09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

記憶のメロディー・・・。

2005年05月12日
20050512193656s.jpg先日、仕事で粕屋郡・新宮町の相ノ島(あいのしま)に行ってきました。玄界灘にぽっかりと浮かぶ半月形のこの島は、万葉集や続古今集にも数多く歌われた歴史ある島なんです。
周囲はわずか8km!!歩いても一周できちゃいます。
ここの海は深く、ぐるりと湾を囲んだ小高い山は、季節風から船を守るので、江戸時代には玄界灘を航行する御用船や商人の船は、この島を泊地として選んだそうです。また、朝鮮通信史(遣隋使みたいなもの?)を迎えたこともある迎賓所としての役割も持っていたそうですよ。
20050512193708s.jpg
島へは船で渡ります。新宮渡船場から船で約15分。
船はあんまり揺れなかったので助かりました(笑)。
港に着くと、いかにも漁業を中心とした島だという感じ。

20050512193757s.jpg

ナゼか猫が多くいました(笑)。漁師さんが獲ってきた魚のおこぼれを預かろうという作戦かも(笑)。



さて、いくら一週8キロとは言え、歩いて回るには坂道も多く大変なのでレンタサイクルを借りることにしました。
20050512193739s.jpg
しかし3台しかない自転車はどれもパンク中(汗)。
すると係りのおばちゃんが
「その辺の自転車を持ち主に言って借りたらよか!」
と言うのです!
そんなに簡単に知らない人に自転車を貸すわけが無いと思っていたんですけど、試しに家の前で立ち話をしているオバチャンに言うと
「よかよ(いいよ)!」
と笑顔で貸してくれました。
考えてみたらここは離島。盗みようがありません(笑)。
20050512193811s.jpg
坂道を登り下りしながら島を回ったんですが、いたる所にこんな花が咲き乱れていて、
キンモクセイに似たいい香りが島全体を包み込んでいました。


20050512193829s.jpg
そして最初の目的地「長井が浜」に到着。
目の前は一面石だらけの海岸なんです。
(しかも大きなものは30センチぐらい!!)

ところどころ石が積み上げられた小さな山が見えますが、
実はコレ「積石塚」という4~5世紀頃のお墓なんです・・・つまり古墳みたいなもの!全国的にも珍しいものです。
一応観光地となっているんですが、石だらけの海岸なんで歩くのにも一苦労・・・。
しかも誰も居なくてちょっと・・・っていうか、かなり怖かったです(笑)。
20050512193905s.jpg

その先の崖が、釣りのポイントでもある鼻栗瀬(通称めがね岩)。
海水で浸食されて穴が空いている相ノ島を代表する岩です。
「自然の力ってスゴイナ~!」と改めて思いました。
20050512193841s.jpg20050512193852s.jpgこの島はあまり観光を重視した島ではないので、見るところも少なく、当然食べるところも殆どありません。
どんな山奥でも必ず見つかる自動販売機も、この島には港の所にしかないのですから!

だからあまり観光客は来ないみたいです。
しかも、島の若い人たちはみんなスグに出て行って、
高齢者が島の人口の3分の2を占めているそうです。

高齢化の波は小さな離島の方が顕著に表れているんですね。

えっ?そんな島に何しに行ったの・・・って?
グフフ!それは秘密です(笑)。
20050512193923s.jpg
       ↑
さて、こんな景色を見ながらボケ~っと聴いていたアルバムが・・・コレ!
20050511194503.jpg
『小畑和彦 / Aquarela』
01.Obi
02.AZUMINO(あずみ野)
03.Folhas Secas
04.Dindi
05.Wave
06.Seseragi(せせらぎ)
07.Imcompatibilidade de genios
08.Evening Rise
09.Road Song
10.Samambaia
11.Insensatez


日本を代表するベテラン・ブラジリアン・グループ「スピック&スパン」のギタリスト「小畑和彦」さんのソロ・デビュー・アルバムです。
「スピック&スパン」は、最近では洋服ブランドの方が有名ですが(笑)、日本ではかなり昔からブラジリアン・フュージョンを演っていたバンドなんです。
バンドが解散してからはセッション・ギタリストとして「パット・メセニー」「ジョイス」「渡辺貞夫」「小野リサ」など、トップ・ミュージシャンとの共演や、
最近ではスティール・パンのグループ「PAN CAKE」のメンバーとして活動している売れっ子ギタリストです。

これまでに4枚のソロ・アルバムをリリースしていますが、
やっぱり一番好きなのが、この1stソロ・アルバム。
アコースティックで透明感があって、ボサ・ノヴァやブラジリアンの要素がベースにありつつも、
どこか日本情緒漂う無国籍な心地良さを持った1枚です。

ジャケットも淡い水彩画(本人作)で書かれた夕暮れの絵ですが、
ここ相ノ島の漁港の景色に似ているんですよね・・・。
当日は夕暮れ時までは居なかったんですが、きっと太陽が傾いたときはジャケットの様な景色が見られる島なんだろうな・・・。

ビーチ・グラス(波に削られて丸くなったガラスの破片)を太陽にかざすと、
遠い記憶の彼方から流れだすメロディー・・・。


そんなキャッチ・コピーが似合いそうなサウンドです。

2ndアルバム『Vento Caloroso』はブログ仲間のかおりんさんのブログで紹介していますので、そちらをご覧下さい。

この夏の旅のお供に如何ですか??

また最近50位を下回ってしまいました(泣)。
応援クリックお願いいたします!
    ↓

人気ブログランキング
Smooth Jazz | コメント(13) | トラックバック(1)
コメント
小畑さんはすごいですよね!!
TB、ありがとうございました。
小畑さんは、絵も達者で、最新作では、パソコンによる絵も発表してますね。
音楽活動も、新ユニット「Fonte」で、すばらしい演奏を披露していらっしゃいますよ。
機会があったら、ぜひ、Fonteのライヴを体験してみてくださいね。
♪かおりんさん。
こちらこそTBさせて頂き、ありがとうございました。
小畑さんのアルバムはどれも好きなんですが、中でもこの1stアルバムは、素朴感が気に入っています。
彼は福岡県・豊前市出身なんで、なんとなく親しみがわいております。
「Fonte」はアルバムとか出ているんですか?
福岡でライブがある時は一度見に行こうと思ってます。
こんなに素晴らしい風景を眺めながら、小畑さんの音楽を聴けるなんて、
最高のリラックスかもしれませんね。

ラテンやブラジリアンも好きなので、私も小畑さんの作品をよく聴いています。
海外旅行に行ける時間もお金もないので、カヴァを飲みながらスムーズジャズを聴くのが
最近の至福の時間です。

Musicmanさんは福岡県にお住まいなんですね。
ちなみに、私は佐賀県出身です。
♪Stefanさん。
コメントありがとうございます。
小畑さんの音楽は心が癒されますよね!
お気に入りのお酒を飲みながら好きな音楽を聴く・・・至福の時間ですね。
そうです福岡なんですよ!Stefanさんは佐賀なんですね?機会があれば一緒にカヴァを飲みたいですね!
玄界灘に浮かぶ離れ小島、
今の私にはピッタリかも・・
好きなCDを1枚だけ持ってね。
♪ゆめの夢さん。
ココに来たときに「畑を耕しながらひっそりとこんな場所で生活するのもいいかな・・・」な~んて思っちゃいました(笑)。
でも音楽好きの私としてはCD1枚じゃスグに飽きてしまいそうです(笑)。

>今の私にはピッタリかも・・・

って、何かお悩み事でも・・・??
いえいえ、たまにはセンチメンタルになってみたいだけ。
B型、ノー天気な私ですから・・
確かにCD1枚じゃ、すぐ帰ってきちゃいそうですね。
100枚に訂正します(笑)
素敵な景色ですね。
こんにちわ。
今回の選曲、全然知らないのです。(><)
福岡は、海に面してるから海や素敵な景色で
いっぱいですね。実は、北九州市に父方の叔父
がいるんです。今も生きてるかは?だけど。
今日の私のブログは、日本人アーティスト2連発
予定です。夕方Upいたします。お楽しみに!
離島が好き
musicmanさんも離島が好きですね。ご存知でしょうけど、僕も好きです。
福岡にもこんないいところがあったのですね。
そうそう、前の記事についてですが「カフェくるくま」です。あったりぃ!
Fonteのアルバムは、サイデラレコードという会社から出ています。
ライヴで、小畑さんはじめ、メンバー3人のすばらしいプレイを堪能できますよ。
♪ゆめの夢さん。
お~夢さんもB型でしたか!私と同じだ(笑)。
音楽好きにとって1枚じゃ拷問ですよね・・・。私も100枚なら我慢できる・・・かな?

♪ミーナさん。
このアルバム、知らなくてもかなり楽しめますよ!「GONTITI」とか「山弦」とかが好きな方にもオススメします。
ミーナさんはきっと気に入ると思いますよ!
福岡には縁があるんですね。
>今も生きてるかは?だけど・・・
って・・・おいおい(笑)。

♪たかさん。
特に離島が好きというわけではないんですが、たまたま離島に行かなければならなかっただけです(笑)。
でも離島の海は、本土では滅多に見られない美しさがありますから仕事とは言え楽しんでますよ!
「カフェくるくま」・・・今度ゼッタイに行きます!!

♪かおりんさん。
「サイデラ」から出てるんですね!
あのレーベルは「セイゲン・オノ」とかマイナーだけど良質の音楽をリリースしてくれるので好きなレーベルです。
そこからリリースされているなら要チェックですね!
こんにちは。
Smooth Jazz良いですよね。
僕のお気に入りは、友人に勧められるがままに買ったJazzfmのオムニバス『Dreaming』です。
ジャケットも素晴らしいですし(重要)、当然中身も。
♪かずやさん。
かずやさんもSmoothjazzがお好きでしたか!?
JazzFMのコンピは選曲がいいっすよね~。
私も『Jazz FM/The Album 』と『Very Best of Smooth Jazz, Vol. 1』を持ってますよ!
入門編としてオススメですよね。

管理者のみに表示
トラックバック
8月になりました。今日も、夏に聴きたくなる、さわやかなアルバムをご紹介しましょう。日本のブラジル系ギタリストの第一人者、そして、最近は中川昌三(fl)、安井源之新(perc)という強力なトリオユニット「Fonte」で活躍中の小畑和彦の1stアルバム。タイトルも、いかにも涼
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。