05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

波の数だけ抱きしめて。

2005年05月02日
DSC06462s.jpg

女:ねえ、私のこと好き?

男:もちろん、好きだよ

女:どれくらい好き?

男:いっぱい・・・

女:いっぱいじゃ分かんないでしょ!

男:だってこうして抱き合ってるだろ?

女:もっともっと抱きしめて欲しいもん・・・

男:もっとって・・・どれくらい?

女:波の数だけ抱きしめて!!

・・・なんて言葉が聞こえてきそうな写真です。
勝手にしろってカンジですケドね・・・。

写真は、前回書いた「志賀島」に行ったときの写真の一つです。

イチャイチャしてんじゃねぇよ! コッチは仕事してんだよ(キムタク風)!!

と、思わず口にしたものの、あまりにも堂々と抱き合っているので思わずシャッターを切ってしまいました(笑)。

最近の若い子達って、あんまり人目を気にしないんですね・・・。
とか書いちゃうと、オジサン化が進んでいる証拠かな(汗)!

んでもって、この写真にインスパイアされて思い出したのがこのアルバム・・・
20050502200801.jpg
『波の数だけ抱きしめて~オリジナルサウンドトラック』
01.You're Only Lonely / J.D. Souther
02.Rosanna / TOTO
03.Key Largo / Bertie Higgins
04.Each Time You Pray / Ned Doheny
05.Shine On / George Duke
06.Her Town Too / James Taylor & J.D. Souther
07.In The Night / Sheryl Lynn
08.Personally / Karla Bonoff
09.Don't Talk / Larry Lee
10.Casablanca / Bertie Higgins


そうです。1991年に「中山美穂」「織田裕二」主演で公開された映画『波の数だけ抱きしめて』のサウンドトラックです。

映画では「松任谷由実」の音楽がメインだったんですが、映画の中でのミニFM局『FM Kiwi』でオンエアーされていたのがAORだったので、サントラはAORのオムニバスで構成されています。

見ていない方のために簡単にストーリーを紹介しますと・・・、

舞台は1980年前半の湘南。
サーファー全盛期のこの頃に、湘南の海岸でミニFMを開いていた4人の学生が、学生生活最後の思い出としてFMの電波を湘南の海岸沿い全てに流そう・・・というお話。

主演の「ミポリン」のサーファー・カット、日焼けの肌にパールの口紅。車にはパームツリーの置き物。そして80年代ルック(ホットドッグ・プレスやJJ、FINEなどの雑誌に載っていた様なファッション)・・・と、とにかくムチャクチャ日本の80年代の夏を演出した映画でした。
そうそう「春日局」こと「松下由樹」も若かりし頃のお姿で出演してます(笑)。
演技は今とあんまり変わらないですけどね(笑)。

『私をスキーに連れてって』『彼女が水着に着替えたら』を制作した「ホイチョイ・プロダクション」三部作の完結編という事もあり、かなり注目されましたね。

アナログ盤に針を置いて、イントロが欠けない様に少し戻してセットする場面や、真空パックされた輸入盤を開いて匂いを嗅ぐ・・・なんて場面なんか
「ナツカシー!そうそう、やってたやってた!」
と思わず声を上げてしまいます(笑)。

映画で流れたAORはサントラ収録曲に
「Love You Like I Never Before / John O'Banion」
「Black Sand~I'd Chase A Rainbow / KARAPANA」の2曲が追加されています。
全部収録すれば良かったんでしょうけど、レコード会社が違うのでハズしたものと思われます。
(他は全部SONYです)

そして「ユーミン」の曲は
「心ほどいて」や「SWEET DREAMS」など。
(すみません、チェックできませんでした)

映画自体は若者の恋愛話を描いたもので、何てこと無い内容(笑)。
でも、AORをリアル・タイムで体験していない方達には、この映画でバーチャル体験出来ますよ!
なぜAORが当時最も“ナウい音楽(死語)”としてもてはやされたのかなど、その時代の雰囲気が伝わる映画です。

ちなみにこの映画、実話を元に作ったそうですよ!

「ホイチョイ・プロダクション」のほかの2作はDVD化されているんですが、何故かこの『波数』だけは残念ながらDVDになっていません。
DVDになったらゼッタイ買うのになぁ~・・・。

ちなみにビデオはコチラからオーダーする事が出来ます。
20050502200814.jpg

ところで写真の抱き合っていたバカップルですけど、帰りに見たらケンカしてました(笑)。

波の数だけ喧嘩して愛が深まるんでしょうね(笑)。

クリックしないと・・・やられちゃうぞ、誰かに(笑)。
    ↓

人気ブログランキング

AOR | コメント(20) | トラックバック(4)
コメント
おひさしぶりです。
こんばんわ。波の数だけ抱きしめてのサントラ
選曲いいですね。映画は残念ながら見てないで
す(><)明日から実家(大阪)に帰ります。
ユーミンも結構はまってました。では、GW楽しんで
ね!!
懐かしい
>アナログ盤に針を置いて、イントロが欠けない様に少し戻してセットする場面や、真空パックされた輸入盤を開いて匂いを嗅ぐ・・・なんて場面なんか

私もやっていました。よくオムニバステープを作っていたのですが、レコードのヒスノイズを入れたくなくて、この巻き戻し法を大活用していました。

そろそろ何かアップしようかな。
そのころのアルバムを紹介しようかな。

♪ミーナさん。
ムチャクチャ早いコメント、ありがとうございます!
ビックリしました(笑)。
サントラもいいですけど、映画も是非チェックしてみてください。
古すぎる作品なので、レンタルビデオ屋で借りるにはちょっと勇気がいりますけど・・・ネ!
ご実家(大阪)に帰るんですか?
久々の実家でしょうから、楽しんできてくださいね!
またそちらにもコメント書かせていただきますね。
はじめまして~♪
MYブログへのコメント、ありがとうございました。
海の写真がとても綺麗なブログで・・・感激しております。
「波数」のCDは映画と切り離してもそれだけで成り立つぐらい、ステキですよね~。
あっ、ちなみに私も「Smooth Jazz」愛聴者です^^


♪HKさん。
私もアナログ時代はそうしてましたね~。
匂いもムチャクチャ嗅いで「アメリカってこんな匂いがするのか・・・」と訳のわからない事を思っておりました(笑)。
是非そちらのブログでも当時の音楽を紹介してくださいね!期待してます。

♪uniko@ニャンくんさん。
こちらこそありがとうございます。
>「波数」のCDは映画と切り離してもそれだけで成り立つぐらい、ステキですよね~・・・
まさにそうですよね。
おお!そちらもsmoothjazz.comの愛好家でしたか!
今後ともよろしくお願いしますね。
ブログにTBありがとうございました。昔話(笑)を細々とやっております。今度また寄らせていただきます。
こんばんは(*^^*)
TB&コメント
ありがとうございます♪
で、バカップル(^^;
いますねぇ・・あちこちに(笑)

ユーミンの「Valentine’s RADIO」?(*^^*)

私もまたビデオ借りて観たくなりましたよん♪

これから、我が家は東京から山に向かって車走らせます~♪
CDいっぱい選んで積んでいきますよ~。
山なのでこのCDは置いてこ(^^;

ではまた♪
お皿
>アナログ盤に針を置いて、イントロが欠けない様に少し戻してセットする
なんとも懐かしい風景を思い出しました。学生時代、放送部でこんなテクニックを先輩から指導されて、やってました。糸居五郎さんやアンコーさんも、昔は自分でお皿まわしておられたんですよね。
はじめまして。
こんな、サントラ版もあったんですね。懐かしい曲ばかりですよね。おぼろげな記憶から書いたのですが、アーティスト名が若干違ってましたね(^^ゞ
ところで、正面からくっついてるのはオシャレじゃないよね。写真のカップル。

また遊びに来ますね。
誕生日の日のコメントありがとうございます。年齢は秘密です(笑)とはいってもまだまだ学生です。みんな就職して働き始めていますが…。ところで、この映画、見たことはないけど、当時小学生だったワタシはテレビでこの映画の宣伝をかけるたびに「こんな大人な映画がみてみたい。」と思ったことをふと思い出しました。この夏休みに日本に帰るよていなので、ビデオを借りてみようと思います。
コメントどうもです。
♪デブデさん。
こちらこそコメントありがとうございます。いつでも遊びに来てくださいね。

♪えこりんさん。
どうもありがとうございます。
バカップル・・・GW中もいましたいました!
でも自分達も言われないように気をつけなきゃね(笑)。
「波数」のビデオ・・・実はまた借りちゃいました(照)。
何度見てもその時代を思い出すのでいいですね。
ドライブはどうでした?またブログに感想をアップしてくださいね。
今後ともよろしくです!

♪ゆめの夢さん。
懐かしいっすよね~。放送部だったんですね。
そうそう、糸居さんとか昔の人たちは自分で皿回ししていたんですよね!
本当のDJ(ディスク・ジョッキー)です。

♪heroさん。
コメントどうもです。
写真のカップル・・・正面から堂々と抱き合っているのでコチラが赤面しちゃいましたよ(照)。
映画を見た後に聴くと、また違った味わいでオススメです。
今後ともよろしくお願いします。

♪ヒトミさん。
日本に戻られるんですか?
久々の日本、楽しみでしょうね!
是非ビデオ見てください。もう大人だから内容も十分理解できると思いますよ(笑)。
しかし、映画の公開時、まだ小学生だったとは・・・自分がムチャクチャおじさんに感じてしまった・・・(汗)。
もしかしてヒトミさんのお父様とあんまり年齢が変わらなかったりして!
はじめまして
TBありがとうございました。こちらもさせていただきました。「波の数だけ抱きしめて」なんて、いってみたかったですね(笑)「心ほどいて」は、映画のはじまりの結婚式がはじまった場面の曲ですね。映像もセピアのような色で、その場面から映像とBGMがマッチしていて、たまりませんでした。DVDになってないのですが、残念!ビデオにとってあるので、また見たくなりました。
♪ろうずさん。
こちらこそありがとうございます。
ホイチョイ3部作の中で「波数」だけはDVDになってないんですよね~。
版権の問題とか色々あるんでしょうけどね。
でもビデオは今でもレンタルで借りられますから、今のトコ安心ですけど、
出たらゼッタイに買います!!
今後ともよろしくお願いします。
はじめまして
こちらこそ、TBをありがとうございました。ホント、最近は恋愛もデジタルなんでしょうか?。ONかOFFしかないような印象を受けてしまいます。レコードのダイヤモンド針の上に1円玉を乗せるくらい繊細な“優しさ”が失われつつあるように思います。せめて人の心だけは、いつまでもアナログであって欲しいですね☆
♪水上さん。
こちらこそコメントありがとうございました!

>レコードのダイヤモンド針の上に1円玉を乗せるくらい・・・

おーっと!懐かしい行為ですね~♪
寒い冬の日に良くやってましたネ(笑)。
でも人の心はアナログでありたいものです!
今後ともよろしくお願いしますね。
こんにちは♪
先日タイトルを聞いて早速ビデオ借りてきたんですけど・・・とても良かったです。サントラの方はすぐには見つからないかな?聴いてみたいので探してみます♪
TBさせていただきましたm(_ _)m
♪みかんさん。
ごらんになりました?「波数」。
良かったでしょ?
実は私もこないだの連休にまた見ちゃって(笑)。
ほんのちょっとしか映らないアクセサリーや置物、グッズなんかも当時のまま再現していて、それを見つけながら見るとまた違った面白さがありますよ!!
No title
ご存知かもしれませんが、ついにDVD&ブルーレイ化しましたよ。サントラ盤もカラパナなど追加してリニューアルしたようです。買わなくっちゃ!
♪ブルーレイさん。
お返事遅くなってスミマセン。
もちろん知ってます・・・っていうか、既に入手済みです(笑)。
ついでにサントラも!!

やっぱこの映画は私たちにとっては神ですよね(笑)。
続編が出来たらサイコーなんですけどね!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
トラックバック
「うち水にRainbow」を書いていたら、もう次にこれが浮かんでしまって。またHeat up!!この映画みたときは、ぎゃ~~きゃ~~!!CDのブルーのシャドウ、REVLONのパールピンクのマネキュアに口紅。そして、花のイアリング。今考えると、ヤマンバの原型?(笑)サーファー
1987年に公開された「私をスキーに連れってって」、'89年「彼女が水着にきがえたら」に続いて制作された1991年公開の「波の数だけ抱きしめて」を憶えているだろうか?ラジオ好きで、海岸の好きな私にとって、これほどドンピシャ!の映画はなかった。茅ヶ崎でミニFM局を運営
赤いファミリアに紺のCITY、原付にはヘルメット装着義務が・車にはシートベルト装着が無く、MDはまだカセットテープにオープンリールデッキ、CDはレコードで、インターネットも携帯電話もまだ無かった、古き良き日本の青春グラフティを描いた映画が『波の数だけ抱き
波の数だけ抱きしめて(1991/日本)【14秒CM】 1991年11月。旧友・真理子の結婚式の帰り、小杉と芹沢は車で茅ヶ崎に向かう…。1982年5月。大学4年の小杉、芹沢、裕子、真理子は、無線マニアの芹沢の提案で、湘南にミニFM局を開設する。DJを務め
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。