08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

サンセット・ドライブ。

2005年05月27日
20050526231426s.jpg昨日は朝から晴れ!
・・・っていうか、もう真夏の気候でした。
最高気温は27度!! 夏日です。汗もかなり出ました。

午後から二丈町へ。福岡県と佐賀県の県境にある町です。
国道202号線を唐津方面に向かい、佐賀に突入するちょっと手前に見えてくるのが「姉子の浜」


「二丈パーキング・エリア」に隣接していて、連日大勢の観光客が訪れます。
長さ1.1キロの砂浜で、夕日の美しい場所として、また冬場はサーフ・スポットとしても知られています。
20050526231444s.jpg
その砂の綺麗さに思わず裸足で歩きたくなりますが、砂浜を歩くと「キュッ!キュッ!」と不思議な音がする「鳴き砂」なんです。
鳴き砂というのは、砂に含まれる石英の粒がこすれあって、微妙なガラス質の音を奏でるもの。
別名“ミュージカル・サンド”とも呼ばれます。
特にここ「姉子の浜」の鳴き砂は、
石英の粒子が大きく、しかも84%も石英が含まれていて、音が鮮明。
「姉子の浜」の鳴き砂は、過去に環境の変化(汚染)によって鳴かなくなったんですが、地元住民の方々の努力によって、再び鳴き始めたそう。これは全国にも例がないそうです。

美しい自然は永遠に守っていきたいものですね!
20050526231500s.jpg


ビーチにはこんな花も咲いていましたよ!



「姉子の浜」を後にした私は、お昼ご飯を食べていない事に気付き、目指すは二見ヶ浦へ。
到着したのは『ビーチ・カフェ・サンセット』
福岡でも老舗の夕陽が見えるカフェで、以前“母の日”に行った時の記事に書いた「アンティカ・マリーナ」は、ここの姉妹店です。

時刻は4時前。少しだけ食べたかった私が注文したのは、
ピリ辛チキンを挟んで食べる「トルティーヤ」と、ノン・アルコール・ビール「バクラー」。
(やっぱビールが欲しくなります!)
20050526231531s.jpg


スウィート・チリ・ソースのピリ辛さが食欲をそそります。


ここ「サンセット」というお店は、毎年夏に『サンセット・ライブ』というビーチ・ライブを93年から行っていて、今年は9月2日(金)3日(土)4日(日)の3日間!!
過去には「ムーミン」「レヨナ」「スカパラ」「リトル・テンポ」「デタミネーションズ」「川上つよしと彼のムードメーカーズ」「プシン」・・・と、そうそうたるアーティストが出演しています。
遠く東京からも足を運んでくる人も多いとか。今年の夏も盛り上がりましょうね!

そして気が付くと、目の前の風景には沈む夕陽が・・・。
20050526231557s.jpg20050526231608s.jpg
時おり吹く心地良いそよ風が潮の匂いを運んできて、その風はウィンド・チャイムを奏でる・・・。
店内は「ジャック・ジョンソン」や「ドノヴァン・フランケンレイター」なんかが流れていました。

沈む夕陽を見つめていると、時間がゆっくり過ぎていく様に思えました。

さて、そんなサンセット・ドライブのお供に連れて行ったアルバムが・・・コレ!
20050527114445.jpg
『A Love Affair~The Music of Ivan Lins 』
01.She Walks This Earth (Soberana Rosa)
02.Love Dance
03.Camaleao
04.Answered Prayers (E de Deus)
05.So Crazy for This Love (Crue-Cre Corroro)
06.You Moved Me to This
07.Nocturne (Nocturna)
08.Elis (Leva E Traz)
09.I'm Not Alone (Anjo de Mim)
10.Sweet Presence (Doce Precensa)
11.Somos Todos Iquais Nesta Noite


ブラジルのシンガー・ソングライター「イヴァン・リンス」のトリビュート・アルバム。
名プロデューサー「ジェイソン・マイルス」の人脈で集まった様々なアーティストが「イヴァン」の曲をカバーしたコンピレーション・アルバムなんですが、その参加アーティストがこれまたスゴイ!!

オープニングを飾るから「スティング」が登場!このアルバムの為に「イヴァン」が書き下ろした新曲です。
後に「イヴァン」自身もアルバム『ジョビニアンド(2002)』でセルフ・カバーしました。

は「G・ベンソン」がアルバム『Give Me The Night』でも取り上げた曲。
ここでは「ヴァネッサ・ウィリアムス」がシットリと歌い上げています。

アルバムのハイライトとも言えるは「イヴァン」がブラジルのグループ「BATACOTO」に贈ったナンバーのインスト・ヴァージョン。
ここでSAXを吹いているのは今は亡き「グローヴァー・ワシントンJr.」です。
彼が亡くなる数週間前にレコーディングしたもので、事実上これが彼の最後の演奏となりました。

「ニューヨーク・ヴォイセズ」のハーモニーが美しいに続いては、「ルーファス」時代を髣髴とさせる「チャカ・カーン」が歌う。「ウィル・リー」のファンキーなベースも心地良いナンバーです。

「イヴァン」の86年のアルバム『Love Dance』の中で「ブレンダ・ラッセル」とデュエットしていたを歌うのは「リサ・フィッシャー」と「ジェームス“Dトレイン”ウィリアムス」。
オリジナルよりもスロー・テンポですが、よりソウルフルに仕上がっています。

では、その「ブレンダ・ラッセル」が登場。「テレンス・ブランチャード」もカバーしたナンバーですが、まるで「ブレンダ」の曲のように思えてきます。

は何とスムース・ジャズ界でも人気の高いギタリスト「ピーター・ホワイト」が「エリス・レジーナ」に捧げたナンバーをインストでカバー。この季節に相応しいスムース・ジャズ・チューンです。

「ナット・キング・コール」の実弟「フレディ・コール」のは、「イヴァン」の曲の中でも最も多くカバーされているナンバーをロマンティックに歌い上げます。
夏の夜にもピッタリじゃないでしょうか?

続くもしっとり系のバラード。「ダイアン・リーヴス」が妖艶に歌い上げていますが、「ジョー・サンプル」のウェットなピアノも聴き所ですよ!

そしてアルバムのラストを飾るのは、このアルバムの主役でもある「イヴァン・リンス」本人の登場です。77年のアルバム・タイトル曲で、ブラジル国民の自由と平等を訴えかけたナンバー。
今でもライブで歌っているそうです。

・・・と、全曲紹介してきましたが、そうそうたるメンバーですよねー。
アルバムには他にも「マーカス・ミラー」「マイケル・ブレッカー」「ヴィニー・カリウタ」「デイヴ・コズ」「ディーン・ブラウン」「マーク・イーガン」「ジェイ・ベッケンスタイン」「ボブ・バーグ」「チャック・ローブ」「ホメロ・ルバンボ」・・・という強力メンバーがバックを固めています。

「イヴァン・リンス」を聴いたことが無い方も、またスムース・ジャズやAORが好きな方にもオススメの1枚です。

※今年、東京ビッグサイトで開催される『東京JAZZ 2005』
「イヴァン・リンス」が出演するそうです!

最近50位あたりをウロウロと徘徊中(泣)!
    ↓

人気ブログランキング
MPB | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
サンセットドライブ、いいなあ。
こんばんみー♪イバンリンスさんは名前だけ知っています(苦笑)でもこのトリビュートアルバムはかなり興味があります。参加アーティストもいいじゃあーりませんか!私の好きな人ばかり!サンセットを見ながらこの音楽。素敵過ぎ!!
東京JAZZ2005も行ってみたいなり。
素敵ですね。
今日はホントに暑かったですね。

さて素敵なお写真ですね~
風景って見ているだけでホント癒されます。

海...とてもキレイです。砂浜の写真。ナイス!です。少し軽快な気持ち良い曲を聴きながら散歩したいですね。

夕陽は、ロマンティックなナンバーを流しながら、ゆっくりと海沿いを車で走りたいですね。

選曲も良い感じです。私もこのトリビュートは気になります。しかし参加されてる方々は豪華ですね。

涙が・・・
こんばんゆー♪すみません、ミーナさんのをパクりました。(笑)

そちらはもう完全な夏なのですね。札幌は肌寒かったです・・

今日は優しいお言葉をありがとうございました。思わず、ウルウルしてしまいました。
その後で、こちらの夕陽を見たから、もうたまりません。洪水状態。(笑)

これからも、末永ーーーーーーいおつき合いを、どうぞ宜しくお願いいたします。
そうそう九州地方は、もう梅雨に入ったんですね~。
本州も近いかな...憂鬱。
イヴァン・リンスはクインシー・ジョーンズ経由で知って以来、大好きです。
このアルバム、元々マイルス・デイビスが亡くなる直前、イヴァンの曲だけでアルバム作る予定だったんですよね。(泣)
♪ミーナさん。
暮れ行く夕陽を眺めながらこのアルバムを聴くと・・・かなりハマりますよー!
トリビュート・アルアルバムってコンピレーション・アルバムみたいな楽しみ方が出来るので好きです。
「東京JAZZ 2005」には「H・ハンコック」も出演するそうですね!行ってみたいよ~☆

♪berryさん。
昨日と今日はホントに暑かった!!
ビーチと夕陽の写真、なかなかイイカンジに撮れてるでしょ!写真褒められると嬉しいです(笑)。
このアルバムは昼も夜もピッタリな曲ばかり。海辺のドライブにピッタリな1枚です。
そうそう、九州の梅雨入りは来週からだそすです・・・ジメジメはイヤだな・・・。

♪Mamiさん。
こんばんむ~(笑)。
泣かせるつもりじゃなかったんですけど・・・罪深い男ですね・・・な~んて(笑)!!
札幌は寒かったんですか!?
同じ日本でも全然違うんですねぇ福岡は真夏みたいでした(汗)。
泣きたいときは思いっきり泣けばいいんです。
そうして・・・HAPPYになりましょ!!

♪uchainさん。
私も「イヴァン」を知ったのは「Q・ジョーンズ」で聴いてから。その後「リトナー&グルーシン/ハーレクイン」でハマりました!!
そうそう「マイルス」が「イヴァン」の曲だけでアルバムを作る予定だったんですよね。聴いてみたかったなぁ・・・。
「マイルス」には特別な思い入れがあるので・・・それはまたいつかブログで紹介しますね!
はっ!またこんな素敵な写真で誘惑ですか…ホント、罪な男ですよ(笑)。
いいですね~、九州は。同じ日本って気がしません。
そんな素敵な風景や空気に触れているからこそ素敵な
音楽に敏感なのでしょうね…。
またまたよさげなイヴァンのトリビュートを聴きながら
夕日に向かって海岸ドライブ…たまらないでしょうね。
♪祥さん。
そんな・・・誘惑しても落ちないくせに(笑)!
でもいつもこんな景色のいいとこばっかし行ってる訳じゃないですよ!
たまにです、たまに・・・。
この202号線は、本当にオススメのドライブ・ルートです。是非一度遊びに来てください☆
「オリラブ」もバッチシはまります!!
気持ちいいですね~♪
リゾートな1日が伝わってきます。
海も、夕日も、トルティーヤも!
大きくしてしばらく写真眺めていました~。
ほんと、綺麗な砂。
鳴き砂、経験してみたいです。
♪Ariaさん。
コメントどうもです。Ariaさんから写真褒められるのが一番嬉しいっす!!
鳴き砂は、私も始めて行ったのですが、本当に「キュッキュッ!」と鳴きました!
不純物が少なければ少ないほど鳴くそうですから、自然を守っていかなければなりませんね!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。