08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

謎のピアノマン?

2005年05月21日
PIANOMAN.jpg
世界中で話題の“謎のピアノマン”・・・。
イギリスの海岸に突然現れた記憶喪失の男が、ピアノの前に座らせたら見事なプレイを披露。

今やレッサーパンダの二本足立ち以上に興味津々(笑)。

まるで映画のようなストーリーに
「ちょっと出来すぎている」
「あれは映画のプロモーションなのでは?」
「いや、若人あきらだ!」

というウワサも飛び出すほど論争を巻き起こしています。

“ピアノマン”と聴いてスグに思い出すのが「ビリー・ジョエル」。
音楽ファンなら殆どの方が彼を思い出したんじゃないでしょうか?

でも、ちょっとヒネクレ者のMusicmanは、
“男” “浜辺” “ピアノ”
というキーワードで、頭の中の検索システムがこんなアルバムを引っ張り出してきました!
20050521094148.jpg
Felix Cavaliere / Castle In The Air』
01.Good To Have Love Back
02.Only A Lonely Heart Sees
03.All Or Nothing
04.Castle In The Air
05.People Got To Be Free
06.Dancin' The Night Away
07.Love Is The First Day Of Spring
08.Outside Your Window
09.Don't Hold Back Your Love
10.You Turned Me Around


どうですか?このジャケット!!
まさに“謎のピアノマン”のシチュエーションにクリソツですね(笑)。
AOR大好きな私は、真っ先にこのジャケットを思い浮かべてしまいました。

この「フェリックス・キャヴァリエ」は、元「ラスカルズ」のリーダー(キーボード奏者)だったお方。
「ラスカルズ」と言えば「Groovin'」などのヒットで知られるブルーアイド・ソウル・グループです。
ソフト・ロックのジャンルにも括られがちですが、ロックの中にR&Bの要素を入れた彼らの音楽は、今でいうAORの走りだった様な気がします。

「ラスカルズ」解散後「フェリックス」はソロ活動に入りますが、コレはソロ3作目(1980年作)。
サポート・ミュージシャンは「ハイラム・ブロック」「ウィル・リー」「スティーヴ・ジョーダン」・・・、
そう「24丁目バンド」です。
驚くのはまだ早い!彼らに加えて「スティーヴ・カーン」「バジー・フェイトン」「マーカス・ミラー」
「スティーヴ・フェローン」「ランディ・ブレッカー」「ルーサー・ヴァンドロス」「デヴィッド・ラズリー」・・・と、当時のNYのフュージョン・シーンを担う面々が多数参加しています。

・・・となれば、スピーカーから出てくる音はモチロンAOR!!

「フェイトン」&「ハイラム」のギター・ソロが潮風を運んでくれるに始まり、日本でもスマッシュ・ヒットとなったシングルはこれからの季節にピッタリなAOR定番ナンバー。
また、ファンキーなリズムの③⑥はウキウキ気分(死語!)にさせてくれます。
は「ラスカルズ」時代の曲をセルフ・カバー。「フェイトン」のギターを絡めながらダイナミックなアレンジで生まれ変わっています。
他にもタイトル曲やメロウ・ダンサー系の、シットリとしたバラードのなど、ソウルフルでありながらも口当たりの良いAORを展開してくれます。
発売当時の日本ではイマイチ注目を集めなかったんですが、こうしてジックリ聴きなおしてみると非常にポップな作品で、再評価・再発売されるのも当然でしょう。

彼はこのアルバムの後、何故か活動を停止。
しかし14年後の94年に「ドン・ウォズ」をプロデューサーに迎えた『Dreams In Motion』で沈黙を破るのですが、またまたそれ以降はアルバムを発表していません。
でも最近はまた「ラスカルズ」を再結成して全米ツアーを行っている様ですよ!

それにしてもあの“謎のピアノマン”の正体は一体・・・???

ちなみに私がもし記憶喪失のまま発見されたら・・・

“桑田佳祐に似た記憶喪失の男性が発見された。名前も住所も分からないこの男性は、
 女性の尻ばかり追いかけ、紙とペンを渡すとドラえもんの絵をとても下手に書き、
 ずっと「AOR、AOR・・・」と独り言をつぶやいている・・・”


こんなところでしょうか(笑)。

謎のピアノマンの最新情報を知りたい方は、今すぐクリック(笑)!
    ↓

人気ブログランキング
AOR | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
よさそうですね!
こんにちは、先日はコメントありがとうございました。このアルバム、かなりよさそうですね。24丁目バンドも昔は
よく聴きましたよ。もちろん、ラスカルズも好きです。
♪400tourerさん。
こちらこそコメントどうもありがとうございます。
お嬢さんに邪魔されずPC出来てるみたいですね(笑)。
「ROVER」に似合う音楽は、イギリス系のものがイチバンなんでしょうけど、このアルバムもなかなか侮れませんよ!
「24丁目バンド」は、その昔「郷ひろみ」のアルバムも手がけてました!
今後とも音楽とローバーのお話で盛り上がりましょう(笑)。
これからもよろしくお願いいますね!
なぜか日本じゃブレイクしなかったラスカルズ、R&B色の濃いヤング・ラスカルズ時代が好きでした。「グルーヴィン」はウィルソン・ピケットよりいい感じでしたね。
再結成ですか。もう60代ですよね。近頃の60代はお元気ですね(笑)
あ、「ナイトフライ」よかったですよ♪
♪ゆめの夢さん。
実は「ラスカルズ」は「グルーヴィン」ぐらいしか知らなかったんですが(笑)、このアルバムでかなり好きになりました。
そんな彼らも60代・・・でも頑張っている姿を見ると勇気と元気をもらえますね!
「ナイトフライ」、お気に召された様で安心しました(笑)!!
おひさしぶりです。新しい会社にもパソコンはあるのですがいかんせん休み時間が短いもんで更新が出来なくてさみしいかぎりなんですよね。ピアノマンかなり気になりますよね。自分は映画の船の上のピアニストをなんとなく思い出してしましました。(タイトル間違ってたらすんません)でもファンシーキャラクター会社でプランナーをしていた自分としてはレッサーパンダもついつい気になってしまいますけどね・・・
♪Autumn Gardenさん。
コンニチワ!
私も最初「海の上のピアニスト」を思い出しましたよん(笑)。
プランナーをされていたんですね?!レッサーパンダ可愛いっすよね~・・・癒されます。
でも他の動物園のレッサーパンダも立つらしいですね(笑)。
福岡市動物園のも立つらしいので今度見に行って見ます!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。