z LIVE-GYM 2010“Ain’t No Magic”』で一足早く披露され大きな反響を呼んだ松本らしい、名曲< Room 335>と並ぶラリーの代表曲を2010年ヴァージョンとして甦らせた、松本が書いた割にはラリーの曲に聴こえるメロウ・トラック、タイトルに因んでかギターで琴の音色をプレイしたアジアン・テイストの、ラリー特有のブルージーなサウンドが堪能できる、両者のギター・バトルが楽しめる、タイトル通り淡いホタルの灯りの様な切ないバラード、爽やかなサウンドの中にも熱いギター・テクニックが盛り込まれた、2人のユニゾンで弾かれるロック・テイストの、まるでラリーのナンバーの様に思えるスムース・ジャズ・チューン、初期のラリーのアルバムに収録されていそうなアグレッシヴな、シャッフル・ビートに乗せて2人のギターが鳴く・・・と、非常にクオリティの高い作品ばかりが収録されています。

最初はもっとB’z的なサウンドかと思っていたんですが、これはフュージョン/スムース・ジャズ・ファンにもかなり受け入れられるサウンドじゃないかなぁ。

参加ミュージシャンは、ラリーのアルバムに参加しているビリー・キルソン(ds)、マイケル・ローズ(b)、ジェフ・バブコ(kyd)、マーク・ドウティット(sax)、バリー・グリーン(tb)を中心に、ベテラン・トランペッターのマイク・ハインズ(tp)、日本からも渡辺ファイヤー(sax)竹田和人(sax)上石オサム(tp)などが参加。

「B’zの・・・」という固定概念を捨てて是非聴いてみてください。

そしてこの2人がこのアルバムを引っさげて来月6月からジャパン・ツアーをスタート!
6月12日(土)13日(日)『モーション・ブルー・ヨコハマ』を皮切りに、6月16日(水)17日(木)『ZEPP大阪』19日(土)『ZEPP福岡』、22日(火)~24日(木)『名古屋ブルーノート』、そして6月27日(日)~7月3日(土)まで『ブルーノート東京』6デイズ!!
ファンならずともコレは見逃す手は無いでしょう。



FUSION | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
ライヴだけでなく
アルバムでのコラボもあったんですね。
ワタシの関西の友人にLarryの大ファンという人が
いるのですが、横浜公演のチケットを
とることができず(B'Zファンにすべて
押さえられてしまったらしい)、
いたくご立腹でした(^^;

新しい愛車は・・・
助手席の人に手を回しやすいコラムシフトですか?
タクシーとかミニバンみたいな(笑
原点回帰
Musicmanさん、こんにちは。

もともと松本氏はロック寄りのフュージョンをやってましたので、今回は「原点回帰」という感じで私はみてました。

「Guitar Workshop」の松本氏のプレイを聴きなおしてみますね。

ライヴも楽しみですが・・・。
♪怪鳥さん。
コメントどうもです!
そうなんです、一足先にライブで披露したそうです。
「モーションブルー」のライブは速完したそうですネ。
さすがB'zファン(笑)。

>新しい愛車は・・・
>助手席の人に手を回しやすいコラムシフトですか?
>タクシーとかミニバンみたいな(笑

いえいえ、違います(笑)。
確かに手を伸ばすには最適ですけどね!!
♪Apolloさん。
松本氏はB'z以前からギタリストとしては超一流でしたから、いつかだれかとコラボするだろうとは思っていましたが、まさかラリーとは思いませんでしたね。
私的にはジェフ・ベックとかルカサーあたりかと・・・。
でも意外と良かったですよー!!
まさか・・・?
やたら色んなネットCDショップから、このアルバムのリリースの知らせが届いてましたが、また新たなヴァージョンの「ナイト・クロウラー」が聴けるとは?!

恥ずかしながらJPOP・ROCKの類は殆ど無知なので、この日本人ギタリストの事もまったく知りませんでしたが、ラリーさんがコラボしたがるくらいですから、かなりの実力者なのでしょうね。

「自動的に助手席のシートが倒れる車」のご購入、おめでとう御座います(笑
♪kickさん。
B'zを聴かない方には「誰??」って感じでしょうけど、彼はマジで凄いギタリストなんですよ!
ラリーとの息もピッタリです。


>「自動的に助手席のシートが倒れる車」のご購入、おめでとう御座います(笑

いや・・・だから違いますって(汗)!!
おめでとうございます♪
Mu師匠、納車おめでとうございます♪

自動的に助手席…の話題はもう語り尽くされ
ましたでしょうか。
私の予想は、『運転席側からしか助手席側の
ドアを開閉できない車』だと思ったのですが。
「きゃー!逃げられな~い!」みたいな(警察
車両か)。

さて、ラリー&TAK!すごいコラボですよねー。
どんな音か興味津々!だというのに、今日は
MixPodのレスポンスが悪くて試聴ファイルを
聴くことができません…。(TдT)

また明日にでもおジャマします。
♪ヤセガエルさん。
コメントどうもです!
車は今週末に納車予定です。決してシートが自動的に倒れたり、助手席のドアが開かなかったりはしませんヨ(笑)。

それにしてもこのコラボは意外でした!
でもいい意味で期待を裏切ってくれる秀逸な作品ですよ☆
今日は試聴大丈夫みたいですので、是非チェックしてみてくださいネ!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。