01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

残暑にスパイスを!

2010年08月08日
立秋を迎え暦の上では秋なんですけど、まだまだ灼熱の日々が続いています。皆さん夏バテなどしていませんか?

先日、猛暑の中汗だくで仕事していると、築ン十年は経っているであろう木造アパートを見つけました。
名前は『あさだ荘』
かもめ食堂

ふと見上げると2階には焼き菓子屋さんが入っています。何故か惹きつけられるように中へ進むと『かもめ食堂』と書かれた看板が・・・そう、アパートを改造したカフェでした。
かもめ食堂
入り口には「カレー 辛くて大人向け!」と書かれた看板があり、丁度お昼時だったので思わず入店。

店内は木造アパートを上手に改造した趣のある空間が。押入れだったと思われる場所も上手く利用しています。
(後で聞くと全てスタッフの手作りなんだそうです!)

メニューは「若鶏のカレー」「野菜カレー」、そしてバングラディッシュ本場のスパイスを粒のまま使用して食べる薬膳カレーの「ハイダルさんのカレー」の3種類のみ。
バングラディシュのカレーも気になったんですけど、初めての店だったので無難に「若鶏のカレー」を注文。
かもめ食堂

料理が出てくるまで店内を見渡すと、木造アパートならではの木の温もりに包まれており、暑い日差しが降り注いではいるのの、柔らかい風が入ってきていて、とても居心地良く何処か懐かしい時間を過ごせます。

待つこと数分・・・いよいよカレーが運ばれてきました。
かもめ食堂

ライスにはキビの粒を乗せており、カレーはスパイスが効いた大人のカレー。
お味はと言うと・・・

辛いけどウマイ・・・ウマイけど辛い(汗)!!

食べる度にクセになる美味しさでしたよ!
お肉も宮崎産の若鶏をターメリックに漬け込んでいるそうで、とっても深い味わいでした。

それにしても大ヒットした映画のタイトルを店名に使用するなんて、とっても勇気がいると思ったんですけど、映画に感銘を受けてそのまま使ったそうです。
また、今後はカレー以外にも定食もはじめようと思っているそうです。

暑い中で食べるホットでスパイシーなカレーはサイコーですね。
美味しい料理と優しい光と風を堪能した幸せな時間でした。

かもめ食堂『かもめ食堂』
【住所】福岡市南区大楠3-7-26あさだ荘3号室
【電話】080-2720-6096
【時間】11:30-20:00(水曜日は11:30-14:00)
【休日】月曜日
【地図】ココをクリック



Go To amazon!!


『Louie Shelton / Hot & Spicy』
01. Midnight Rain試聴
02. New Horizons試聴
03. Satin Dreams試聴
04. Better Days試聴
05. Digital Natives試聴
06. Hot & Spicy試聴
07. Winds Of The Serengeti試聴
08. Love Takes No Prisoners試聴
09. New Life試聴
10. Night Cruise試聴
11. Love Mystifies試聴


夏の暑い時期だからこそ、辛くてスパイシーな食事で乗り切りたいものですけど、音楽はスパイスが効いていながらもクールなサウンドがいいですよね。
「ルーイ・シェルトン」が1998年に発表したこの作品は、ホットなプレイとクールなサウンドでこの夏を爽やかに演出してくれます。

「ルーイ・シェルトン」は、60年代から活躍するセッション・ギタリスト。モンキーズでの演奏をきっかけにジャクソン・ファイヴ< I Want You Back > < ABC >ボズ・スキャッグス< Lowdown >ライオネル・リッチー< Hello >シールズ&クロフツ< Summer Breeze >など、数え切れないほどの楽曲でプレイしています。
またプロデューサーとしての才能もあり、ダン・シールズイングランド・ダン&ジョン・フォード・コリーアート・ガーファンクルコリー・ウェルズアレッシーなど、AOR系作品を手掛けるなどマルチな才能を発揮しています。

そんな彼の今回ご紹介するソロ・アルバムは、ボビー・コールドウェルのレーベル『Sin-Drome』からリリースされた、タイトル通りホットでスパイシーなサウンドが収録されたフュージョン/スムース・ジャズ・アルバム。
殆どの楽器を彼が担当しつつも、ジム・ホーン(sax)ヴィクター・ウーテン(b)、CCM系のアルバムに参加しているクレイグ・ネルソン(b)、スムース・ジャズ・シーンで活躍するシンガポール出身のアンドリュー・ホー(sax)、ベテラン・ドラマーのボブ・ウォーレン(ds)TAKE 6マイケル・マクドナルドなど数多くのアルバムに参加するジェフリー・スコット・ウィリス(sax)など、実力派ミュージシャンが参加しています。
また彼が使用するギターはセミ・アコースティック・ギターがメインで、キラキラと煌くそのサウンドはクレイグ・チャキーコにも似た音色。

夏のドライブにピッタリな< Midnight Rain > < New Horizons > < Digital Natives >や、アーバンな響きを持つ< Hot & Spicy > < Night Cruise >などはスムース・ジャズ・ファンはイチコロでしょう(笑)。
またヴォーカル・トラックも数曲収録されており、中でも< Love Takes No Prisoners >は、盟友シールズ&クロフツがこのアルバムの為に書き下ろし、しかもヴォーカルをも執ったAORチューンです。

彼はこれまでにこのアルバムを含めて4枚の作品を発表。また現在は母国オーストラリアに戻り、2002年からアタリーというシンガーと共にSONIQというデュオで活躍中。また同じオーストラリアのピーター・カプルズ(スタイラス)とも交流が深いようで、現地では度々セッションを行っているそうです。

まだまだ暑い日が続きそうですが、こんなサウンドで暑さに負けないように頑張りましょうね!!




Smooth Jazz | コメント(5) | トラックバック(1)
コメント
チキンカレー旨そう♪
でも、先日まで扁桃腺腫らして寝込んでたので、当分刺激物は食べられそうにありません(涙

「ルーイ・シェルトン」って名前だけは聞き覚えがある気がしましたが、こんな爽やか系のスムジャしてるギタリストだったとは!

Musicmanさんトコにお邪魔する度に、自分の懐事情に関係なく、気になったり欲しくなるアルバムが無尽蔵に増えていくので・・・・困ったものです(笑
♪kickさん。
扁桃腺大丈夫ですか?
夏には辛かったでしょうねー。
刺激物どころか食べ物も制限されていたんじゃないでしょうか?
くれぐれもお大事に!

といいつつ、懐は腫れるどころかどんどん痩せていくアルバムを紹介してしまってスミマセン(笑)。
今後も「Nils」「デイヴ・コズ」「フォープレイ」「アコースティック・アルケミー」などなど、欲しいものがドンドン出てきますから、お財布と相談してくださいね(笑)!!
クールでピリリ。
Mu師匠、こんばんは!

この一ヶ月、魅力的なNewアルバム、懐かしいリイシュー・
アルバム目白押しで、『耳にそよ風・懐秋風』なヤセです。

そんな最中、またもやクールでピリリな(ワタシ的に)新規
アーティスト登場!ルーイ・シェルトンさんですね。なるほ
どクレイグ・チャキーソっぽいかも。チェックチェック。

カレーも久しく食べてないので、明日は、Mu師匠を見習って
激辛(?)カレーにしようと思います。
♪ヤセガエルさん。
コメントありがとうございます。
私の懐は秋風どころか吹雪状態です(泣)。
お昼ごはんをガマンするか、CDをガマンするか毎日迷っているくらいですから・・・。

ルーイ・シェルトンはAORファンにはお馴染みですが、スムース・ジャズ・ファンにはあまり知られていないんですよねー。
是非コレも買い物カゴに入れてみては如何ですか??
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。