06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日で2月も終わり。

2005年02月28日
2月も今日で終わりです。
三日坊主で終わってしまうと思われたこのブログも、毎日ではないにしろ、一応続いていますねー。
気が付いたらリンクの張り方やトラックバックなどの専門用語も覚えて、少しずつですがお友達さんも出来ました。
これからは3ヶ月坊主にならないように努力するのが当面の目標です(笑)。

ところでこの「三日坊主」。
意味は「三日であきらめて投げ出す」ということは分かっていますが、その由来は・・・

仏の道を目指したわけでもなく、ただ食いつなぐため、あるいは追っ手から逃れるために坊主になったために、修行の厳しさに値を上げて逃げ出す坊主

という事からきているんだそうです。

私の場合は、厳しい修行と分かった時点で仏の道に入りませんから「三日坊主」にもなれない訳でして・・・(笑)。

でもこの「3」という数字は、私達の生活のあちこちで関係しています。
「三人寄れば文殊の知恵」「石の上にも三年」「三種の神器」「三年寝太郎」「三角関係」「三年目の浮気」・・・。
ランクを表す「上・中・下」や「松・竹・梅」も「3」。

やはり「割り切れない」何かがこの「3」という数字に表れているのかも知れません・・・。
Go To amazon!!
『3rd Force / Vital Force』
01. In The Full Moon Light
02. No Doubt
03. You Gotta Be Real
04. Give It Up
05. Lift Me Higher
06. Echoes Of A Dream
07. Set Yourself Free
08. She Whispered To Me
09. I've Got To Know
10. Smiles All Around
11. Thru The Shadows



「William Aura」「Alain Eskinasi」「Craig Dobbin」の人から成る この「3rd Force」というグループは、1994年に結成されたニュー・エイジ/スムース・ジャズ・ユニット。

それぞれソロでも十分やっていける実力の持ち主が、こうして3人で集まった事で、その魅力は2倍にも3倍にも膨れ上がり、既に6枚のオリジナル・アルバムと1枚のベスト・アルバムを発表しています。

日本ではなかなか評価されず、しかも国内盤の発売もない(確か)のですが、スムースジャズが好きな方は、マスト・アイテムと言っても過言ではありません。

この3rdアルバム「Vital Force」には「Peter White」「Rick Braun」「Craig Chaquico」といったスムースジャズ界の人気アーティストが参加し、サウンドに彩りを添えています。

もちろんこれまでの全アルバムは全てオススメですが、初めて聞く方には、この「Vital Force」とベスト・アルバムの「Collective Force」をオススメします。

やはり「3」という数字には、何か大きなヒミツがあるのかもしれませんね・・・。

Smooth Jazz | コメント(6) | トラックバック(1)
コメント
3rd Force心地良いですよねー!
Peter Whiteの記事を書いたのでTBさせて頂きますね。
♪risaさん。
「3rdForce」なかなかいいでしょー!
マジでオススメです。
「ピーター・ホワイト」は私も大好きなギタリスト。元々は「バーシア」のバックで弾いてたんですよねー。
新作もかなり気に入ってます!
TBありがとうございました!!
おおっ、出たーぁ~
3rd Forceのことが出ていたので、一言!
私も、彼らの音楽大好きなんですよぉ。
さすがぁ、Musicmanさんだ~
6枚中、5枚所有してます!
♪Mayさん。
よくこんな昔の記事に気が付いてくれましたねー(笑)。
でもすっごく嬉しいです!
私もこのグループはデビュー当時から大好きで、全部持ってます。
Mayさんはベスト・アルバムはお持ちですか?
アルバム未収録曲も入っているので、是非チェックしてみてください。
日本で注目されないのが不思議でなりませんが・・・。
3rd Force
私が3rd Forceを聴くようになったのは「Force Field」からです。
ベスト版は持っていませんが未収録もあるのでしたら聴いてみたいものです。
William Aura/Every Act of Loveのアルバム紹介も読ませていただきました。
な、なんとMusicmanさんがライナーノーツを担当されたそうですね。
読んでみたいものです!でも、国内盤を手に入れるのは難しそうですね???
彼のデビューアルバムタイトルは「Half Moon Bay」なのですか~
ココ、行った事があります!

これからもMusicmanさんのいい音楽の紹介を楽しみにしています~
自分のお気に入りだったりすると、とっても嬉しいものですね。
そしてまた過去ログを引っ張り出してしまうかもしれませんがっ(笑)
♪Mayさん。
ベスト盤・・・オススメですよー!
リミックスされているのもあるのでファンならばマスト・アイテムです。
「William Aura」のソロ・アルバムは「3rd Force」よりもヒーリングに近い感じかな。
でもちゃんとリズムもあるし、スムースジャズにニューエイジミュージックを足した感じです。
国内盤は・・・ちょっと入手困難かも。
でも意外とブックオフあたりでは置いているところもあるかもですね!
見つけたときは是非(笑)。
これからもつたない文章ですけどよろしくお願いしますね!!

管理者のみに表示
トラックバック
Peter White・・・アコースティック・ギターを中心にアダルトな音楽を聞かせるギタリスト。1954年イギリス生まれ。8歳でピアノを始め、学校のオケでヴァイオリンを演奏したり、ハーモニカの全国大会で優勝したりと多才なお方。ギターは独学で習得したらしく、本人によると1
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。